読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちの道

あなたの今日がちょっぴり幸せになるように

スポンサーリンク

「結婚したくない」と言う女の98%はウソ!結婚できない女の本音

「結婚したくない」とか「結婚する気がない」という女性がいますが、そのほとんどはウソだと言われています。

その根拠は何だと思いますか。

 

壇条もきっと結婚していなければ「もう結婚なんてしなくてもいいかな」とか言っちゃうと思います。

その言葉の裏に秘められた本音について考えてみましたのでご紹介します。

 

20101205-Steph&Jeff's Wedding

 

女性が「結婚したくない」理由

結婚したいと思える男性に出会えない

女性が「結婚したくない」と思う理由は、結婚したいと思える男性に出会えないからです。

結婚したいと思う男性がいたとしても、みんな既婚者だったり、すでに彼女がいたりします。

 

そうなるとアプローチをすることすら許されず、諦めるしかないのです。

そんな出会いを繰り返しているうちに、だんだん彼氏や結婚相手を探すことが面倒になってくるのです。

 

たとえ結婚していない男性に出会えたとしても、年齢が自分と離れすぎているか、さえない男だったりするのです。

 

そうなるともう、この世には独身のイイ男なんていないのではないかと思えてくるのでしょう。

 

婚活そのものに疲れ切ってしまった

女性が「結婚したくない」と思う理由は、婚活そのものに疲れ切ってしまったからです。

30代以上で結婚願望がある女性なら、婚活をしている可能性が高いですよね。

 

いろいろな男性と話してデートしても、ピンとこないことばかり。

つまらないデートばかりしている自分に嫌気がさしてきて、婚活をやめたくなってしまうのです。

 

でも婚活しなければ結婚できない。

だからといって婚活を続けるモチベーションを保つことができないのです。

 

何年も婚活しているのにうまくいかない女性は、きっと婚活に疲れて婚活難民状態になっているのではないでしょうか。

 

今さら男に合わせるより一人の方が楽しい

女性が「結婚したくない」と思う理由は、今さら男に合わせるよりも、自分一人の方が楽しいと思えるからです。

 

自分一人の時間を楽しむ習慣もついてしまっているので、それを突然手放すなんてできないのです。

収入には個人差があると思いますが、自分一人が生きていく収入くらいなら何とかなると思うのでしょう。

 

でもそれは現状でのことであり、将来や老後の不安は残るはずです。

それでも無理やり男に合わせるくらいなら、いっそ一人で生きていく方が楽だと感じてしまうのです。

 

「結婚できない女」の本音

結婚できない自分を慰めている

「結婚したくない」と言う女の本音は、結婚できない自分を慰めているのです。

自分が結婚できない女だなんて思いたくないというのが本音です。

 

結婚できないという言葉そのものにコンプレックスを感じていると考えられます。

だからそんな自分を慰めるために「結婚する気ない」とか「結婚したくない」と言ってしまうのです。

 

正直に言うと、哀れな言い訳に聞こえます。

自分が不幸だと思いたくないのでしょうね。

 

でもそう思っている時点で不幸確定なんですが、その辺は理解しているのでしょうか。

逃げないで自分の不幸と向き合う勇気がまだないのでしょうね。

 

周りから「かわいそう」と思われたくない

「結婚できない女」の本音は、周りから「かわいそう」と思われたくないことです。

もちろん結婚できない女性に対して、かわいそうなんて言う人はいませんが、その裏返しとして「自分の幸せ自慢」をする人はいるでしょうね。

 

女ってそういうものです。

つまり「かわいそう」=「惨めな女」なのです。

 

本音をオブラートに包んだ「かわいそう」すら言えないタブーワードなのに、「惨めな女」なんて口が裂けても言えませんよね。

 

もし結婚できない女が自分の嫌いな人だった場合には、きっと「ざまあみろ」とほくそ笑んでいる女性が必ずどこかにいることでしょう。

 

「いい歳して惨めで寂しい女」だとバカにされたくない

「結婚できない女」の本音は、「いい歳して惨めで寂しい女」だとバカにされたくないということです。

結婚できないことは、女の魅力がないとか、性格に問題があると受け止められるのです。

 

そのため女としての価値がないとバカにされたくないというのが本音でしょう。

きっと自分でもうすうす気づいているのです。

だからバカにされたくないと思うのです。

 

しかも30代後半や40代の女性なら、はっきり言ってこの先ステキな結婚相手が見つかる確率はかなり低いです。

 

それも自覚しているからこその「結婚したくない」というウソの言葉が出てくるのでしょう。

 

イイ男に相手にされなくなった自分を認めたくない

「結婚できない女」の本音は、イイ男に相手にされなくなった自分を認めたくないということです。

きっとみんな昔はそれなりにモテたんです。

 

というよりも女性なら若いだけで、多少ブサイクでもチヤホヤされる時期があるんです。

それを多くの女性は「あれ?私ってけっこうモテるかも」と調子に乗ってしまうのです。

 

そこが運命の分かれ道だとも知らずに……。

 

そうすると一度くらいは、イイ男と付き合ったことがあるはずです。

だからその恋をいつまでも引きずってしまう女性も多いのでしょう。

 

「結婚するならあれくらいイイ男」と決めている人もいるでしょうし、もしかしたら「もっとイイ男」と結婚したいと思っているかもしれません。

 

その考えこそが一生独身になる前兆だとは気づいていないのです。

 

一生孤独で寂しい人生になることを受け入れられない

 「結婚できない女」の本音は、一生独身で寂しい人生になることを受け入れられないことです。

心のどこかでは「いつか素敵な人と結婚したい」と思っているのです。

 

いったいどっちなんでしょう。

結婚したいのか、結婚したくないのか。

 

そもそも素直じゃないですよね。

結婚したいならしたいと言えばいい。

そしてちゃんと意思表示をして、結婚相手を探せば良いのです。

 

でも「もし結婚できなかったら恥ずかしいし惨めだから、とりあえず結婚したくないって言っておこう」という感じでしょう。

 

ウソの発言をしていたら、本当に一生結婚できない女に確定です。

言霊って本当にあると思いますよ。

 

何かを達成させたい時は、それが実現した時のことを体感するのです。

そしてその目標達成のために周囲に公言したり、自分を信じるように言い聞かせるのです。

 

それもしないで斜に構えて、「結婚できないんじゃなくてしないんです」なんて言っていたら、誰も結婚なんかしてくれません。

 

それでもまだ「結婚してほしいなんて頼んでない」と言いますか?

結婚って一人じゃできないって知ってました?

一応知らなそうなので、言っておきました。

 

本当に結婚したいなら素直になりなさい。

結婚できるコツは、それだけです。

 

心のどこかで本当は結婚したいと思っている

結婚したくないと言う女の98%はウソだとわかりましたか。

結婚できない女が言い訳で言っているだけなのです。

そしてその言い訳に隠された本音は、本当はみんな知っているんですよ。

 

気づかれてないと思っているのは自分だけなんです。

だからもう素直になりましょう。

 

結婚したいと思うことのどこか恥ずかしいんですか。

壇条は結婚を絶対におすすめします。

 

だって今は良くても、歳とったら寂しいですよ。

体は動かなくなって、病気になって、独りぼっちで、お金がないなんて耐えられますか?

 

それは無理だと思ったから、結婚を選んだんです。

それは絶対に間違いではないと思います。

そして多くの女性は、それを望んでいるはずです。

 

そう、あなたもね。