みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

豆乳のバストアップ効果|胸を大きくする飲み方や時間帯とは?

f:id:m-danjyo:20180113113125j:plain

バストアップに効果的な豆乳の飲み方とは?

豆乳は栄養価が高く、健康に良いと言われていますよね。とくに女性にはうれしい効果がたくさんあり、その中でも気になるのが「バストアップ効果」です。

 

豆乳でバストアップできるなら、毎日の生活に取り入れやすいですよね。では、どのような飲み方をすれば効果的なのでしょうか?

 

豆乳の栄養とバストアップ効果の関係」を踏まえながら、最適な「飲む時間」や「飲む量」などを見ていきましょう。

 

豆乳の栄養素とバストアップの関係

豆乳に栄養があるのはご存知だと思いますが、どの成分が、バストアップ効果をもたらしてくれるのでしょうか? 大豆の栄養素には、以下のような成分があります。

 

  • 大豆イソフラボン……ポリフェノールの一種で女性らしい体を作る作用がある
  • 大豆サポニン……肥満予防・老化防止・免疫力アップの効果がある
  • レシチン……良質な脂質で、新しい細胞を生み出すサポートをする
  • オリゴ糖……乳酸菌の栄養になり、腸内環境を整える

 

豆乳は良質なタンパク質を含んでいて、栄養価が高く、バストアップの他にも、女性にうれしい効果をもたらしてくれます。とくに豆乳の原料である「大豆」には、「イソフラボン」という栄養成分が豊富に含まれています。

イソフラボンには、女性ホルモンである「エストロゲン」と似たような働きをする作用があります。そのため、バストアップ効果が期待できるというわけです。

 

豆乳のバストアップ効果とは?

では具体的に、豆乳のバストアップ効果を見ていきましょう。

 

イソフラボンが女性ホルモンと似た働きをする

豆乳に含まれるイソフラボンが、女性ホルモンと似た働きをするのはご説明しましたが、豆乳を飲むだけで女性ホルモンを増やすことができるのは、大きなメリットですよね。

バストアップには女性ホルモンのバランスが大事ですが、ホルモンバランスを整えるには、様々なことに気をつけなければいけません。でも豆乳なら、飲むだけでホルモンバランスを整えられるので、手軽にバストアップ効果が得られます。

 

乳腺を発達させる効果がある

豆乳で女性ホルモンが活性化すると、乳腺を発達させ、バストアップ効果が期待できます。胸は「脂肪」と「乳腺」でできていて、乳腺を発達させることで、その周りに脂肪がつきやすくなります。

つまり、乳腺が増えると脂肪も増えるため、結果的に胸が大きくなるというわけです。

 

女性らしい体をつくる

女性らしい体とは、柔らかくて丸みを帯びた、曲線が美しいスタイルのことです。曲線をつくるのは、胸のふくらみだったり、ウエストのくびれだったり、上向きのお尻だったりします。

豆乳に含まれるイソフラボンによって、このような女性らしい体をつくる効果が期待できます。

 

ホルモンバランスを整える

豆乳に含まれる「イソフラボン」は、女性ホルモンの「エストロゲン」と似たような働きをするため、ホルモンバランスを整えてくれます。エストロゲンは胸を大きくしたり、女性らしい体をつくる作用があり、バストアップ効果が期待できます。

 

またホルモンバランスが整うと、ストレスが軽減されたり、無駄に太ることがなくなります。そのため豆乳は、健康や美容への効果も高いことがわかりますね。

 

胸を大きくする豆乳の飲み方【時間・摂取量】

豆乳で胸を大きくするなら、効果的な時間や摂取量が知りたいですよね。基本的には時間帯にこだわる必要はありません。ただ豆乳には、高い美容・健康効果があり、それらの効果をアップしてくれる時間帯がいくつかあるのでご紹介します。

 

朝食前・就寝前が効果的

豆乳を飲む最適な時間帯は、「朝食前」です。朝起きた時は栄養を吸収しやすい状態のため、豆乳の効果を存分に取り入れることができます。また食前に豆乳を飲むことで、満腹感が得られ、食べ過ぎを防ぐ効果も期待できます。

 

さらに就寝前に飲むのも効果的で、寝ている間に、女性ホルモンの分泌をうながす作用があります。女性ホルモンは、良質な睡眠を取ることで分泌がうながされますが、豆乳には安眠効果も期待できます。そのため、就寝前に豆乳を飲むのもオススメです。

 

