読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちの道

あなたの今日がちょっぴり幸せになるように

スポンサーリンク

旦那が嫌いな妻たちは秘かな復讐を試みる!離婚できない本当の理由

旦那が嫌いな妻たちは、一体何を考えていると思いますか?

そもそも何で旦那を嫌いになったのでしょう。

それは日々の接し方の中にヒントが隠れています。

 

そして妻たちはどんな復讐を試みているのか。

修復する方法も少し触れていきますよ。

 

旦那が嫌いな妻たちの離婚できない本当の理由

f:id:m-danjyo:20161222222433j:plain

子どもを一人で育てる自信がない

離婚できない理由としていちばん多いのは、「子どもがいるから」ではないでしょうか?

それは生活が苦しくなるという経済的理由もあれば、一人で面倒をみるのは大変という物理的理由もあるでしょう。

 

一人で育てるとなると、母親と父親の両方の役割をしなければいけません。

子育てに積極的でない旦那でも、やっぱりいるのといないのとでは全く違うんですよね。負担の量が。

 

だからどうしても離婚に対して二の足を踏んでしまうのです。

それに子どもが片親を理由にいじめられることもあるかもしれません。

子どもに肩身の狭い思いをさせたくないというのは、母親として当然の気持ちでしょう。

 

でもそれ以上に考えていることと言えば、「今の生活レベルを落としたくない」という見栄ではないでしょうか。

それなりの収入がある旦那なら、離婚することで貧乏生活を余儀なくされます。

それだけは、どうしても耐えられないのでしょう。

 

親に離婚したことを責められるのが面倒くさい

妻は離婚したいと思っていても、離婚したことを親に責められるのが面倒くさいと思っている可能性も高いです。

離婚したら実家で子育てをした方が効率的ですから、子どもと二人で暮らすよりも実家に戻った方が金銭的・物理的にも都合が良いのです。

 

でも親にあーだこーだ言われるのが面倒くさいから、実家には帰れない。となると「離婚しない方がマシかな」と妻は考えるのです。

親戚の集まりに出ようものなら、「○○ちゃん、何で離婚しちゃったの?公務員の旦那さんなんて、そうそう出会えないのに」とか言われるのです。

 

友人に「離婚したんだって!」と嬉しそうにネタにされたくない

離婚したいけどできない妻は、友人に「へぇ、離婚したんだ」と直接言われるのもさることながら、陰で「離婚したんだって!」ヒソヒソやられるのが嫌なんです。

しかも人の不幸を喜ぶかのようにネタにされるのはごめんです。

 

だから何とか離婚を踏みとどまっている人もいることでしょう。

人間というのは、本当に人の不幸が大好物ですからね。

しかも甲斐性のある旦那さんだったのなら、尚更です。

 

結婚した時は「おめでとう!」と言いながら苦虫を噛み潰したような顔をしていたのに、離婚したと聞けば「大変だったね」と心配したフリをして、裏で舌を出しているのが想像できます。

女の世界は、男が思っている以上に恐ろしいものですよ。

 

旦那が嫌いな理由

妻が旦那を嫌いな理由はいろいろあるでしょう。

浮気をしたのなら嫌いになるのも当然ですが、これといった出来事もないのに嫌いになることもあります。

夫婦は毎日一緒にいるわけですから、嫌な部分を見ないわけがないのです。

 

でもどこかに幻想を抱いていて、幸せな夫婦像や理想の家庭像を思い描いているのでしょう。

それとマッチしないと不満を抱くのです。

それはもちろん夫にも問題があります。

 

自分は何も家事を手伝わないくせに、文句だけは言うのです。

妻は仕事もしながら家事も育児もこなしているのに、その苦労は平気でスルーします。

それは妻がやる仕事だと思っているのでしょう。

 

夫婦は協力し合って生きていくもの。

旦那は外で仕事しているから偉いというなら、妻に専業主婦をさせなさい。

そして専業主婦に対する対価を払いなさい。

 

こんなことを言うと、「これだから女は…」という声が飛んできそうですが、それくらいの稼ぎがある男性なら文句を言う権利があるということ。

そうでないならむしろ家庭を支えている妻に感謝すべきでしょう。

 

旦那が嫌いだけど離婚できない妻たちの復讐とは?

f:id:m-danjyo:20161222222555j:plain

旦那に浮気されたなら自分も浮気する

これはかなりリスキーな復讐です。

「やられたらやり返す」の精神で実行してしまうのは、あまりにも危険すぎるでしょう。

いくら浮気した旦那でも、許せる仕返しと許せない仕返しがあります。

 

というのも、女性と男性の浮気では意味が違うからです。

そんなの不公平だという声が飛んできそうですが、それが現実です。

女性は性に対して受け身ですし、妊娠のリスクもあります。

 

またいくら遊び人の女性でも、心がまったくない男性とは肉体関係にはなれないものなのです。

それに比べて男性は、何とも思っていない女性と関係を持てます。

これは不公平とかどうこうの問題ではなく、事実として受け入れるしかないでしょう。

 

料理や洗濯などの家事を放棄する

旦那が嫌いな妻の復讐は、料理や洗濯などの家事を放棄することです。

掃除は子どもや自分が住んでいる環境のためにやります。

でも旦那の晩ご飯や旦那の洗濯などを放棄することはあるかもしれません。

 

「帰りにお弁当買って来て」

とか言われたら、旦那さまは嫌われている可能性大。

もう少し妻を大切にした方が良いかもしれませんよ。

 

子どもを味方につけて無視する

旦那が嫌いな妻は、子どもを味方につけて旦那を無視することもあります。

旦那のいない間に、悪口を吹き込んでいる可能性も高いですね。

でもそれは、何か問題があるのかもしれません。

 

子どもはお母さんが大好きですから、お父さんに勝ち目はありません。

もしかしたら「子どもが高校を卒業したら離婚する」と決めている妻もいるかも。

それを回避するには、妻との関係を今すぐ修復する必要があります。

 

心当たりがないのなら、夫婦で会話する時間をつくりましょう。

不満があるのなら、お互いに言い合うのです。

初めはあまり打ち明けないかもしれませんが、旦那が歩み寄ることで妻も次第に心をひらくでしょう。

 

途中であきらめてはいけません。

話し合いができるまで粘るのです。

それは妻のためではなく、自分のためなのです。

妻の機嫌が良いと、家庭内が明るくなりますし、妻が不機嫌なら、家庭内は暗くなります。

 

仕事で疲れて帰るのは、どちらの家が良いですか?

言うまでもありませんね。

 

妻との関係を修復するには会話を増やすこと

夫婦がうまくいかなくなる原因は、会話がなくなることが一番大きいです。

そこから次第にセックスレスに発展することも少なくありません。

夫婦と言えども相手の考えていることまではわからないものです。

 

だから会話がないと修復できるはずがないのです。

不満が爆発すると、離婚は免れないでしょう。

そうなる前に妻との会話の時間をつくりましょうね。