みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

本当に豆乳は薄毛に効くのか?イソフラボンの効果とは?

f:id:m-danjyo:20170717114130j:plain

薄毛の悩みをかかえて、藁(わら)にもすがる思いでここまでたどり着いたあなたへ。

 

  • 薄毛の家系だから、自分も絶対にハゲるはず。
  • さいきん抜け毛が増えた気がする。
  • 育毛剤は高くて、手が出せない。

 

そんなあなたに残された道は、もう豆乳を飲む方法しかありません。

といっても、飲むだけだから超カンタン!

 

豆乳がキライな人は多いですが、薄毛になるのとマズイ豆乳飲むのと、どっちがマシか考えてみてください。はい、豆乳を飲む決心はつきましたか?

 

決心がついたあなたへ、豆乳の育毛効果についてご紹介していきますね。

 

どうして豆乳が薄毛に効くの? 本当に効くの?

 

「そもそも、豆乳で本当に薄毛対策ができるの?」

 

という疑問があるはずです。そうですね、そこをスルーしてはいけませんでした。

豆乳に含まれている栄養といえば、「大豆イソフラボン」

 

この大豆イソフラボンが薄毛に効くと言われているのです。

大豆イソフラボンって、ダイエットに良いとか、女性に良いとか聞いたことがあるでしょう。とくにダイエットをする必要もなく、自分は男だから関係ないと思っていた人は、あまり大豆イソフラボンには注目していなかったはずです。

 

でも薄毛についても色々と研究が進んでいて、大豆イソフラボンで育毛効果が期待できると言われるようになりました。

では具体的に、どんな育毛効果が期待できるのでしょうか。

 

豆乳(イソフラボン)の育毛効果

豆乳には、大豆イソフラボンという成分が含まれています。このイソフラボンに、育毛効果があると言われているのです。

 

女性ホルモンの作用が活発になり髪が育つ

豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た作用があると言われています。そのため女性ホルモンの影響を受けやすい髪がキレイになると言われているんです。

実際に豆乳を飲み続けるようになって、髪がサラツヤになったという人もいるようですよ。また皮脂の分泌をおさえる作用もあるので、頭皮のベタつきも改善されるはずです。

 

薄毛の原因である男性ホルモンを抑制

そもそも薄毛になる原因は何でしょうか。それは男性ホルモンですよね。豆乳を飲むことで女性ホルモンと似た作用が期待できるわけですから、それと反比例して、男性ホルモンの活動を抑制してくれると考えられます。

 

男性ホルモン「テストステロン」が5αリダクターゼと結びつき、「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンが完成してしまいます。この男性ホルモンをつくらせないために、豆乳が女性ホルモンを活性化させてくれるんです。

 

頭皮環境が良くなり、栄養を届けやすくする

豆乳を飲んで髪がキレイになった人がいるとお伝えしましたよね。髪がキレイになるということは、頭皮もキレイになっている証拠です。そもそも頭皮環境の悪化が原因で、抜け毛が増えてしまうのですから。

 

また豆乳を飲んで女性ホルモンが活発になると、美肌効果も期待できます。美肌になるということは、頭皮もキレイになることが予想されます。豆乳には、血行を良くするはたらきもあります。そのため毛根に栄養を届けやすくなるということなんです。

 

進行したAGAには効果がないかも

豆乳の育毛効果についてご紹介しましたが、じつは残念なことに、AGAがすでに進行している人には、あまり効果が期待できないと考えられます。豆乳が薄毛に効くというのは、おもに予防が目的となります。または、初期の薄毛の人に改善の効果が期待できるというもの。

 

もし何年も前から薄毛に悩んでいて、すでに髪の毛がかなり減ってしまった人には、豆乳の効果は期待できません。ゼロとは言い切れませんけどね。ただ、毛穴がすでに消滅してしまっている場合、いくら頭皮がキレイになっても、毛穴はよみがえってはくれないんです。

 

どれくらい豆乳を飲めばいいの?