大豆イソフラボンの摂取量に注意

大豆イソフラボンの1日あたりの摂取量目安は、70~75ml程度だと言われています。豆乳の種類によってもイソフラボンの含有量が違いますが、豆乳と水だけで作られた「無調整豆乳1パック」には、68mg程度のイソフラボンが含まれています。

豆乳の他にも、納豆や味噌などの大豆製品でイソフラボンを摂取することを考えると、1日あたり1パック(200ml)にすることをおすすめします。

 

◆飲み過ぎは女性ホルモンのバランスを崩す恐れあり

豆乳に含まれるイソフラボンを過剰摂取すると、逆に女性ホルモンのバランスが崩れる恐れがあります。女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」があり、生理周期とともに分泌量が変化していきます。

 

そこでエストロゲンと似た作用のあるイソフラボンを過剰摂取すると、逆にホルモンバランスを崩す恐れがあるのです。適量なら問題はありませんが、毎日飲むと稀に生理サイクルが不安定になることがあるようです。適量を守るようにしましょう。

 

バストアップに効果的な豆乳の種類

豆乳には3つの種類があり、加工の方法やイソフラボンの含有量が異なります。それぞれ見ていきましょう。

 

無調整豆乳

大豆と水のみで、何も味付けがされていない豆乳のことを「無調整豆乳」と言います。イソフラボンの含有量は68mg程度と最も多いため、豆乳の中では高いバストアップ効果が期待できます。

でも、豆乳の独特な風味が苦手な人は、ちょっと飲みにくいかもしれません。一般的には料理に使われることが多く、にがりを加えると、豆腐が作れます。

 

調製豆乳

無調整豆乳に、塩・砂糖・添加物などを加えた豆乳のことを「調製豆乳」と言います。飲みやすく味付けされているため、無調整豆乳が苦手な人でも、飲めるかもしれません。イソフラボンの含有量は、50mg程度です。

ちなみに「調整」とは整えることで、「調製」とは作ることを意味します。

 

豆乳飲料

調製豆乳に何らかの味を加えた豆乳のことを「豆乳飲料」と言います。たとえばコーヒーや紅茶、果汁など、別の物を加えてさらに飲みやすくしています。もはや豆乳独特の風味はほとんどないため、豆乳が苦手な人でもバストアップに活用できるでしょう。イソフラボンの含有量は、30mg程度です。

 

豆乳でバストアップした人・しない人の違いとは?

豆乳でバストアップした人もいれば、しない人もいます。豆乳のバストアップ効果には、個人差があるのです。では、どのようなことに気をつければ、バストアップ効果を得られるのでしょうか?

 

豆乳だけ飲んでもバストアップしない

豆乳にバストアップ効果がある理由は、女性ホルモンのバランスを整える効果があるからです。女性ホルモンのバランスが崩れている人や、生活習慣が乱れている人は、豆乳を飲むことでバストアップ効果や女性にうれしい様々な効果を得られます。

ただし、豆乳だけ飲めば、バストアップできるというわけではないのです。基本は生活習慣などが重要で、それを豆乳がサポートしてくれるというイメージです。

 

マッサージやサプリなどを併用すると良い

バストアップのために豆乳を飲むのは効果的ですが、それだけで胸が大きくなるとは言い切れません。「バストアップマッサージ」や「バストアップサプリ」と併用することで、相乗効果が期待できます。

 

ただし、大豆イソフラボンが含まれるサプリには注意が必要です。豆乳には大豆イソフラボンが含まれていて、1日の摂取量には注意が必要です。また豆乳以外にも、日本食には大豆製品がたくさんあります。それらにも大豆イソフラボンが含まれているため、サプリを併用する場合には、サプリの成分に注意しましょう。

 

胸を大きくする生活習慣を心がける

豆乳でバストアップした人は、日頃から胸を大きくする生活習慣を心がけている場合が多いです。

 

  • 良質な睡眠で女性ホルモンの分泌アップ
  • 栄養バランスの良い食生活で健康維持
  • イライラを解消し、精神安定

 

このような基本的な生活習慣を整えることで、バストアップ効果は高まります。豆乳には、バストアップ以外にも女性にうれしい効果がありますので、ぜひ毎日の生活に取り入れてほしいと思います。

 

豆乳はバストアップの最強サポート役

豆乳のバストアップ効果や、胸を大きくする飲み方をご紹介しました。

他のバストアップ方法や、胸を大きくする生活習慣とコラボすることで、最強のサポート役になってくれます。

上手に豆乳を取り入れて、あなたのバストアップにお役立てくださいね。