みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

女性らしい品格を身につけて年収1000万超えの男性と結婚する方法

女性らしい品格を身につければ、年収1000万超えの男性と結婚できるかもしれない。

そう言われたらあなたは実践しますか?

 

本当に結婚したいのなら、行動力が必要です。

ある程度の年齢を過ぎたら、待っているだけではダメなのです。

 

でもガツガツと品のない女性では、男性は見向きもしないでしょう。

それどころか嫌悪感を抱きます。

 

男性は年齢を重ねた女性には、厳しいものなんです。

でも唯一若い女性と張り合えるもの、それが女性らしい品格です。

 

 年収1000万超え男性が好きな女性のタイプ

f:id:m-danjyo:20170529154727j:plain

年収1000万超えの男性に限らず、男性は品のある女性が好きです。

では具体的にどんな女性が好きなのか、見ていきましょうね。

 

女性らしい服装

年収1000万越えの男性が好きなタイプは、女性らしい服装をしている人です。

それはヒラヒラスカートやパステルカラーの服を着ていれば良いわけではありません。

 

だからと言って黒やグレーなど、地味すぎる服装だとイメージがどうしても暗くなりますよね。

でも年齢的に乙女チックな服装もできない。

そんな風に悩む女性が多いはずです。

 

そこで活躍するのが「紺色」いわゆる「ネイビー」です。

地味だけど地味すぎず、品格を感じさせる色です。

 

年齢を問わず似合うので、婚活パーティーなどに着て行くと印象が良いでしょう。

 

そして服のラインも大事なポイントの一つ。

女性の体は曲線を強調する方が美しく見えます。

 

だからと言って「ジュリアナか?」っていうようなボディコンシャスはダメです。

ふんわりと優しく揺れるスカートで、丈は膝が隠れるか隠れないかくらいがベスト。

 

襟ぐりは広く開いたトップスがおすすめです。

でも胸の谷間を見せてはいけません。

 

あくまでも女性らしい品格を重視しましょう。

 

女性らしい体つき

年収1000万越えの男性は、女性を見る目が肥えています。

それもそのはずですよね。

 

年収の高い人は、社交的な人が多いのです。

そのためパーティーなどにも良く参加するし、素敵な女性を見慣れています。

 

だからダイエットをして、女性らしい体つきをキープしましょう。

 

女性らしい体つきって、わかりますか?

痩せすぎはNGです。

まったく魅力を感じられないばかりか、貧相でみすぼらしいです。

 

太りすぎも、もちろんNG。

程よくふくよかなスタイルがベストです。

 

二の腕がちょっとだけプニプニしていて、頬も少しふっくらしている方が魅力的です。

脚は細い方がキレイですが、太ももはいくらか肉付きが良い方がモテます。

つまりひざ下は割とスッキリしていても、太ももが多少ムチっとしている感じ。

 

これが男性にはたまらないんです。

 

そして全体的にゆるやかな曲線ができている体は、女性らしく美しいです。

 

ダイエットの本当の意味

ちなみにダイエットの意味をご存知ですか?

ダイエットは「痩せる」という意味だと思っている人が多いと思います。

でも本当は「体重調整」のこと。

つまり「適度な体重に整える」ということなんです。

 

だから痩せれば美しいと勘違いしている女性は、今すぐに路線を変更した方がいい。

しかも歳を重ねて痩せすぎていると、男性からの評判は悪いです。

 

女性らしい顔

年収1000万超えの男性が好きな女性のタイプは、女性らしい顔をしている人です。

もちろん美人の方がモテるかもしれません。

でも必ずしも美人がモテるわけではないのが、男性の不思議なんです。

 

視覚から惹かれる男性にとって、もちろん取っ掛かりは美人かどうかなのかもしれません。

でも結婚相手となると、美人かどうかは問題ではないのです。

 

しかも普段から美人を見飽きているため、奥さんは美人かどうかはこだわらない場合も多いでしょう。

 

その代わり笑顔が最大のポイントです。

やわらかな雰囲気を漂わせる「笑顔美人」にはメロメロのはず。

でも、わざとらしい笑顔は怖いですからご注意を。

 

年収1000万超えの男性と結婚する方法「やってはいけないNG行動」

f:id:m-danjyo:20170529155026j:plain

大声で話さない・大声で笑わない

女性らしい品格とはかけ離れたNG行動ですね。

まず女性らしい品格を身につけたいのなら、大きな声を出すのは厳禁です。

なぜなら下品に映ってしまうから。

 

それに年収1000万越えの男性は、奥さんをいろいろな場所でお披露目することも多いでしょう。

そんな時に下品な笑い方や話し方をされたら、自分が恥をかいてしまうのです。

 

だから話し方や笑い方には、充分注意した方が良いですよ。

それは年収1000万の男性でなくても同じです。

 

男性は控えめな女性が好きなのです。

 

慌ただしく動きまわらない・せかせかしない

年収1000万越えの男性と結婚したいなら、慌ただしく動きまわったり、せかせかしないことです。

女性らしい品格を身につけるには、ゆとりのある動作が基本です。

 

どんなに忙しくても、慌ただしく見せない大人のゆとりが必要です。

年収1000万超えの男性にこだわらないのなら、テンパりながらも頑張っている女性はウケが良かったりします。

 

でも先ほども言ったように、年収1000万越えの男性は社交的な人が多いです。

大勢の人の前に出しても恥ずかしくない女性というのは、優雅で美しい所作をしているものなのです。

 

