みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

パソコン買って2ヶ月で不具合が起きたけどメーカーは責任を量販店に丸投げ

人が生きていく限り、仕事でもプライベートでも全て縁で成り立っている。

たった一人のたった一度きりのクライアント様でも、誠意を持って仕事をする。

少なくともワタシはそう思っている。

 

そんなワタシが縁を切ったある有名な大企業の粗悪な対応のお話。

 

f:id:m-danjyo:20161111011517j:plain

 

2ヶ月で死んだパソコン

大手メーカーのパソコンを買ってから2ヶ月も経たないうちに、不具合が起きた。

インターネット上で作業をしていたら、いきなり文字が打てなくなり、ポインターだけが動く状態。

 

そんな状態は初めてだったので、嫌な予感がした。

①はじめはCTRL+ALT+DELをしたが無反応。

②そして再起動を開始した。

 

すると待てど暮らせど再起動が終了しない。

これは間違いなく固まっているのだと判断した。

③そして最終手段である電源ボタン長押しをしたが、これも無反応。

 

こんなことは今までに一度もない。

そしてメーカーのコールセンターへ電話をした。

すると上記の①~③と全く同じ操作を指示され、無反応だと伝えると、アダプターを外して電源が切れるのを待つようにと言われた。

 

それって6時間くらいはかかるし、再起動の途中で止まったなんて聞いたことない。

少なくともワタシは再起動の途中で止まったことも、電源ボタンが反応しなかったこともない。

 

メーカーが使えず量販店へ

だから早めの対応をした方が良いと思い、購入した量販店へ持って行った。

 

アダプターをつないだ状態で電源ボタンを押すも画面は真っ暗のまま。

そのまま店頭で修理に出した。

 

それから2週間後。

「電源が問題なく入ったので大丈夫でした」と量販店。

 

いやいや違うでしょ~。

再起動の途中で固まったのはどうなったの?

 

メーカーへ電話して、修理のくわしい状況を聞いてもらった。

すると「再起動の途中で止まったことは聞いてません」とメーカー。

 

量販店は確かに伝えたと言う。

 

不具合を曖昧に片付ける両社

言った言わないの無意味な争いはどうでもいい。

大事なのは一度不具合が起きたパソコンをどうにかしたい。

 

すると「現状では電源も入りましたし、問題はありません」とメーカー。

 

じゃあ、買ってたった2ヶ月で不具合が起きるようなパソコンをそのまま使えと?

それで保証期間が過ぎたら有料で修理しろと?

 

するとメーカーは「1ヶ月以内なら新しいパソコンと交換できる場合もありますが、2ヶ月だと交換はできません」と言う。

 

???????

1ヶ月と2ヶ月って、そんなに違うのだろうか?

1ヶ月以内ならメーカーも責任を取れるかもしれないが、2ヶ月で壊れたら買った方の責任?

 

そこで大きな疑問が……。

「じゃあ、メーカー保証って何のためにあるの?」

2ヶ月で不具合が起きたパソコンを何の保証もせず使い続けろと平気で言うの?

 

仮にどこかの飲食店で食中毒が起きた場合を考えてみよう。

食べた当日に食中毒になったら責任を取るけど、翌日に食中毒が発覚したら責任を取らないと言っているのと同じではないだろうか。

 

そして翌々日には症状が治まったのなら、「問題はありません」「責任はありません」と言う飲食店があるだろうか。

 

そんな説明で納得できる人はいない。

 

じゃあまた同じ不具合が起きたのが1年後だったら、新しいパソコンと替えてくれるの?

「それはできません」

 

じゃあ今、新しいパソコンと替えてもらうしか対処法はない。

このまま不良品かもしれないパソコンを使い続けるのは納得できない。

「それは買ったお店で対応してもらってください」

 

???????????????

いま何と?

パソコンをつくっているメーカーでは交換できないけど、展示品でもない封を開けてもいない新品のパソコンが2ヶ月で不具合が起きたら量販店の責任なの?

それ本気?

 

一歩も引き下がらないメーカーに呆れ果て、疲労困ぱいのまま電話を切った。

 

もう二度と買わないと決めた大手メーカーのパソコン

それでいいのか?

もう2度とそのメーカーのパソコンは買わないと心に決めた。

 

これでその大手メーカーは一人の顧客を失った。

 

 

人が生きていく限り、仕事でもプライベートでも全て縁で成り立っている。

たった一人のたった一度きりのクライアント様でも、誠意を持って仕事をする。

少なくともワタシはそうしている。

 

そこで良い仕事ができれば次につながるし、他の人に伝わっていくかもしれない。

このブログを読んでくれた人も縁だし、ワタシが誰かのブログを読むのも縁だ。

 

道ですれ違うのも縁だし、何かを買うために入ったお店も縁だ。

 

それが良い縁になるかどうかは、それぞれの人の対応の仕方にかかっている。

 

もう2度と会わない人かもしれないから、どんな対応をしても気にしない人もいるだろう。

しかも電話なら顔も見えないから会うことすらないかもしれない。

 

でもたった一人の対応が会社のイメージを悪くする。

その対応をされた人は、きっと他の人に悪評を流すだろう。

すると損失は一人では済まなくなる。

 

でも対応した本人が損害を被るわけではない。

だからさほど気にもとめないだろう。

アフター5の酒の肴に、今日の愚痴をこぼして終わりだ。

 

でも会社は多大な損失を被ることになる。

 

確かに世の中には理不尽なクレームをつける人が多い。

だからこそ正当なクレームは真摯に受け止めるべきだ。

 

「またクレームかぁ」

と思うのは自由だが、製品に不具合が起きたことは事実なのだから。

 

ワタシはそのメーカーのパソコンが好きだから買ったのに、今日の対応で嫌いになった。

もう2度と買わない。

しかも6時間も無駄にした。

この責任は誰も取ってくれない。

 

量販店の店員やメーカーの社員は給料が発生するが、ワタシは1日分の仕事を捨てたことになる。

パソコンが使えないせいで仕事ができないということは、ただ1日分の仕事ができないだけではない。

 

その日に迅速な対応ができなかったせいで、クライアントを逃すかもしれない。

その損失は2万や3万の話ではない。

損失は何十万円にもなるだろう。

この責任は誰も取ってくれない上に、パソコンも保証してくれない。

 

いったい何て日だ!

と思いながら布団に入り、眠れぬ夜を過ごすことになるだろう。