読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちの道

あなたの今日がちょっぴり幸せになるように

スポンサーリンク

加齢臭はおやじだけの悩みじゃない!女性も男性も予防と対策が必須

加齢臭は、おやじがなるものだと思っていませんか?

実は女性でも加齢臭はあるんです。

 

では加齢臭は、どんな臭いなのでしょうか?

また加齢臭が発生する年齢は、いつ頃からでしょうか?

 

詳しくご説明しますね。

 

加齢臭ってどんな臭い?

f:id:m-danjyo:20161228152556j:plain

加齢臭って漠然としていて「おやじ臭」とか呼ばれていますよね。

ではおやじ臭ってどんな臭いでしょう?

 

いくつか種類があるのですが、鼻にツンとくるような「アンモニア臭」が代表的かもしれません。

そして卵が腐ったような臭いの場合もあれば、古くなった油のような臭いの場合もあります。

 

とにかく周りの人を不快にさせますから、できるだけ早く体質改善する必要がありますね。

でもなかなか自分では気づかない加齢臭。

 

自分でチェックする方法は、自分の服のにおいを嗅ぐことが一番です。

そして枕や毛布などの直接肌に触れる寝具が、最もわかりやすいかもしれません。

 

奥さまは旦那さまの加齢臭に気づいたら、教えてあげましょうね。

きっと本人は気づいていないですから。

 

加齢臭の原因は?

加齢によるホルモンバランスの乱れ

加齢とともにホルモンバランスは乱れます。

これは女性だけなく、男性も同じです。

最近は男性でも「更年期障害」があるくらいですから。

 

ホルモンバランスが乱れるとどうなるのか。

それは体のさまざまな機能が正常に働かなくなります。

 

つまり汗を出す機能や内臓を健康に保つ機能などです。

疲労回復や基礎代謝などもそうですね。

 

しっかりと睡眠をとることで、成長ホルモンが活発に働き、体の様々な部分を修復してくれることでしょう。

 

加齢によりノネナールという物質が臭いの元となる

加齢臭が発生する原因は、加齢とともに分泌量が増える「ノネナール」という物質が元になっています。

ノネナールは年齢を重ねるほど分泌が盛んになると言われていますので、年齢とともに加齢臭がきつくなってくると考えられます。

 

だから今のうちに何かしらの対策をとっておかないと、年を取ってからもっと臭いに悩むことになるかもしれません。

 

喫煙や肉食など生活習慣による影響が大きい

加齢臭が発生する原因は、喫煙や食生活などの生活習慣が大きく左右しています。

とくに喫煙者は体に有害物質を摂り込んでいるわけですから、体内に活性酸素が溜まっている状態です。

 

活性酸素とは、さまざまな病気の原因になる元。

これが増えると病気になりやすいのはもちろん、美容にも良くないんですね。

 

体臭をきつくしたり、肌荒れを起こしたりします。

精神面にも影響がある場合もあることでしょう。

 

この活性酸素を除去するには、ポリフェノールを摂取することが一番です。

つまり「抗酸化作用が高いものを摂る」ということです。

 

加齢臭ってどこから臭うの?

加齢臭が臭う場所は、「頭皮」が一番だと思いますよね。

でも実は頭皮だけではないんです。

 

おもな場所としては、耳の後ろや脇の下などからも臭うと言われています。

またバストトップやデリケートゾーン、足からも臭うんです。

 

これはワキガの臭いが発生するのと同じ場所です。

というのも、ワキガも加齢臭も皮脂腺が多い場所から発生するからです。

 

つまりその場所をしっかり洗って清潔にすることで、加齢臭は抑えられるということになりますね。

 

加齢臭が発生する年齢は?

