みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

正月太り解消法|リセットに効果的なダイエット方法

f:id:m-danjyo:20170526204046j:plain

正月太りを解消するには、原因を知ることも大事

年末年始の連休で、正月太りになっていませんか?

忘年会や大晦日には、ついお酒を飲み過ぎてしまったり、お正月には、お餅やおせちを食べ過ぎてしまいますよね。

 

連休の解放感もあって食べ続けた結果、無残に太ってしまう人も多いと思います。

そして、連休が終わる頃からダイエット……。

これ、毎年おなじパターンですよね。

 

「また、やっちまった!」というあなたのために、効果的な正月太り解消法をご紹介します。

では、そもそも正月太りの原因は何なのでしょうか?

 

正月太りの原因は、食べ過ぎだけではない?

クリスマスから始まり、楽しいイベントが目白押しの年末年始。

会社の同僚や友人との忘年会に、大晦日の年越しそば。そしてお正月も、何だかんだと食べ通しですよね。

これでは正月太りになるのも無理はありません。

 

でも正月太りは、食べ過ぎだけが原因ではなかったんです。では、他にどのような原因があるのでしょうか?

 

塩分と糖分による「むくみ」

正月太りは、保存食である「おせち」の特徴に原因があります。

 

おせちは昔、保存食として生まれました。健康や幸せを祈願する「縁起」の意味もありますが、冬は食糧が減るため、保存しておく必要があったんです。

長期保存するためには、大量の「塩分」と「糖分」を使用します。昔の人の知恵ですね。

 

ただし、塩分と糖分を摂り過ぎると、体がむくみます。むくむと血行が悪くなり、代謝が低下して太りやすくなるのです。

また年末年始はお酒を飲む機会も多く、体がむくむことによって太る場合が多いです。

正月太りの原因は、この「むくみ」によるものだったのですね。

 

外出しないことによる「運動不足」

年末はともかく、お正月は初詣に行くくらいで、家でゴロゴロしていませんか? いわゆる「寝正月」ってやつですね。

そのため運動不足が、正月太りの大きな原因になります。

外に出てもお店は閉まっているし、寒いからこたつに入ってミカンを食べているほうが幸せですよね。

 

せっかくの連休だし、「日頃の疲れを癒したい」と思っている人も多いことでしょう。

でも、これが正月太りを招いてしまうのです。招くのは、幸運だけにしたいものですね。

では、なぜ毎年のように正月太りを繰り返してしまうのでしょうか?

 

正月太り解消法を早く知りたい人は、この次を先に読んでみてください。

 

毎年のように正月太りを繰り返してしまう理由

わかっちゃいるけど、なぜか毎年のように正月太りを繰り返してしまう人はいませんか? それは正月太り対策が、間違っているのかもしれませんよ。

 

正月太りした後で解消しようとする

多くの人は、正月太りをした後でダイエットに励みますよね。

実はこれが大きな間違いなんです。

 

冬の寒い時期は、体温が下がり、血行が悪くなっています。それと比例して、代謝も下がっているんですね。

だから正月は、もともと太りやすい状態なのです。

 

それに加えて「食べ過ぎ」「飲み過ぎ」「運動不足」のように、太りやすい原因が三拍子そろっています。これによって、更なる代謝の低下を招いてしまうのです。

 

そのため正月太りをしてから対策するのではなく、正月太りをする前の対策が必要なのです。

 

「食べる量を減らせば正月太りしない」は間違い

正月太りしないために、年末年始に食べ過ぎないように注意している人もいることでしょう。もちろん、これも1つの方法ではあります。摂取量が少なければ、多少は太りにくくなります。

でも、ここに大きな落とし穴があるんです。

 

 

多くの人が勘違いしているダイエット方法。それは、「食事制限」です。

食事制限によるダイエットは、効果が出やすい反面、一番リバウンドしやすいのです。

 

「でも、太る前の予防だから良いんじゃない?」と思うかもしれませんが、連休中に食事制限して、正月明けから普通の食事に戻した場合、リバウンドと同じような現象が起こります。

 

しかも連休中に運動しないで代謝が下がっている状態だと、太りやすい体質になっているのです。つまり普通の食事に戻すだけで、どんどん脂肪がついてしまう恐れがあります。

 

正月太り予防のためにしたことが、逆に正月太りを招いている場合もあるのです。

 

新年の抱負を「ダイエット」にすると3日坊主で終わる

年末から忘年会などで太り始めて、新年を迎えたときに「今年こそ痩せるぞ!」と言う人にかぎって、3日坊主で終わっていませんか?

 

新年を迎えると、これから起こるかもしれない様々な予感にワクワクしますよね。でも新年の意気込みは、長くは続かないものです。

とくに「ダイエット」を新年の抱負にしてしまうと、なかなか痩せられなくて、断念してしまうことが多いのです。

 

ではなぜ、なかなか痩せられないのでしょうか? それは年末年始の間に、太りやすく痩せにくい体質に変化してしまったからです。

正月太りを解消するには、連休中に落ちた代謝を、元に戻さなくてはいけません。これが、いちばん大変なのです。

 

では、どうしたら正月太りで落ちた代謝を元に戻すことができるのでしょうか?

