みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

「弱いメンタルを3分で錦織選手並に」メンタルを強くする方法

メンタルが弱い人の特徴や考え方をご紹介しますので、自分に当てはまるかチェックしてみましょう。そして、弱いメンタルを強くする方法を伝授しますので、ぜひ実践してみてくださいね。

 

みんなメンタルを鍛えたいと思っているはずです。

だって、強く生きるのって大変ですから。

 

ついくじけそうになってしまったり、弱気になってしまったり、怠け心が顔を出してしまったり……。

 

それでも何とか自分をふるい立たせて、モチベーションを維持して仕事をしなければいけません。強いメンタルが必要なのは、仕事の場面だけではありません。

 

恋愛でもスポーツでも同じです。

 

メンタルが弱い人の特徴と考え方

http://www.flickr.com/photos/67184449@N05/8602004487

photo by Jeff S. PhotoArt at HDCanvas.ca

 

メンタルが弱い人には、共通した特徴があります。あなたは当てはまりますか?

 

褒められると自信過剰・貶されると憤慨する

メンタルが弱い人の特徴で、一番わかりやすいのは、

「少しでも褒められると自信過剰になり、少しでもバカにされると感情的に怒り出す」

ことです。

感情の起伏が激しすぎる特徴があります。

だから、自分を正確に判断することができないのでしょう。

 

自分は、やればできると思っている

メンタルが弱い人の特徴は、自分のことを「やればできる」と思っていることです。でも、よーく考えてみてください。

 

「やればできる」ということは、「今はできていない」ということ。もし以前はできたから「自分はできる」と思っているなら、それは大きな勘違いです。

何がどう勘違いなのか。

 

それは、「以前できたから、今もできるとは限らない」からです。なぜなら、以前よりも老化している場合もありますし、普段から怠けていると人間はどんどん退化するのです。脳も体も。

 

今日できることを明日に先延ばしする

メンタルが弱い人の特徴は、今日できることを「まぁ、いっか」という感覚で、明日に先延ばしすることです。これは、たいしたことではないと思うかもしれません。

 

でも、この「まぁ、いっか」の積みかさねは、いつかあなたの首を絞めることになります。怠けグセもついてしまうので、ここぞという時に踏ん張りがきかなくなります。

だから結局「デキない人」になる。未来の姿が、目に見えています。

 

メンタルを強くする方法

では、弱いメンタルを強くする方法は、どうすれば良いのでしょうか。

 

メンタルを強くする3原則

メンタルをきたえるためには、「メンタルを強くする3原則」を覚えておきましょう。壇条オリジナルですが、別にそれほど特別なことではありません。

 

メンタルを強くするために大切なことは、

  1. 「人と比べない」
  2. 「人をバカにしない」
  3. 「人に惑わされない」

ということです。

 

良きライバルを持つことは、メンタルを強くする上でも大切なことです。でも、人と比べることではありません。人と比べて自信を失くしてしまうような人は、とくに人と比べてはいけません。

 

むしろメンタルが強くなってからなら、人と比べてもOKです。というよりも、メンタルが強くなると自信がつき、人を追い抜くための忍耐力を備えることができるからです。

 

そして、自分よりも無能な人をバカにしているうちは、メンタルが強くなることはありません。メンタルが強い人は、「仕事ができる」とか「地位が高い」とか「成績が良い」ということで人を判断しません。

では、どこで人を判断しているのか。

 

それは「いかに努力しているか」「いかに一所懸命しているか」なのです。一所懸命に努力しているけど、成績が残せない人をバカにすることは決してありません。むしろ、その努力を認めて称えることすらできるのです。

 

最後に人に惑わされないということは、戦うのは他人ではなく、自分だということです。人より出遅れたとか、人よりできないと惑わされてはいけません。今の自分を超えられるのは、自分自身しかいないのですから。

 

どうにもならない事を、どうにかしようとしない

メンタルを強くする方法は、どうにもならないことを、どうにかしようとしないこと。

どうにもならないことは、所詮どうにもならないのです。そう割り切ってしまいましょう。でも、あきらめるのとは種類がちがうので勘違いしないでくださいね。

 

どうにもならないこととは、死んだ人を生き返らせるとか、高卒を大卒に変えるとか。そんなことは、絶対にできません。死んだ人は生まれ変わることはできますが、生き返ることはありません。

また高卒を大卒と謳うのは、経歴詐称になります。もちろん今から大学に入学することはできます。でも、過去の出来事は変えられないのです。

 

現在のことでも、変えられないことってありますよね。現在のことは、未来につながることなので、ほとんどのことは不可能ではありません。だから今パっとは思いつきませんが。

とにかく、無駄なことに労力を費やすなら、意味のあることに努力をつぎ込みましょう!ということです。

 

人生は、今日しかない

あなたは、人生ってずっと続くと思っていませんか?

では聞きます。100%、明日生きている保証はありますか?

きっとないはずです。そう、生きている人なら誰一人として、そんな人はいません。

 

つまり、人生は今日しかないかもしれないのです。

だから、今日を精一杯生きましょう。もし明日目覚めたら、明日もまた精一杯生きましょう。そうやって毎日を積み重ねていくのです。

 

それが積み重なった時、あなたは思い通りの人生を手に入れているはずです。それが一週間後であろうと、一年後であろうと。

 

メンタルを強くする方法は、今の自分に妥協しないこと

メンタルが弱い人の特徴と、メンタルを強くする方法をご紹介しました。

メンタルを強くする方法は、今の自分に妥協しないことです。今日をいい加減に生きた人は、きっと明日もいい加減に生きます。

 

でも、頑張ったけど今日はできなかったことは、毎日の積み重ねによって、できるようになる日が来ます。だから今日に手を抜かないことです。

今日を大切に生きましょう。