加齢臭が発生する年齢は、だいたい30代後半から40代くらいだと言われています。

意外と早いですよね。

 

その年齢は、まだ加齢臭とは無縁だと思っているはずです。

だからショックで余計に悩んでしまうことも多いのでしょう。

 

そのストレスが、また加齢臭を増長させる原因にもなります。

あまり考えすぎないで、健康を保つことを考えましょう。

そうすれば、自然と加齢臭も弱くなってくるはずですよ。

 

加齢臭の予防と対策

運動をして汗をたくさんかく

f:id:m-danjyo:20161228153001j:plain

加齢臭を予防する対策は、運動をしてたくさん汗をかくことです。

汗をかく方法はたくさんあります。

 

  • お風呂の湯船に浸かって汗をかく。
  • 発汗作用のある食べ物を食べる。
  • 暖かい服をたくさん着る
  • 温かい食べ物を食べる
  • 運動をして体を温める
  • サウナに入る

 

この中で一番効果が高いのが、「運動をして汗をかく」ことなんです。

運動以外の方法で汗をかいても、汗腺はそれほど大きくなりません。

 

でも運動をして汗を大量にかくことで、汗腺が鍛えられます。

「じゃぁ、サウナでも良いんじゃない?」

と思いますよね。

 

サウナと運動の違うところは、筋力を鍛えること。

筋力を鍛えると、血行がつねに良い状態になりますので、発汗を促しやすくなります。

 

また脂肪が減少することで、体内に溜まっていた老廃物を排出しやすくなるのです。

というか、老廃物が溜まりにくくなりますね。

 

ホルモンバランスを整えるような生活習慣にする

加齢臭を予防するための対策は、ホルモンバランスを整えるような生活習慣をすることです。

その要となるのが「睡眠」「食生活」「運動」「精神安定」です。

食生活は次にご紹介しますので、他をご説明します。

 

「睡眠」は、体の機能を正常にするために必要不可欠な生活習慣です。

睡眠中に体の修復を行い、疲労を回復させます。

ホルモンバランスを整えるには、睡眠がとても重要だと言えるでしょう。

 

「運動」は、血行を促進し、体温を高め、筋力をアップすることに役立ちます。

「運動するのと同じ効果が得られる」などという謳い文句でダイエットを勧めていることも多いですが、運動に勝るものはありません。

 

「精神安定」は、いわゆる「リラックスする」ということです。

ストレスが体臭の原因になることもありますので、ストレスを溜め込まずリラックスして過ごすことも必要です。

 

そしてストレスは、「睡眠」を妨げてしまいます。

するとなし崩し的に全てが台無しになってしまうので、ストレスは大敵ですよ。

 

体臭を抑える食生活を心がける

加齢臭を予防するための対策は、体臭を抑える食生活を心がけることです。

体臭を抑える食べ物は、便秘解消効果のある食べ物です。

つまり体内の老廃物を排出できる食べ物を食べることです。

 

代表的なのは、ヨーグルトなどの乳酸菌や納豆などの発酵食品です。

そしてキノコや根菜などの繊維質のものや、海藻も良いですね。

 

とくに体臭に効果があると言われている食べ物は「めかぶ」です。

スーパーで良く3パックセットになって売っていますよね。

それを毎日に食事に摂り入れてみましょう。

 

髪の毛はしっかりシャンプーして良く乾かす

加齢臭がもっとも気になるのは、やはり頭皮ですよね。

予防と対策としては、ジャンプーをしっかりやること。

 

まず髪の毛を充分濡らします。

「まだやるの?」というくらい、軽くこすりながらしつこく濡らします。

実はお湯で洗うだけで、髪の毛の80%の汚れが落ちると言われているそうです。

(ヘッドスパの美容師さんに聞きました)

 

髪の毛を濡らしたつもりでも、実は頭皮までは濡れていないことが多いんです。

その状態でシャンプーをしても、頭皮の汚れまでは落せていないことが多いんだとか。

 

正しいシャンプーの方法がわかれば、頭皮から加齢臭が臭うことはなくなりそうですね。

 

加齢臭は対策がわかれば怖くない

加齢臭が大きな悩みになってしまう人もいますよね。

でも予防と対策がわかれば、恐れることはありません。

とにかく毎日しっかりと清潔にして、衣類もしっかりと洗濯しましょう。

 

代謝が悪くなる冬は、意外と体臭が気になる時期。

体の中から健康になって、加齢臭を吹き飛ばしましょう。