みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

肩こり解消マッサージのやり方|毎日のストレッチやツボ押しも効果的

肩こりを解消するためのマッサージ方法は、原因を知ることで解消法がわかります。

現代病とも言えるほど、肩こりに悩んでいる人は多いはずです。

そこで自分でできるマッサージ方法と、ストレッチやツボ押しもご紹介します。

 

そもそも肩こりの原因って何?

肩こりになりやすい行動は、デスクワークなど同じ体勢を続けていることです。

また普段から可動範囲が狭いことが原因でもあります。

 

つまり、ほとんど動かさないことが原因と言えるでしょう。

 

では動かさないと体はどうなっていくのか。

それは血行不良が起きているのです。

 

筋肉がこり固まっている部分は、血行が悪くなると考えられます。

要するに

 

「動かさない」→「筋肉が固まる」→「血行が悪くなる」→「こりや痛みが出る」

 

というメカニズムが完成します。

 

さらに最大の原因として、非常に重い「頭を支えている」ことです。

重いものを支えると、筋肉は緊張状態になります。

常に緊張状態にあるわけですから、筋肉がこるのも無理はありません。

 

筋肉が緊張して血行が悪くなる原因として考えられるストレスも、肩こりの原因となるでしょう。

ストレスが溜まると筋肉が緊張し、血行が悪くなります。

 

イライラした時に頭に血が溜まっている感覚になることはありませんか。

よく「頭に血がのぼる」と言いますよね。

顔や頭に血液が集中して熱くなり、手足などの末端の血流がとどこおるのです。

だからイライラしたときは、手足が冷たくなっているはずですよ。

 

ではどうすれば肩こりにならないのか。

それはマッサージやストレッチ、ツボ押しなどで血行を促進させることが一番だと考えられます。

つまり筋肉を動かしたり、意図的にほぐすことが必要なのです。

 

肩こりを解消するマッサージとストレッチのやり方

f:id:m-danjyo:20170529154509j:plain

ではさっそく肩こりを解消するマッサージのやり方をご紹介しましょう。

 

肩に力が入っている状態だと、充分にほぐれない可能性があります。

一人でやる場合にはつい力が入ってしまいますが、なるべく揉みほぐす方の肩は力を抜いておきましょう。

 

またお風呂上がりなどの体が温まっていて、血行が良くなっているときにマッサージすると効果が期待できます。

 

肩甲骨を動かす

「肩甲骨はがし」というのが流行りましたよね。

肩甲骨を動かすと褐色脂肪細胞が活性化されて痩せやすくなるとか言われていました。

 

じつはこれ、肩こり解消にも効果絶大だと考えられるんです。

やり方は簡単。

 

手を後ろで組んで、肩甲骨と肩甲骨をくっつけるイメージで胸を開きましょう。

 

もし肩の関節なども固くなっている人は、急に無理してやると肩こりを解消する前に、肩の関節を傷めてしまいます。

 

「ポキっ」とか鳴った人は、気をつけてください。

その場合には、肩を回すことからはじめてみましょう。

 

鎖骨を指で押さえながら、肩をグルグルと回します。

肩こりは肩周辺の筋肉が固まっているということなので、肩の前側である「鎖骨周辺」や、肩の後ろ側である「肩甲骨」を動かしたり刺激することが有効だと考えられます。

 

 鎖骨周辺のリンパを流す

肩こりを解消するには、鎖骨周辺にあるリンパを流すことも効果的だと考えられます。

リンパは全身に張りめぐらされていますが、左鎖骨が終着地点と言われています。

左鎖骨の上のくぼみに、人差し指の第一関節まで入らないようなら、リンパの流れがとどこおっていると考えられます。

 

左鎖骨の上下のリンパを流しましょう。

リンパはとてもデリケートです。力任せにマッサージすると内出血してしまうのでご注意を。

さするような感じでマッサージしてください。

 

血流もリンパも一ヶ所だけ流しても本当の意味で良くなりません。

全身の血行やリンパの流れを促すことが、結果的に肩こり解消にもなると考えられます。

 

腕を伸ばす

肩こりを解消するには、肩の筋肉をやわらかくする必要があります。

 

筋肉を縮めて、ゆるめるの繰り返しをすることで、筋肉がほぐれていきます。

 

イスや座いすに座ったら、姿勢を真っすぐにして背もたれに寄りかかります。

そのまま両腕を上に伸ばしましょう。

耳よりも腕が後ろにある状態で伸ばします。

この時に背もたれに体重をかけ、背もたれでロックするような感じです。

 

そのまま5~10秒くらい伸ばしましょう。

伸ばしたら今度は脱力します。普通の体勢に戻るだけでも大丈夫です。

これを3回くらいやると、肩の血行が良くなったのが分かります。

肩がスゥースゥーする感じがしたら、血行が良くなった証拠です。

 

肩こりを解消するツボ押し

肩こりを解消するツボ押しは、肩にもあるのですが、自分でやるのはちょっとむずかしいですよね。

もちろんできないこともないですが、自分でやると力が入ってしまいますので効果が半減してしまいます。

 

その場合には手にある肩こりのツボ押しをしてみましょう。

 

第一頸頂点

f:id:m-danjyo:20170529154547j:plain

更年期に効く ツボ⑤肩コリ・首のコリ

 

肩こりを解消するツボは、人差し指と中指の骨が交差する少し手前のくぼみにある「第一頸頂点」です。

首から肩にかけてのコリを楽にしてくれるでしょう。

 

肩に触れていないのに、スゥーっとしてくるのを感じるはずです。

 

第二頸頂点

肩こりを解消するツボは、薬指と小指の骨が交差する少し手前のくぼみにある「第二頸頂点」です。

 

こちらも第一頸頂点と同じような効果が期待できますが、両方のツボを押すことでツライ肩こりが解消できると考えられます。

 

肩こりを解消するには毎日ほぐすことが効果的

肩こりを解消させるには、毎日継続してほぐすことが効果的です。

たった一日やっただけでは、一時的な効果しか得られません。

 

とくに年齢を重ねると、筋肉が硬くなりやすいと言われています。

だから毎日やらないと、すぐにこってしまうのです。

 

ストレッチで筋肉を動かしたり、マッサージで血行を促したり、ツボ押しでツライ痛みを解消していきましょう。