では薄毛予防を目的に豆乳を飲むなら、どれくらい飲めば良いのでしょうか。

 

大豆イソフラボンは1日30mgが目安

大豆イソフラボンの1日あたりの摂取量目安は、だいたい30mgと言われています。しかし実際には50mgくらい摂っても問題はありません。ただし摂りすぎには注意が必要です。

 

無調整豆乳200mlを夜に飲む

紙パックの豆乳は、コンビニやスーパーで売っています。だいたい200mlの物が多いと思います。1日に1パック飲めばOKです。それならキライでも、何とか飲めそうですよね。

 

また豆乳には種類がありますが、無調整豆乳を選びましょう。調整豆乳や豆乳モドキでは、充分な大豆イソフラボンが摂取できません。そして豆乳を飲むタイミングは、夜がベストです。眠っている間に成長ホルモンが分泌されるので、その作用を活発にすることが期待できます。

 

サプリも摂るなら上限に注意

もし育毛効果を期待してサプリを飲んでいるなら、過剰摂取にならないように注意してください。大豆イソフラボンのサプリなら、おそらく1日あたり30mgの大豆イソフラボンが摂取できるように設定されているはずです。

 

また大豆イソフラボンのサプリならわかりやすいですが、他のサプリにも大豆イソフラボンが含まれているかもしれません。たとえば育毛サプリ、女性用サプリなどには、大豆イソフラボンが含まれている可能性が高いです。またダイエット目的で飲んでいる、ソイプロテインもそうですね。

 

食品で納豆や豆腐を食べて、さらに豆乳も飲むというくらいなら、普通は問題ありません。サプリを取り入れる場合のみ、ご注意くださいね。

 

即効性がないので長期的に飲み続ける

豆乳の育毛効果は、残念ながら即効性は期待できません。「1ヶ月後に髪の毛が生えてきた」という効果はないと思ったほうが良いでしょう。豆乳による育毛効果は、発毛効果ではありません。

 

一番の目的は、抜け毛を減らすこと。そして、これから薄毛になるかもしれない、または薄毛になりはじめた人に効果が期待できます。しかも短期的ではなく、最低でも3~6ヶ月以上かけて改善していくことが必要です。それでも短いくらいです。

 

もしかしたら実感できないかもしれませんが、6ヶ月経っても現状と変わらないのであれば、むしろ効果は絶大なのかもしれませんよ。

 

ほかの大豆食品じゃダメなの?

大豆イソフラボンが薄毛に効くなら、豆乳以外の大豆食品でも良さそうですよね。豆乳は独特の味で、苦手な人も多いはずですから。

 

大豆食品は腹持ちがいい

豆乳はキライだけど、納豆は好きという人もいるかもしれませんね。結論から先に言うと、豆乳のほうが良いです。その理由を順番に説明していきますね。

 

大豆食品はダイエットでも利用されることが多いです。なぜなら腹持ちが良いからです。つまり満腹感があり、その満腹感がしばらく持続するということ。これはダイエットで最高のメリットですよね。

 

消化が悪く、体に吸収されにくい

大豆食品は腹持ちがいい。それは健康面から見ても、素晴らしいメリットです。しかし腹持ちがいいということは、消化が悪いということなんです。消化が悪いということは、体に栄養が吸収されにくいということ。

 

体に吸収されなければ、どんなに栄養がある食べ物でも効果はないんです。

もちろん納豆や豆腐にも栄養があり、食べれば体に良いですよ。でも豆乳を飲むのがベストというだけの話です。

 

豆乳がベストな大豆食品

大豆食品の中でも、納豆は消化が悪いです。納豆よりは豆腐のほうが消化が良く、体に吸収されやすいでしょう。しかし豆腐よりも納豆のほうが、大豆イソフラボンの含有量は多いです。

 

大豆イソフラボンの含有量も多く、体に吸収されやすいのは豆乳です。つまり豆乳がベストな大豆食品ということになりますね。

 

豆乳で薄毛対策すると嬉しい効果がたくさんある

f:id:m-danjyo:20170717114610j:plain

豆乳の育毛効果についてご紹介しました。

豆乳は長期的に飲むのが良いとわかりましたね。気長に豆乳生活を続けてみましょう。

 

豆乳を飲むと薄毛に効くだけではなく、もっと様々な健康効果が期待できるんです。

 

ダイエット効果

美肌効果

血行促進

便秘解消

コレステロールを下げる

高血圧を改善する……

 

挙げればキリがないほど、たくさんあります。そんなにメリットがたくさんあるのなら、とりあえず豆乳を飲んでみようかなと思いますよね。

ふつうの牛乳よりも高いですが、1日1パックなら何とかなるでしょう。さぁ、あなたも豆乳生活をはじめてみませんか?