みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

『小説』 無題 2

結子が目を覚ましたのは、正午をとっくに回った頃だった。

 

もちろん今日も、頭が割れるように痛い。

 

いつもと同じ朝だ。いや昼だ。

 

部屋の中まで照りつける日差しが、結子の体から水分を奪っていく。

 

乾き果てた体を潤すため、台所に向かった。

 

蛇口に口を近づけて、そのまま水を注ぎ込む。

 

のどを通り、水が体の中を巡っていくのがわかる。

 

水分が満たされた後で、ふと結子は思った。

 

「このまま、脱水症状で死んでも良かったかも」

 

別に自殺願望があるわけではないが、こんな自堕落な生活から抜け出したかった。

 

この生活から抜け出せるのなら、死ぬのも悪くないかもしれない。

 

結子はそう考えていた。

 

キャバクラで働いているといっても、指名なんてほとんど入らない。

 

ただ、自給をもらいに行っている様なものだ。

 

こんな給料なら、昼間はたらいた方がマシだとも思うが、結子は、お酒がなくては生きて行けない。

 

ただでお酒を飲むために働いているようなものだった。

 

昔は町のスナックで働いていた。

 

スナックは良かった。

 

お客はいくらでも飲ませてくれるし、結子を目当てに来るお客も多かった。

 

カラオケもできるし、適当に席を離れることもできる。

 

ある程度は、好きなお客の所に行けるし、好きな時に息抜きができた。

 

でもキャバクラは、そうはいかない。

 

呼ばれるまで席を離れることはできないし、好きな子にしかお酒をくれない。

 

大勢で盛り上がるのではなく、二人っきりで、疑似恋愛体験を求めてくる。

 

そもそも結子は、キャバクラに来るような男が嫌いだ。

 

女たちは、常に競争心を心に秘めていて、男たちには、下心しかない。

 

じゃあなぜ、働いているのかと言えば、お酒のためとお金のため。

 

スナックで働くよりも、自給が良いからだ。

 

でも逆にストレスがたまり、仕事終わりには、必ずこのオカマバーに来ては酔いつぶれる。

 

結子にとってここは、オアシスだった。

 

誰にも気兼ねなく、素の自分をさらけ出せる場所。

 

女同士の争いもなく、男たちの下心もない。

 

唯一のやすらぎの場所なのだ。