みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

【勝ち組専業主婦】の夫の年収は1500万円|稼げる仕事って?

ひと昔前は、結婚しているかしていないかで「勝ち組」か「負け組」かを判断されていた。

しかし最近は、専業主婦かどうかで勝ち組かどうかを判断するらしい。

 

ではそんな勝ち組専業主婦の夫の年収はどれくらいなのだろうか?

そして稼げる仕事はどんなものがあるのだろうか。

 

勝ち組専業主婦とは?

sexy housewife

 

勝ち組専業主婦とは、夫の収入だけで何不自由なく生活できる人のこと。

単なる専業主婦ではなく、ゆとりのある生活ができるレベルでなければいけない。

 

子供は男女三人兄弟。

自分の趣味はもちろん、子供の教育費も惜しまず出せるだけの余裕が必要だ。

 

でも住んでいる場所によって物価は違うので、夫の年収がいくらあればOKということはない。

 

またその家庭の生活レベルによっても異なる。

でも基準はある。

夫の年収を見てみよう。

 

勝ち組専業主婦の夫の年収

 

ではそんな勝ち組専業主婦の夫の年収はどれくらいだろうか。

最低年収は600万円。

都心に住んでいるなら年収1500万円くらいは必要だろう。

 

年収600万円ならまだしも、年収1500万円となるとチョットむずかしい。

 

田舎で生活しているなら年収600万円あればOKだ。

しかし都心の一等地に住むとなると、年収1500万円くらいないと余裕のある生活はできない。

 

マンションでも戸建てでも、とにかく持ち家があり、そのローンを支払いながらもそれなりに余裕のある生活ができるレベル。

 

そう考えれば、年収1500万円というのも頷けるだろう。

 

年収1500万円を稼げる仕事って?

では年収1500万円を稼げる仕事って何があるんだろう。

 

一概には言えないが、一般的な高収入の仕事を挙げてみよう。

その中でも雇用形態などによってピンキリなので、そのへんはご了承いただきたい。

 

医者

稼げる仕事でパっと思い浮かぶのは医者だろう。

でも医者ならいいというわけでもない。

 

年収1500万円というと、大学病院の教授クラスだろう。

でも若いうちに教授になれることはほとんどない。

 

だったら腕利きの外科医などになって、その病院の顔となる医者になるくらいでないといけない。

そうなれば勤務医ではなく、フリーの医者として病院と個人契約ができる。

 

病院の顔ともなれば、それなりの報酬を出してくれるはずだ。

年収は数千万円かもしれない。

 

パイロット

意外と盲点なのがパイロットだ。

パイロットになるには6つの試験に全て合格しなければいけない。

 

しかも健康診断で少しでも引っかかったら乗れない可能性もある。

そして副操縦士になるまでが平均5年、機長になるまでが平均15年かかる。

 

気になる年収は、副操縦士で年収1500万円くらい、機長で年収2000万円前後だ。

でも国内でいちばん有名な航空会社に入社し、国際線のパイロットになる必要があるはずだ。

 

でも1つ気になることがある。

将来的には飛行機も完全自動運転になるのではないか。

 

現在でも自動運転なのに、離着陸も自動でできるようになったらパイロットは必要なくなる。

必要だったとしても、そこまで大金を払って雇う必要はなくなるのではないか。

将来性はない職業と言えるかもしれない。

 

弁護士・税理士・公認会計士

弁護士、税理士、公認会計士は稼げる職業というイメージがあるが、実は雇用形態によってまったく異なる。

 

まず言えることは、独立しないと稼げない。

雇われで稼ぐとすれば、大手企業と顧問契約をしている事務所で、その担当にならなければいけない。

もしくは共同経営者という手もある。

 

たとえ独立したとしても、人脈が重要な仕事なので、営業活動は欠かせない。

独立しても顧問契約を結べないと、安定して稼ぐのはむずかしいと言えるだろう。

 

経営者

サラリーマンで年収1500万円稼ぐとすれば、大手企業の役員クラスにならなければむずかしい。

しかも取締役レベルだ。

 

それが無理なら自分で会社を経営するしかない。

とは言っても、会社が稼げる保証はない。

やはり自分自身の営業力にかかっている。

 

ベンチャー企業の経営者は稼げるというイメージがあるが、今だからこそそのイメージは定着したものの、昔はベンチャー企業なんていつ沈むかわからない船のような存在だった。

 

そんな危険な道を行く人は、そう多くはなかった。

でも今は、可能性がずい分広がっている。

ネットの普及のせいだろう。

 

アメリカンドリームまではいかなくても、大きな夢は充分見られる可能性がある。

 

公務員・官僚

もちろん普通の公務員では年収1500万円も稼げない。

公務員は年功序列なので、いずれは1500万円に到達するのかもしれない。

大卒の国家公務員で、しかも六大学を卒業したエリートに限る。

 

また官僚なら40代くらいで年収1500万円くらいだろう。

いちばん安定した職業かもしれない。

 

NHKなら、やはり40代で年収1000万円くらいになる。

稼ぐにはやはりバックボーンが必要ということだ。

 

勝ち組専業主婦はホントに幸せなのか?

勝ち組専業主婦は、果たしてホントに幸せなのだろうか。

お金に不自由していなくて、ほとんどの欲求も満たすことができる。

 

いつまでもキレイでいるためにエステなども行き放題だろう。

だから金持ちの奥さんはキレイなのだ。

 

もちろんもともとキレイなのだろうが、お金をかけているからキレイでいられる。

それは事実だ。

 

優越感もハンパないだろう。

でもそんな人の周りには、お金目当ての人以外は寄りつかない。

なぜなら一緒にいてもつまらないから。

 

いつも人と競っていて、自分の旦那の方が年収が多いとか、自分の方がキレイとか。くだらないことで常に競い合っている。

 

そして夫婦関係はあまりうまくいっていないことも多いだろう。

いくらお金があっても、会話がない夫婦や安らげない家庭では意味がない。

 

むしろ苦痛でしかないだろう。

 

世の中にはお金で買えないものがたくさんあるということ。

でもお金は大切。

 

そのバランスが大切なのだ。