みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

他人の不幸は蜜の味!仕返しや復讐は永遠に繰り返される

人に何かされたら、仕返ししてやりたいと思いますよね。

でもそれをすれば相手はあなたに仕返しを考えます。

そしてあなたがまた仕返しをする……。

 

これがどこまで続くのでしょうか。

そんなことを考えるよりも、幸せオーラをまとってふんわり生きた方が断然楽しそう!

それに周りに幸せな人が増えれば、自分も幸せになっていくものです。

あなたはどう思いますか?

 

他人の不幸は蜜の味

f:id:m-danjyo:20170529120207j:plain

「他人の不幸は蜜の味」って、聞いたことありますよね?

他人の不幸は、蜜のように甘いという意味です。

 

人間っていじわるですね、他人の不幸が嬉しいなんて。

人間には生まれつき、自分がいちばん良い思いをしたいという欲求があるのでしょう。

 

好きな人に振られたとか、長く付き合っていた結婚目前の恋人と別れたとか、そういう話は親身に聞いているフリして、腹の底では「自分の方がマシで良かった」とか思うのです。

 

あなたはそんな時、どんなことを思いますか?

 

他人が不幸になると、「自分の方がまだ幸せだ」と感じて、自分をなぐさめることがあるかもしれません。

他人と自分を比べることで、自分が優位に立ったような気分になるのです。

 

でも、それって本当に幸せなのでしょうか?

 

一時的には自分が優位に立ったような気分になるかもしれません。

でも何もない人生よりも、悲しみや苦しみがある人生の方が実りは多くあります。

 

それを考えずにその場限りの人生を送っていたら、きっと中身のない一生になることでしょう。

他人の不幸を喜んだ瞬間から、あなたの幸せオーラは消えてなくなります。

 

もしあなたに対してひどい事をした人が不幸になったら、自業自得だと思うでしょう。

それはそれでいいのです。

だって本当に自業自得ですから。

 

それくらいなら、思ってもいいのです。

一点の曇りもなく、きれいな心になれる人なんていません。

 

人間には、美しい面もあれば、汚い面もあります。

時には、汚い面も認めなければいけません。

それが、人間なのですから。

 

だからと言って他人の不幸を喜ぶのは、極めて美しくありません。

他人の不幸を喜ぶ心が醜いのです。

 

幸せオーラは自分を輝かせる

幸せを手に入れるためには、相手の気持ちを考える、相手の立場に立って考えることが必要ですよね。

実際のところ、その人が不幸になったからといって、あなたが本当の意味で幸せになれるわけではありません。

 

幸せオーラって、自分を愛し、他人も愛する人のところで輝きます。

そういう人って、穏やかで何かいつも幸せそうですよね。

そういう人になりたいものです。

 

幸せオーラを手に入れて幸せになるためには、まず自分を好きになることです。

他人の不幸を喜んでいる自分を好きになれるはずがありません。

 

それは自分でも醜いと自覚しているはずです。

心のどこかではね。

 

他人は他人、あなたはあなたです。

他人の幸せがあなたのものになるわけではありません。

 

もちろんその気持ちを共有することで、心を動かされることはあるかもしれません。

でも、それであなたに起こる出来事が変わるわけではありませんよね。

 

あなたの行動が変わることによって、あなたに起こる出来事が変わるならあるかもしれませんね。

 

仕返しや復讐は永遠に続く

もし、あなたに何らかの不幸が訪れた時、それを喜んでいる人がいたら、どう思いますか?

過去にあなたがひどい事をした相手だった場合でも、怒りに震えるのではないでしょうか。

 

それが相手のあなたに対する仕返しです。

でもあなたは、相手のその態度によってまた仕返しをしたいと感じますよね。

 

仕返しや復讐というのは、終わることがありません。

いつまでも、どこまでも続いていきます。

そんな醜い人には、ならないでください。

 

たとえ傷つけられたとしても、仕返しをするのは美しくないのです。

あなたを傷つけた人がいるなら、静かに去ることです。

その人は、必ずどこかで不幸になるはずです。

 

信じられないかもしれませんが、人生はそういう風にできているのです。

安心してください。

 

あなたが仕返しをしなくても、いつかその人は報いを受けるでしょう。

 

自分だけが幸せより、皆が幸せの方が絶対に楽しい

仮に自分だけが幸せになったとしましょう。

でも周りの人は皆不幸なのですから、イライラしたり暗い表情をしています。

 

あなたが楽しそうにしていれば僻むでしょうし、ただそこにいるだけで恨まれるかもしれません。

それって、あなたも楽しくないですよね。

 

この世の中に幸せな人が増えれば、皆が幸せになれるのです。

自分だけが幸せになろうと欲を出してしまえば、その時点で幸せではなくなります。

 

皆で一緒に幸せになりましょう。