読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちの道

あなたの今日がちょっぴり幸せになるように

スポンサーリンク

ストレスゼロはバカになる!「キュレーションサイトのライターを辞めた」というブログを読んで

キュレーションサイトは、まとめサイトのようなWEBサイトのこと。

大手企業がよく運営しているので見たことがあるだろう。

 

そんなキュレーションサイトのライターを辞めたというブログを読んだ。

その理由は、生活のためにキャパを超えた仕事量を抱え、壊れてしまいそうになったそうだ。

 

そんなブログを読んで感じたことを書いていこう。

 

キュレーションサイトのライターを辞めたい理由

f:id:m-danjyo:20161107125042j:plain

キュレーションサイトは、どんなサイトを見てもお洒落にまとまっている。

言ってみればキレイすぎる。

でもそれが一般読者の想像力をかき立てる。

 

自分もこんな生活がしたい。

自分にもできるかもしれない。

 

と思わせるのがキュレーションサイトの目的だ。

 

主婦なら大喜びで飛びつく仕事だろう。

 

キュレーションサイトの特徴

・ワクワクしない

・どれも同じことが書いてある

・個性的な文章がない

・経験のないことでも書くことになる

 

確かにワタシ自身、読んでてもワクワクしないし、書いててもワクワクしない。

その人は、だから辞めると言っていたが、きっと一般ウケはしているのだろう。

 

そして文章力がまったく必要とされていないことが不満だと言う。

何の勉強にもならないから辞めるそうだ。

 

でもそれはどうだろう。

 

キュレーションサイトのライターをやって学べること

 

キュレーションサイトで学べることは、文章力ではない。

どんな情報が一般的に求められているのかがわかるし、自分の書いた記事が大量にあれば、どの記事が好まれるのかその傾向がわかる。

 

それはPV数だったり、お気に入りされる数だったり。

いかに早く1000PVを超えるかという問題だったり。

それによって色々なことがわかる。

 

それはブログをやる上でも、きっと参考になるはず。

 

学ぶ気になれば、どんなところからでも学ぶことができる。

それをわずか半年で投げ出すとは、いささか根性に欠けるというのが率直な感想だ。

 

というワタシも3ヶ月で仕事を辞めたことが何度もある。

でもライターを生業としようとしている人が、半年で違うライターになろうというのは早すぎるだろう。

 

何となく何をやってもそれなりにできちゃって、でもチョット辛くなったらすぐに他のことへ逃げるというタイプ。

で、結局すべてが中途半端で終わってしまうポリシーのなさ。

 

きっとこの人にはそんな人生が待っているのだろう。

無意味だと思ったことでも、限界まで突きつめてみないと何も発見はない。

 

結局人生に無駄なことはないから、その無駄に見えるようなことの中にも、きっと何かのヒントが隠れている。

 

一生懸命に自分との戦いをしていれば、きっと良い方向へ進む道しるべが見えてくる。

 

「あ、今これをやるチャンスだ!」

という瞬間が訪れる。

それはもちろん頑張っていることへのご褒美でもある。

 

その道しるべに沿って、毎日精進していれば、きっとチャンスは訪れる。

派手じゃなくても、着実に前進できる何かが見えてくるもの。

人生はそうなると決まっているのです。

 

ストレスゼロはバカになる

ワタシがWEBライターを続ける理由は、もちろん生きるため。

今はこれがないと食べていけないのです。

 

そしてもう1つの理由は、書き続けるため。

本当のことを言えば、他のことを書く時間が欲しい。

ブログももっと考えて書きたいし、小説も書きたい。

 

たまには落ち着いた気分で詩も書きたい。

そんな葛藤を抱えながらも、仕事に追われている。

 

自分の好きなことだけをやっていると、バカになると壇条は思う。

それは好きなことを叶えようと頑張っている人ならいい。

 

とはいっても人間はそんなにうまくはいかない。

「ちょっと休んじゃおっかな」という甘えも出てくる。

だからワタシは書き続ける。

 

でも嫌いなことはやらないで、好きなことだけやっていると、ハングリー感がなくなる。

人間には適度なストレスが必要。

そのストレスがなくなると思考力は急激に低下すると言われている。

 

つまりバカになるということ。

そして騙されやすくなる。

 

ストレスは人間にとって必要不可欠なものだということがわかる。

でも、もちろんあり過ぎてもダメ。

何事も適度が一番である。

 

WEBライターは自己コントロールが大事

キュレーションサイトや個人ブログ記事を代行しているようなライターは、仕事量と時間を自分でコントロールしないと必ず潰れる。

 

そのブログにも書いてあったが、忙殺されて「このままではないけない」と思ったそう。でもたった半年でしょ?

 

また他のブログでは、「WEBライターは奴隷同然」と書いてあった。でもこの人はたった3ヶ月。

 

その気持ちは痛いほどわかる。

でもギブするのが早すぎやしないか?

 

どちらも他のことを見つけて、今は順風満帆に過ごしているようだからまぁいい。

自分の好きなことをして、何となく生きて行きたい人ならそれで満足だろう。

 

でももっと上を目指したいと思っているのなら、きっとそれではダメだ。

 

と言っても、今の時代はそこまでアグレッシブに夢を叶えたいと思っている人は少ないのかな。

熱い思いなんて、暑苦しいだけなのかもしれない。

 

でもワタシは、そんな暑苦しい人がやっぱり好きだ。