読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちの道

あなたの今日がちょっぴり幸せになるように

スポンサーリンク

フリーライターはサラリーマンと同じ!好きなこと書けるのはブログだけ

組織ではたらかなくなって、かれこれ3年が経ちました。

会社ではたらくことが嫌になって辞めたわけではありませんが、まぁ色々ありました。

でもずっと自分だけで何かがやりたいと思っていたので、その思い描いていた未来像が叶ったと言えるのでしょう。

 

書くことを仕事にしたいとも思っていたので、その夢も叶ったと言えます。

でもフリーライターは結局サラリーマンと同じなんだと実感しています。

 

その理由をご紹介しましょう。

 

フリーライターはマニュアルや規定が多い

f:id:m-danjyo:20161215113051j:plain

フリーライターを始めて感じたことは、結局マニュアルや規定が多くて、好きなようには書けないということです。

 

考えてみれば当り前のことなのですが、言い回しや使う言葉についても規定がいろいろあります。また非難をするような書き方をしてはいけないなど、挙げればキリがありません。

 

現在お仕事させて頂いているクライアント様は、比較的自由に書かせて頂けているのでそれなりに楽しんでいます。

 

でも今までは楽しんで書いている感覚はありませんでした。

ただただ目の前の仕事をして、わずかなお金を稼いでいたという感じです。

 

それでもやっぱり「もっとこう書ければ面白いのに」という時もありますが、オブラートに包んで書いています。

 

当り前ですよね。

ネットのアクセス数などによって収益を得ているのですから、グーグルにチェックされてしまうような危険な道は進めないでしょう。

 

好きなこと書けるのはブログだけ

 

だから本当に好きなことを書けるのはブログだけです。

でもブログで収入を得ようと思ったら、やっぱりそれなりに配慮が必要なのでしょう。よくは知りませんが。

 

でも自分でまったく何もないところからネタを考えるのは、至難の業ですよね。

よく皆さんやっていると思います。

仕事ではある程度決まった中でやっているので、ある意味では楽です。

 

だから個人ブログだけで生活している人は、どれほど多くの情報収集をしているのでしょうか。気が遠くなります。

 

でもそれも生活のためとなれば、きっと私も必死にやるのでしょう。

 

仕事で全力を尽くすからブログのネタが思い浮かばない

ここで一つ言い訳をするとすれば、仕事で全力を尽くしてしまうので、ブログのネタが思い浮かばないことです。

しかもやるべき仕事が終わると精根尽き果ててしまうので、ブログを書く元気すら残っていないことがほとんどです。

 

だからこのように気が向いたときに日記的に書くくらいしかできない。

それがもどかしいんです。

 

本当はもっともっと書きたいことが頭にあるのに、なかなかそれを突きつめる時間がない。

あっこれも言い訳ですね。

 

でもなぜかライターをやめたいと思ったことは一度もないです。

不思議ですね。

毎日楽しいと思ってやっているわけではないのに、心のどこかでは楽しいと思っているのかもしれません。

 

やっぱり書くことが好きだからかな。

まあこれからも一生ライターで生きていきます。

 

どんな形でも、何らか書く仕事を続けていきたいと思っています。

数年後にブロガーになっていたら笑えますけど。

 

だって目標は作家になることですから。

 

まぁ、家族を養えればそれでいいんです。

作家だろうとライターだろうと。

ただ自分が目指したいのは作家というだけです。

 

書く仕事ができれば一応は満足です。

でも掲げた夢や目標は、叶えるのが壇条のポリシーです。

 

なんて偉そうなことを言って、叶えられなかったら恥ずかしいですけど。それも人生です。

いつか書店の本棚に並んだら、暇つぶしに読んでくださいね。

 

ちなみに小説家としての筆名は違うものに決めてあります。

それはそのうち発表するかも(?)