みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

七夕の星に願いを…目標達成するには逆算して今日すべき事をする

久しぶりに「だんじょう日記」の筆をとります。

いやキーボードをたたきます。

 

今日は七夕

朝いつものように仕事の計画を立てていると、今日が七夕だと気づいた。

最近は仕事をコントロールできなくて、振り回されている感がある。

だから日付や曜日の感覚がうすくなっている。

 

七夕は好きだ。

子どもの頃は近所のスーパーの入り口に笹が置いてあり、「ご自由にお持ちください」と書いてあったのを思い出す。

 

むかしは四季の行事で季節感を味わうのが大好きで、哀愁のある子どもだった。

でも最近は目の前のことに追われる毎日。

 

このままではいけないと思い、七夕を機に「3年目標」を立てた。

 

3年目標の構成

3年後の自分が立っている場所を「大目標」

1年後の自分が立っている場所を「中目標」

・今年中にやること

・3ヶ月後までにやること

・今月中にやること

以上の3つを「小目標」として、今週の計画を立てる。

http://static.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2014/12/night-sky-photography__880.jpg

When Worlds Collide (Washington, USA) | Bored Panda

 

リミットはあと3年

ライターを始めて2年が過ぎた。

だから「5年以内に作家になるライター」のリミットは、あと3年。

 

5月までに書き上げようとした小説は、全然すすんでいない。

でも、そのために必要な情報収集に時間をかけている。

 

3年後、もし目標を達成できなかったら諦められるのかわからない。

別に諦める必要もないが、何かの区切りはつくのだろう。

 

その時の自分は、きっと自分のふがいなさを恥じているに違いない。

でもそれが自分だから受け入れるしかない。

 

大きな夢を語るくせに、何も行動をおこさない人は恥ずかしくないのだろうか。

夢を叶えない限り、自分は負け犬だと気づいているのだろうか。

 

 

わたしは今まで色々な仕事をしてきた。

おかげで何のスペシャリストにもなっていないが、色々な経験ができたことは良かったと思う。

 

でもフリーライターを始めたとき、一生「文筆家」として生きていこうと決めた。

本心は文筆家の中でも小説家になることを最終目標として。

 

たとえデビューできても、新人と呼ぶには歳をくいすぎている。

だけど今の自分だから書けることを書こうと思う。

 

夢を叶えるために多くの人の協力は必要だが、労を費やすのは自分一人だけ。

たった一人で向き合い、戦わなければいけない。

 

自分が頑張れば成長できるし、自分が怠ければ何も得るものがない。

すべては自分次第ということだ。

 

孤独な戦いは、精神を保つのに苦労する。

だからこそ達成できたときの喜びには、計り知れないものがある。

 

経験した人にしかわからない高揚感は、そのまま生きている実感となる。

 

http://www.threetroy.com/drive-r/misakiline_files/IMG_7279.jpg

http://www.threetroy.com/drive-r/misakiline.html

 

まだまだ道の途中だが、自分のため、そして家族のために夢を叶える決心をする。

今までの人生のあらゆる出来事が血となり肉となって、今の自分をつくりあげている。

 

今の自分が立っている場所は、間違いなく過去の自分が思い描いていた理想であり、幸せだと実感できる物や人に囲まれている。

 

でも生きている限り、戦いは終わらないのだとあらためて感じさせられる。

それこそが生きている証しなのかもしれない。