みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

「イライラ脳」を「しあわせ脳」に変換する方法【夢を叶える脳】

夢を叶えるためには、イライラしていてはダメですよね。イライラしながら何かに取り組んでも、まったく頭に入ってきません。だから夢を叶えるためには、平常心で取り組まなければいけません。では、「イライラ脳」を「しあわせ脳」に変換するためには、どうしたら良いのでしょうか。

 

http://www.flickr.com/photos/87442943@N07/8006853151

photo by Shawn Arron

 

もくじ

 

 

なぜイライラしてしまうのか?

 

イライラしてしまう原因としてまず考えられるのが、時間的な余裕がないことです。忙しくて、やるべきことを時間内に終わらせることができなかったり、やるべきことが多すぎるなど、焦っているときはイライラしやすいですね。

 

また、思いどおりに物事が進まないときや、人が思いどおりに動いてくれないときなども、イライラしやすい状況です。つまり、望んでいることと、実際の結果が合致しないときに、イライラ脳は生まれるのです。

 

そのイライラを人に八つ当たりしてしまったら、あなたの信用を落とすことにつながります。イライラしてしまうのは仕方ないとしても、それを人に当たらないように気をつけましょうね。あなたと同じように、相手にも何らかの事情があるのかもしれませんし、それを口に出さない人もいますから。

 

3ステップで「イライラ脳」を「しあわせ脳」に変換する方法

 

では、「イライラ脳」を「しあわせ脳」に変換するにはどうしたら良いのでしょうか。誰だって焦ってイライラするよりも、ゆったりと穏やかな気分で過ごしたいと思っていることでしょう。

 

でもそれは、意外と簡単に実現できるかもしれません。次からご紹介する3ステップを実践すれば、イライラ脳がたちまち「しあわせ脳」に変わることでしょう。

 

ステップ1 吐き出す

 

「イライラ脳」を「しあわせ脳」に変える方法は、溜まっている思いをすべて吐き出すことです。友人に愚痴を聞いてもらうのも良いですが、一人で対処したいと思う人のために「溜まったイライラの吐き出し方」を伝授いたします。

 

それは、① 息を強く吐き出すことと、② 大きく伸びをすることです。②の大きく伸びをするのは、体をひねって柔軟体操をするのでも良いでしょう。そしてできれば、体の中にある溜まった老廃物を絞りだすつもりで、汗をたくさんかくということも合わせて行ってください。

 

①は、深呼吸の要領で大きく息を吸い込んだら、そのままハァ~っと息が続く限り吐き出してください。いちばん最初の吐き出す瞬間がとても大切です。息があまり長く続かなくても良いですから、吐きはじめを強くすることです。体の中に溜まった邪気を吐き出すことができるでしょう。

 

②は、両手を大きく上へあげて、できる限り伸ばします。このときに、あくびが出ると尚良いでしょう。イメージとしては、猫があくびをしながら伸びをしている感じです。猫はあの動作で、ストレスを軽減していると言われています。

 

そして体の中の邪気と一緒に老廃物も絞り出しましょう。体の中の悪いものをすべて出しきる感覚です。サウナで汗をかいても良いですが、できれば湯船に浸かるか、スポーツで汗を流しましょう。

 

お風呂やスポーツは、体温が上昇して免疫力がアップしますし、血行も良くなります。まだ筋力がつくことで、体を動かすことが楽になり、その分ストレスが軽減されます。

 

サウナも血行は良くなるのですが、運動機能と関係のない部分で、過剰に水分を奪われます。それはある意味不自然な現象ですので、なるべくお風呂でじわじわと汗をかくか、運動をして汗を流すと良いでしょう。

 

ステップ2 休息する

 

イライラ脳を「しあわせ脳」に変えるには、休息することも大切です。悪いものをすべて吐き出した後は、ゆっくりと休息しましょう。単純に寝るのでも良いですし、本を読んだり、のんびりと過ごすのでも良いでしょう。

 

自分が一番ここちよいと思える方法で休息してください。ペットを撫でるのでも良いですね。とくに猫を撫でるとストレスが緩和されると言われていますが、大好きな動物なら何でもOKです。

 

ステップ3 充電する

 

イライラ脳を「しあわせ脳」に変えるために、吐き出して休息したら、あとは充電をするだけです。自然の多い場所で、地球上の多くの生命力を肌で感じることでも良いでしょう。たとえば山には、たくさんの命が宿っています。虫や植物などのほかに、動物たちが隠れているかもしれません。

 

生命力に触れるというのは、それらのエネルギーを分けてもらうことなのです。家の中に花や観葉植物を飾ると、近づいたり触れたりすると、元気になったりしませんか?それは植物のエネルギーをもらっているということなのです。

 

さらに、悪い気を吸い取ってくれる力もあります。だからストレスを多く抱えているときは、花が早く枯れてしまったりするはずです。それは、あなたの負のエネルギーを吸い取ってくれているからなのです。

 

イライラしないためにすること

 

「イライラ脳」が「しあわせ脳」に変わったと言っても、また何か嫌なことがあるたびに、簡単にイライラ脳に逆戻りしてしまいます。だから次にすることは、イライラしないためには、どうしたら良いかということです。

 

その方法とは、「期限に追われない」ということです。もしどうしても終わらせなければいけない期限があるなら、確実に早めに終わらせるようにしましょう。イライラしないのなら、別にかまわないのですが、どうしてもイライラしてしまうという人は、必ず余裕を持って終わらせるように精いっぱい努力してみてください。

 

もう1つの方法とは、「人と自分を比べない」ということです。人よりも自分の方が劣っていると感じたとき、ストレスや自己嫌悪などを感じます。それは思いどおりにならない自分自身に対してイライラしているとも言えます。

 

人がいくらできても、あなたには何の関係もありません。あなた自身ができるようになりたいと思うのなら、努力すれば良いだけです。その努力が、他人との戦いではなく、自分との戦いだと思えれば、イライラ脳に逆戻りすることはないでしょう。

 

しあわせ脳を持続させる方法

 

「しあわせ脳」を持続させる方法は、好きなことをすることです。どんなに忙しくても、好きなことをする時間を残しておいてください。テレビを観ることが好きとか、本を読むことが好きなら、寝る前のほんの何分かでも取っておきましょう。

 

また散歩をするのが好きとか、ショッピングが好きというなら、休日に数時間でもできるように予定を調整しましょう。人は好きなことができないとストレスが溜まります。当り前ですよね。忙しさを言い訳にして、好きなことを後回しにするのは、自分の人生を大切にしていないということです。

 

【まとめ】夢を叶える脳をつくる

 

自分の人生を大切にするということは、夢を叶えるということです。夢を叶えるための仕事が忙しくて、好きなことができないと思っている人は、まさかいませんよね?その場合は、テレビを観るよりも、ショッピングを楽しむよりも、仕事をすることが好きなことですよね。そこを間違えないでください。

 

夢を叶える脳をつくるということは、ほとんどのことをあきらめて、たった一つのことに集中するということです。もちろん、たまには息抜きも必要です。でもそのたった一つのことに集中できる脳をつくるということなのです。

 

世の中には誘惑がたくさんありますが、それをすべてあきらめて没頭することで、夢を叶えることができるのです。ある作家の本に書いてありました。作家のパーティーにつき合いで参加しなければいけない時は、みんなその場ではお酒を飲むそうです。付き合いも大切ですからね。

でも、締め切りが近い作家たちは、ホテルに帰ってからお酒をもどしているそうです。それくらいのことは、当り前にできるような脳こそ、夢を叶える脳と言えるでしょう。