読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちの道

あなたの今日がちょっぴり幸せになるように

スポンサーリンク

花粉症の時期って春だけじゃないの?頭痛などの症状と風邪との見分け方

ダイエット・ヘルスケア

花粉症は春だけの症状だと思っていませんか?

ワタシは寒い冬の時期なのに、花粉症に悩まされています。

この時期は特に、風邪なのか花粉症なのか判断がむずかしいです。

 

また鼻水だけじゃない花粉症の症状も見ていきましょう。

日常生活にも支障をきたす、花粉症の猛威をご紹介します。

 

そもそも花粉症って何?

花粉症に悩まされている人は多いですが、花粉症ってそもそも何で起きるの?

と思っている人もいるかもしれません。

花粉症とは何か、ご紹介していきます。

別名「季節性アレルギー性鼻炎」

f:id:m-danjyo:20170119105344j:plain

花粉症とは、アレルギー性鼻炎の一種です。

その中でも季節性アレルギー性鼻炎と呼ばれています。

 

日本人の4人に1人が、花粉症に悩まされているという報告があるようです。

とくに春になると蔓延するスギ花粉症が、花粉症患者の中でも一番多いと言われています。

 

体が花粉に対抗しようとする症状

花粉症とは、体内に入ってきた花粉に体が対抗しようとして起こる症状です。

体内に入った花粉は異物と判断され、人間の免疫力によって花粉に対抗しようとするのです。

 

花粉に対する抗体は徐々に増えていきますので、昔は花粉症ではなかった人がある年から突然花粉症になったりするのです。

それが鼻水や鼻づまりなどです。

 

花粉症の人を悩ませる「4大花粉」とは?

花粉症を引き起こす「4大花粉」とは、スギ、ブタクサ、春のヒノキ、初夏のヒノキです。

花粉症の原因となる植物は、現在なんと60種類以上もあると言われています。

 

そんなにあるのなら、一年中花粉症に悩まされてもおかしくありませんよね。

 

 

なぜ日本にはスギ花粉が多いのか?

花粉症の時期が来るとテレビで良く見るのが、スギから飛散される黄色い(白っぽい)花粉です。

あの映像を見るだけで、鼻がムズムズしてくる人もいるのではないでしょうか。

 

日本にスギ花粉が多い理由は、戦後建築用の木材としてスギが多く使われるようになり、スギを植樹することを推奨していました。

スギは成長が早いことや育てやすさから、どんどん増えていったと言われています。

 

その代償が、こんなにツライ花粉症だと当時の人たちは知らなかったことでしょう。

この先も花粉症患者は増え続け、数十年後には今よりも倍近くに増えると予想されます。

 

花粉症の症状は?

こんなに私たちを悩ませる花粉症は、どのような症状があるのでしょうか。

鼻炎というくらいですから鼻の症状がメインですが、他にさまざまな症状が考えられます。

こちらの記事も参考になるかもしれません。

www.ajha.or.jp

 

鼻水・鼻づまりは基本の症状

花粉症患者のほとんどは、鼻水・鼻づまりの症状を抱えています。

花粉が鼻の粘膜に触れることで、炎症を起こして腫れあがります。

 

その腫れあがりのせいで、鼻づまりを引き起こすと考えられているのです。

鼻で息ができなくなると、必然的に口呼吸をするようになります。

 

すると今度は喉が炎症を起こして、痛くなるのです。

ですから花粉症になったときは、耳鼻科よりも耳鼻咽喉科を受診することをおすすめします。

 

意外に多い頭痛

花粉症の症状として考えられるのが、意外に多い頭痛です。

突然頭痛に襲われるのですが、何が原因かわからずに困惑する人もいるはずです。

 

そしてよくよく考えてみると、鼻水が止まらないので「あっ、花粉症だ」と気づくのです。

車のフロンガラスも花粉で覆われているので、そこで気づく人もいるかもしれませんね。

 

目のかゆみ・涙で目を開けられない人も

花粉症の症状として2番目にメジャーなのが、目のかゆみや涙です。

かゆくて痛くて、まぶたが腫れあがってしまう人もいるかもしれません。

 

目に花粉症の症状があらわれる人は、目を開けられなくなると聞いたことがあります。

幸いワタシはあまり目には症状があらわれないのですが、ドロっとした涙が少量出ることがあります。

でも眼科で目薬をもらうと、あっという間に治ってしまいます。

 

集中力の低下とイライラ

花粉症の症状に、集中力の低下やイライラがあるというのは初耳でした。

確かに花粉症に悩まされる時期は、鼻づまりなどによって仕事に集中できないことは多いです。

 

でも直接的な症状として挙げられるとは思ってもみませんでした。

花粉症は鼻や目、喉の症状だけでなく、全身症状を伴うこともあるということですね。

 

花粉症と風邪の見分け方

花粉症の時期になると、風邪なのか花粉症なのかわからないことも多いですよね。

花粉症に対抗するために免疫力を使うので、風邪をひきやすい状態になっているのも確かです。

併発しやすい風邪と花粉症ですが、見分け方をご紹介します。

花粉症の鼻水はサラサラして水っぽい

花粉症の鼻水は、白くサラサラとして水っぽいのが特徴です。

風邪の場合の鼻水は、黄色っぽくドロっとしていることが多いです。

 

花粉症の喉の痛みはかゆい感じがある

花粉症の喉の痛みは、痛いというよりもかゆみを感じることが多いです。

風邪の場合の喉の痛みは、唾をのみ込んだ時に痛いと感じることが多いです。

 

花粉症で熱が出る時は微熱止まり

花粉症で熱が出る場合は、微熱でおさまることが多いです。

風邪の場合には初めは微熱でも、次第に高熱になることも多いです。

 

花粉症の咳は痰がからまない

花粉症でも稀に咳が出ることがあり、乾いた咳であることが多いです。

風邪の場合の咳は、痰がからむことが多いです。

 

悪寒や嘔吐があれば風邪の可能性大

花粉症の場合には、悪寒や嘔吐などの症状はほとんどありません。(稀にある)

悪寒や嘔吐の症状がある場合には、風邪の可能性が高いでしょう。

 

花粉症の症状は花粉が飛散している時期の間中ずっとある

花粉症についてご紹介しました。

そもそも花粉症は、花粉と排気ガスなどが混ざりあって化学反応を起こすと言われています。

つまり山よりも車の多い都会で起こりやすいということです。

 

どうせ逃れられないのなら、何とか治したいと感じることでしょう。

でも治療したとしても、完治するまでには3年くらいかかると言われています。

 

一時的に症状を緩和することもできますが、鼻水を止めてしまうと花粉が体内にどんどん入り込んでしまうことになります。

 

何とか免疫力を高めて、花粉症に対抗できる体にしたいですね。