読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちの道

あなたの今日がちょっぴり幸せになるように

スポンサーリンク

朝起きると腰が痛いのは布団が原因かも!頭痛もするなら病気の危険も

朝起きた瞬間に「あっ、腰が痛い!」と思うことはありませんか。

痛すぎて、まともに起き上がれない人もいることでしょう。

それは布団が原因かもしれません。

 

また寝方や枕なども関係している場合があります。

快適な朝を迎えるためにも、快適な睡眠環境を整えましょう。

 

朝腰が痛いのは布団の質に原因がある

f:id:m-danjyo:20161205123846j:plain

あなたはどのような布団で寝ていますか?

それともベッドですか?

 

布団の場合でも、ベッドで使っているようなマットレスを敷いている人もいることでしょう。

その場合には敷布団よりも、マットレスの質や硬さに原因があると考えられます。

 

反り腰やお尻が大きい人は低反発がおすすめ

高反発やスプリングが硬めのマットレスは、体が沈み込まないので、まっすぐな状態で眠ることができます。

でも体型によっては、これが腰痛の原因になると考えられます。

 

腰が反っていて、お尻が突き出している「反り腰」の人は、仰向けに寝ると腰がまっすぐになりません。

また太ってお尻が大きい人も、お尻のお肉があることで、仰向けに寝ると腰が反ってしまうと考えられます。

 

このような人は、体の重みで沈み込む「低反発のマットレス」を使った方が腰に負担がかからないと言えるでしょう。

 

それ以外の人は、「高反発のマットレス」がおすすめです。

低反発の布団で寝てしまうと、重みのあるお尻の部分が沈み込んでしまい、仰向けで寝ると腰が曲がった状態になってしまいます。

 

このように、体型によって高反発か低反発かを決めると良いでしょう。

 

掛け布団は重すぎず暖かいものを選ぶ

朝起きて腰が痛い人は、掛け布団が重すぎて負担がかかっているとも考えられます。

羽毛布団なら軽いのに保温性が高く、冬でも重宝する高級布団です。

 

でも軽すぎて落ち着かないという人もいることでしょう。

ワタシがまさにそのタイプです。

貧乏性ですね……。

ある程度は重みがないと、「布団を掛けてる」って感じがしないんです。

 

でも掛け布団が重すぎると、肺を圧迫して呼吸がスムーズにできなくなります。

そうなると安眠できないで疲れがとれなかったり、布団の重みで筋肉が充分にゆるまないと考えられるのです。

 

だから布団はいくらか軽めのものを選んで、カバーを暖かいものにすると寒さをしのげますよ。

最近は掛け布団も敷布団も、「あったかカバー」的なものがたくさん売っています。

質の良いものを選べば、本当に驚くほどあったかいんです。

 

ウチはすきま風がピューピューで、暖房をつけてもほとんど暖まらないという驚異的なボロ家です。

湯たんぽを使っても寒くて眠れない程だったのに、去年からは湯たんぽがいらないくらい暖かく眠れるようになりました。おすすめですよ。

 

というのも、寒い時って筋肉が緊張状態で硬くなっていますよね。

寝ているときにそのような状態だと、休息が取れないばかりか、腰痛や肩こりの原因にもなると考えられます。

 

寝る時は快適な温度で、寒くないように眠ることが大切なんですよ。

 

枕が原因で肩こりになると連動して腰痛になる

肩こりになると、なぜか腰痛も同時に起きることってありませんか?

これは枕の高さが原因なのかもしれません。

 

枕が高さが適正でないから、寝ている時の姿勢が不自然になってしまうことが原因です。

また朝起きたときに首が痛いと、枕の高さが合っていない可能性がかなり高いです。

 

もし高すぎて首が折れ曲がっている状態だと、喉の部分を圧迫して呼吸が苦しくなることが考えられます。

とくに朝起きたときに「頭痛」がする人は、早急に枕を変えることをおすすめします。

 

朝起きて頭痛がするなら病気の危険も…

朝起きて頭痛がするなら、「睡眠時無呼吸症候群」になっているかもしれません。

この病気は寝ている時に無呼吸状態になることで、心臓に多大な負担がかかっていると考えられます。

そのため、ちょっと動いただけでも息切れがするという特徴があります。

 

また無呼吸状態のときには脳に酸素がいかないので、朝起きたときに頭痛がするのです。

自分では気づけないことが多いので、誰かにいびきを指摘されたら「睡眠時無呼吸症候群」を疑った方が良いかもしれませんよ。

症状が当てはまるようなら、今すぐ枕を変えましょう。

 

おすすめなのがコチラの「フランスベッド スリープバンテージピロー」です。 

 

何を隠そう、ワタシはこれで寝ています。

すでにリピート買いしていて、2個目を使っているところです。

 

使っているといつの間にか潰れてしまうので、数年に1回買い変えると良いでしょう。

まぁ、寄りかかったりしてしまうので、ワタシの使い方が悪いとも言えますけどね。

 

 睡眠環境は健康に大きな関わりがある

睡眠中は成長ホルモンと呼ばれる物質が分泌され、体のあらゆる部分を修復してくれると言われています。

そのため良質な睡眠は、健康に欠かせないのです。

 

寝具や温度によって、快適な睡眠を手に入れることができますから、今使っているものを見直してみましょう。

 

朝起きたときに腰が痛いとか、頭が痛いとなると、一日を活動的に過ごせなくなります。

もちろん仕事にも支障をきたすでしょう。

 

それらの不調を回復させるために免疫力を使ってしまうと、風邪をひきやすくなったり、他の病気を引き起こしたりすることだってあるかもしれません。

 

だから睡眠をあまく見てはいけませんよ。