指先にも神経を行き届かせ、コップ一つ持つ手の動きも意識していることでしょう。

でも慣れてくれば自然とできるようになりますので、普段からの行いが現れるようになります。

 

逆に考えると、普段だらしない行動をしていると、それが大事な場所でも出てしまいます。

習慣とは恐ろしいものですよ。

 

姿勢を良く歩き方は膝を曲げない

とくに若い女性で多いのが、ヒールを履いたときに膝が曲がっていることです。

本人はおそらく気づいていないと思いますが、見ていて恥ずかしくなるくらいみっともないです。

 

女性らしい品格を身につけて、年収1000万越えの男性と結婚したいなら、姿勢と歩き方も気をつけましょう。

せっかくお洒落しているのに、姿勢が悪いと台無しです。

 

しかも歩き方が美しい女性は、存在感があります。

たとえジーンズにTシャツでも、美しさがにじみ出ているものなのです。

 

こればかりは即席で何とかなるものではありませんから、日頃から練習すると良いでしょう。

どんな時でも人に見られていることを意識して、姿勢を良くするよう心がけるのです。

 

そして歩き方も自分がモデルになったつもりで、真っすぐ歩きます。

線の上を歩くようなつもりで、膝は曲げないようにしましょう。

 

一度ビデオなどに撮ってもらうと、自分では気づかない欠点が良くわかります。

本気で年収1000万越えの男性と結婚したいなら、それくらいやる気がないとむずかしいですよ。

 

年収1000万越えの男性と出会えたら

これまでご紹介してきたことを実践し、女性らしい品格を身につけることができたら、あとは出会いの場へ行きましょう。

 

いちばん手っ取り早いのが、高収入の男性をあつめた婚活パーティーです。

 

これ以外なら、有名企業の男性と知り合いの人を見つけて、合コンをセッティングしてもらうのも良いでしょう。

 

とにかく出会わなければ、スタートラインに立つこともできないのです。

 

男性に主導権を譲り奥ゆかしさを醸し出す

年収1000万超えの男性と結婚するには、男性に主導権を譲り、奥ゆかしさを醸し出すことです。

それなりに年収がある男性は、プライドが高い男性が多いです。

それは良い意味でも、悪い意味でも。

 

だから自分が手綱を握っていなければ気が済まないのです。

 

ここで問題が1つ。

 

もし男性に合わせることができない女性や、納得できないことはハッキリ言わないと気が済まない女性は、年収1000万越えの男性とは相性が合わないでしょう。

 

もちろんハッキリ自分の意見を述べられる女性は、素晴らしいし魅力的です。

だから他のタイプの男性を探すことをおすすめします。

 

主張はしないが自分の考えはしっかり持っている

つまり頭の良い女性です。

年収1000万越えの男性と結婚するなら、考え方がしっかりとした女性でないと手に負えません。

 

でも決して自己主張はしない。

 

「内助の功」を完璧にこなせる女性であることが必要です。

考えや意見はしっかり持ち、頭の回転も速いけれど、それをひけらかすことがない控えめな女性。

 

何かの意見を求められたら即答することができ、夫の仕事が成功するように完璧なサポートができる女性です。

 

ファッションセンス・完璧な家事・好感度が必要

 

サポートというのは、ファッションセンスはもちろんのこと、家事全般も当り前。

人当たりが良く、好感度の高いタイプが良いでしょう。

 

ファッションセンスは、公の場に出る時にふさわしいネクタイなどをサッと選べることや、スーツの選び方も重要です。

 

家事全般は、健康管理のための料理や快適に過ごせる空間をつくり上げる努力が必要です。

 

そして好感度が高いと、家で過ごすときに安らぎや癒しを与えることができます。

家でゆっくりくつろげるということは、休養がとれて仕事に精を出せるということにつながるのです。

 

女性らしい品格は仕事でも使える

年収1000万超えの男性と結婚できるくらい女性らしい品格を持ち合わせている女性は、仕事でも活躍できるはずです。

 

まだまだ日本は男社会ですから、男性との差別化によって対等な立場を手に入れることができます。

 

しかし実際の社会を見てみると、男性と同じように競争心丸出しで仕事をしている女性が多いように感じます。

それではいつか女性は負けてしまうでしょう。

だって体力的にも、それ以外の部分でも男性には勝てないからです。

 

それに長い間キャリアを積み上げてきた女性は、女性の顔ではなく、仕事の顔になっていることが多いです。

つまり男性ウケが悪い。

女性らしさに欠けているということです。

 

だから恋愛や結婚をするにも、仕事をするにも、女性らしい品格が必要とされているのです。

 

一応言っておきますが、一般的に言われている「女を武器」にして仕事をするという意味ではありませんのでご注意を。

 

結婚するまでより結婚してからが本当の勝負

年収1000万越えの男性とめでたく結婚できたとしても、本当の勝負は結婚してからです。

(別に勝負ではありませんが……)

 

結婚生活は毎日毎日、一生続きます。

だから、とってつけたような即席の品格ではもちません。

いつかギブする時が来ます。

 

本質的な部分を改革しなければいけませんので、最低でも数年はかかるでしょう。

人間はそんな簡単に変わることはできません。

 

でも本気で年収1000万越えの男性と結婚したいと思うなら、今すぐ行動に移す必要がありますよ。