 

正月太りの解消法とは?

正月太りの解消法は、とにかく代謝をアップさせることが大切です。

年末年始の「食生活」と「運動不足」で低下した代謝を、いち早くアップさせる必要があります。そのためには、何をすれば良いのでしょうか?

 

1日1時間の運動で代謝をアップさせる

正月太りの解消法は、運動で代謝をアップさせることです。

 

 

できれば年末のうちから運動をして、代謝がアップするサイクルを作っておくと、正月太りの予防にもなります。

でも、うっかり正月太りをしてからダイエットするなら、運動をして代謝をアップさせるのが、一番手っ取り早いです。

 

できれば、1日1時間以上の有酸素運動をしましょう。 

短期間で代謝をアップさせたいなら、1時間くらいは運動を継続しないとむずかしいです。

でも、1時間ランニングをするのはキツイですよね。

 

その場合には10分ごとに、ウォーキングとランニングを交互に行うと良いでしょう。

実はこの方法のほうが、効率よく代謝をアップさせることが可能なのです。

 

でも日頃から運動不足だった人や、ぽっちゃり気味の人がいきなりランニングをすると、足や腰などを傷めるので注意が必要です。まずは、ウォーキングを1時間から始めましょう。

 

ストレッチとマッサージで血行促進

正月太りの解消法は、「ストレッチ」や「マッサージ」で血行を促進することです。お酒の飲み過ぎで、むんでいることも多いため、血行を促進することは必須条件。

 

また女性は冷え性の人が多く、体温が低下すると代謝も低下します。そのため、太りやすくなってしまうのです。

とくに冬は冷え性が悪化するとともに、さらに代謝が低下しやすい時期。これではダイエットがうまくいかないですよね。

 

冷え性を改善するには、血行を促進して、体温を上げる必要があります。

血行を促進する方法はいろいろありますが、「ストレッチ」と「マッサージ」がオススメ。毎日のリラックスタイムに取り入れて、「美」を目指しましょう!

 

また「ゆっくりとお風呂に浸かる」ことや「体を温める食べ物を食べる」なども良いですね。

体が温まると免疫力もアップしますので、疲れにくくなったり、風邪予防にもなります。

 

もちろん「運動」も血行促進には効果的です。正直に言うと、運動に勝る血行促進法はありません。

でも冬は寒くて外に出るのが億劫になります。それでサボってしまうくらいなら、自宅で「ストレッチ」や「マッサージ」を継続的にするほうが効果があります。

 

正月太りしないための予防法

そもそも正月太りを予防できれば、年始からダイエットに励まなくて済みますよね。

そこで、正月太りを予防する方法を最後にご紹介します。

 

飲み過ぎが正月太りを招く

正月太りを予防する方法は、飲み過ぎないようにすることです。

とくに高カロリーのアルコールは、注意が必要です。日本酒やワインは、比較的カロリーが高めです。

 

焼酎やウィスキーはカロリーが低めですが、割る飲み物には、糖分が大量に入っています。サワーやカクテルは、最強の高カロリー飲料なんです。

でも、飲み過ぎで太る原因は、アルコールだけではありません。

 

お酒を飲むと酔っぱらいますが、これは感覚が麻痺している証拠。感覚が麻痺すると、満腹中枢も機能しなくなってしまいます。

そのため、たくさん食べたはずなのに、最後にお茶づけやラーメンが食べたくなるのです。

 

しかもこれらは、糖質の塊。すでに食べ物と飲み物でカロリー満タンの状態なのに、そこへ糖質を入れたら、あとは脂肪になる道しか残っていません。

 

またアルコールを分解するために、カロリー消費が後回しになり、食べた物がそのまま脂肪になりやすいのです。ここまで太る条件がそろうと、ちょっと怖くなりますよね。

この恐ろしい正月太りを予防するためには、飲み過ぎないように気をつけることが一番です。

 

おせちとお餅の食べる順番を考える

正月太りしないための予防法は、おせちとお餅の食べる順番を考えることです。

代表的なおせちで考えると、まず食べるのは「お雑煮の汁」や「お吸い物」と「なます」です。

通常の食事で考えると、味噌汁やサラダになります。

 

そして次に「田作り」や「数の子」などを食べましょう。

さらに「黒豆」や「海老」「かまぼこ」へ進み、次は「お煮しめ」や「栗きんとん」などを食べます。

そして最後に「伊達巻き」と「お餅」です。

「長老木(チョロギ)」で締めると体を温める効果があり、血行を促進することができます。

 

このような食べ順だと、それほど太らないはずです。

もちろん食べ過ぎは厳禁ですよ。腹八分目を守りましょう。

 

正月太り対策は、代謝をアップさせるのがカギ!

一番の正月太り対策は、太らないことが一番です。

でも「それができれば苦労しない!」って話ですよね。

だから年末から一足先に、運動を始めておくことが対策になります。もちろん年明けも、運動を継続することが大事です。

 

正月明けからダイエットする人は、1日でも早く代謝をアップさせることがカギになりますよ。バレンタインには、間に合わせたいですね。