読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちの道

あなたの今日がちょっぴり幸せになるように

スポンサーリンク

思い出は深大寺と多磨霊園と大きな古時計とともに……

Quiet tone

思い出の深大寺

はじめて深大寺を訪れたのは、まだ祖母が元気だった頃。

多磨霊園でお墓参りをしたあとに、「蕎麦を食べに行こう」と祖母が言い出した。

わたしはまだ小学校低学年で、蕎麦なんかよりハンバーグが食べたいと思ったものだ。

 

はじめて足を踏み入れた深大寺は、休日のためか賑わっていたのを覚えている。

木々が生い茂る道を歩いていくと、時代劇に出てきそうな情緒ある蕎麦屋「青木屋」がある。

格子を横目で見ながら先へ進むと、ひときわ目につくものに出くわす。水車だ。

 

水車がグルグル回るのをじぃ~っと見つめていたわたしの手を取り、祖母は笑顔を浮かべた。

そして「一休庵」へ入って行く。

父や母もいたが、それ以外のことはほとんど覚えていない。

 

入口では蕎麦職人による蕎麦打ちの様子が、ガラス越しに見えるようになっている。

 

深大寺は観光地ということもあって、客引き作戦の一つだろう。

深大寺には蕎麦屋が20軒くらいある。

その中でも水車と蕎麦打ちに惹かれて祖母は「一休庵」を選んだにちがいない。

 

わたしは祖母が大好きだった。

父や母や姉よりもずっと好きだった。

 

夕方になると仕事へ行く両親を見送り、夜遊びに出かけた姉の帰りを祖母と二人きりで待つ。

土曜の夜は、祖母も大好きだった「まんが日本昔ばなし」を観るのが毎週の恒例行事。

そのあともテレビに釘付けになり、9時になると布団に入る。

 

隣で寝る祖母の口癖は「寝るほど楽はなかりけり」

布団に入ると決まってそう言う。

 

毎日そんなに大変な思いをしているのかな?なんて心配になったりもした。

 

大好きな祖母が他界してからおよそ20年後、わたしは運命の人に出会った。

 

小田急線沿線に住んでいたわたしは、調布市に住む彼と出会ったのだ。

そして彼の家から自転車で15分の場所に、祖母の眠る多磨霊園があることを知る。

 

広大な敷地の多磨霊園に入ると、まるで迷路のようでいつも迷ってしまう。

まるでここだけ別世界のようで、ここで迷ったらもう現実世界には戻れないような気持ちになる。

でも自然が多く静かなので、大好きな場所のひとつ。

霊園が好きな場所なんて変に思うだろうが、人生に迷うといつも祖母と話しに来る。

 

ここに来ると心が落ち着いて、自然の英気を養うことができる。

 

それと同じ感覚になれるのが深大寺。

彼と結婚したわたしは、調布市内で引っ越しをした。

そこからなんと徒歩15分のところに深大寺はあった。

 

そこに住んでしばらくした頃、深大寺へ抜ける裏道があることを知る。

 

毎朝深大寺まで散歩するようになったわたしは、祖母のオーラに包まれているような気分になって幸せだった。

夏でも涼しく豊かな自然とともにある深大寺は、神聖な気を感じるパワースポット。

 

春には本堂の目の前にある一本のしだれ桜が満開になり、参拝客を楽しませてくれる。

そしてどこからともなく沈丁花じんちょうげの香りが漂ってくるのだ。

その香りで思い出が蘇る。

 

そうだ、祖母と訪れたときも沈丁花の香りがしていた。

 

そうして深大寺は、わたしに元気を与えてくれる癒しの場所となった。

 

すべて意図したわけでもないのに、祖母との思い出の場所の近くにいつも住んでいる。

それはきっと祖母に守られているからにちがいない。

 

それを確信したのはわたしが結婚を決めたとき。

もうかれこれ20年以上も止まっていたボンボン時計が突然動き出した。

それは祖母が買った時計。

捨てられずにずっと飾ったままになっている。

 

買った当初子供だったわたしは、見たこともない大きな時計に魅了された。

そんな時計を他で見かけることはもうほとんどない。

日本の職人技を感じさせる立派な時計だった。

まさに「大きなのっぽの古時計 の時計♪」である。

 

その時計は、祖母が亡くなった後に動かなくなった。

何度ネジを巻きなおしても、すぐに止まってしまう。

もう動くことはないのだとあきらめていた。

 

そのボンボン時計が、突然ネジも回していないのに動き出したのだという。

 

まるで孫の結婚を喜んでいるかのように。

 

それを聞いて、わたしは久しぶりに泣いた。

10年前に元彼に振られて以来の涙だった。

 

それから3年。

わたしは何かの答えを求めて多磨霊園にやってきた。

 

「霊園中央二十号地」のバス停を降りて、祖母が眠っている墓石の前に立つ。

もう肌寒いくらいの季節だというのに、足元に蚊がまとわりついてくる。

夏に来ると、必ず10ヶ所近く虫刺され痕が残る運命になる。

 

多磨霊園は、東八道路と甲州街道に挟まれた場所にあるのに、ここだけまるで森のようになっているからだ。

 

お彼岸でもない平日の多磨霊園は、人の姿もまばらだ。

しかも今日は雨模様なので、余計に墓参りなんてしている人はいなかった。

 

夫が買ってきた花といなり寿司を飾る。

線香に火をつけると、わたしは静寂の中で祖母と向き合ってしゃがんだ。

そして手を合わせる。

 

そのとき不自然なほど生暖かい風がふわりと通りすぎた。

目を開けると、祖母が大好きだったいなり寿司の上にカラスアゲハチョウがとまっている。

 

そしてわたしたちのまわりを幾度となく飛びまわっては、またいなり寿司の上に戻るのだ。

その不思議な光景にしばらく目を奪われていたが、「そろそろ行こうか」と祖母の墓石を後にしたとき、カラスアゲハチョウが夫の腕にとまった。

 

いつまでも動かないカラスアゲハチョウをつかまえようと手を伸ばしたとき、静かにふわりと宙に浮かぶと、そのまま空高く舞い上がって行った。

 

それはまるで、祖母が「いつも見守っているよ」と言っているようだった。

 

春も夏も秋も冬も、ゆるやかな風に乗って祖母との思い出は永遠にわたしのまわりで漂っている。

 

祖母との思い出は永遠に…

大好きだった祖母に捧げます。

今もきっとわたしを見てくれているのでしょう。

だからわたしは、安心して生きていられる。

 

カクヨム投稿

kakuyomu.jp