みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

離婚したい妻にありがちな行動!その原因と理由を突きとめて円満解決しよう

若い夫婦の離婚率や、熟年離婚も増えています。

弁護士を雇って、裁判に持ち込む夫婦もあるほどです。

そして一度は愛し合った夫婦が、慰謝料について争うことになるのです。

 

原因が分かれば、そうなる前に食い止めることもできますよね。

日頃からオープンに話し合っていれば、早めに関係を修復することもできるでしょう。

 

離婚したい妻が増える原因は何か?

f:id:m-danjyo:20170526202904j:plain

子供が手を離れた頃から、妻たちの心の中でくすぶり始めるのが「離婚したい」という気持ち。

その原因は何なのでしょうか。

「うちは大丈夫!」と思っているあなたも、もしかしたら妻がひそかに離婚計画を立てているかもしれませんよ。

あまり妻を甘く見ないことです。

 

①離婚したい原因は夫が妻に対して無関心すぎる

離婚したい妻が増えている原因は、夫の無関心が大きな要素になっていることでしょう。

夫は「釣った魚にエサはやらない」と言わんばかりに、妻をないがしろにすることがあります。

 

それは多くの妻にとって屈辱なのでしょう。

喧嘩になることは少ないけれど、何か物足りないという感じです。

満たされない感覚です。

 

そのまま夫婦関係を続けても、幸せになれるとは思えませんね。

だから「こんな関係なら離婚した方がマシ」と思ってしまうのです。

 

②離婚したい原因は夫が妻を女として見てくれない

無関心と同様に、女として見てくれないことは、妻にとってツライことです。

重ねてセックスレスの場合には、ストレスや不満も溜まる一方です。

 

夫は外でいろいろな人と関われるけれど、専業主婦の場合には、家に閉じこめられているような感覚になるかもしれません。

子供がいれば良いですが、子供がいないのなら一人ぼっちになったような気持ちになります。

自分の存在意義すら、わからなくなってしまうことでしょう。

 

しかも夫が浮気をしていると知ったら、自分を女として見てくれないのに、他の女にはいい顔をしているなんて考えたくありませんね。

 

③妻が家事や育児をするのが当り前だと思っている

離婚したい原因は、妻が家事や育児をするのが当り前だと思っていることです。

今のご時世、共働きで妻もフルタイムで働いている夫婦も多いはずです。

 

それなのに、妻にばかり負担がかかるのは理不尽な話です。

「俺が稼いでいる」という態度では、夫婦がわかり合えるはずはありません。

 

共働きの夫婦なら、ある程度フェアな関係でないとうまくいきませんね。

でも妻がメインで家事や育児をするのは賛成です。

 

やはり妻が家事や育児を積極的にしている夫婦の方が、円満であることが多いからです。

問題なのは、夫が協力しようとする意志があるかどうか。

そこが一番重要です。

 

離婚したいと思った時の妻の気持ちと行動

離婚したいと思った時の妻の気持ちは、おそらく誰も止められません。

そこに至るまでに色々と考えたでしょうから、離婚したい気持ちが固まってからは、考え直させるのは至難の業です。

 

では離婚したいと思った時の妻の行動は、どんなことをするのでしょうか。

離婚したい妻にありがちな行動は、「無視」することです。

あなたが話しかけても、ほとんど会話をしてくれないでしょう。

 

そしてそれが進行すると、食事を作らなくなったり、洗濯物を自分や子供の分だけするようになります。

もはやお互いにとって、一緒に生活するメリットは皆無ですね。

それは離婚した方が良いのかもしれません。

 

離婚したいけど離婚できない理由とは?

離婚したいと考える妻は増えているものの、結局は離婚できない理由が何かしらあるものです。

考えられる「離婚できない理由」を見ていきましょう。

 

①離婚できない理由はお金が確保できないから

f:id:m-danjyo:20170526202949j:plain

離婚したいけどできない理由は、離婚後の生活資金がないことです。

悔しいけど、夫の収入で今の生活ができていることを痛感する場面ですね。

 

もしくは二人の収入があるからこそ、今の生活ができるという場合もあるでしょう。

いずれにしても、一人になったら生活するためのお金が充分に確保できないということが、離婚を踏みとどまらせているのです。

 

②離婚できない理由は子供に寂しい思いをさせるから

離婚できない理由は、子供がまだ小さくて、寂しい思いをさせたくないからです。

離婚すればきっと「お父さんは?」とか「お父さんに会いたい」などと駄々をこねることでしょう。

 

そのたびに「お父さんは、もういないの」と言って、「どうして?」と悲しそうな顔をされるのもツライですね。

そのように先のことを考えてしまうと、どうしても離婚に踏み切れない気持ちがあるのでしょう。

 

③離婚できない理由は身近に支えてくれる人がいないから

離婚できない理由は、身近に離婚後に支えてくれる人がいないからです。

子供を引き取る場合、誰かの助けなく、たった一人で育てるのはちょっと難しいですね。

 

自分の収入がなければ生活できませんし、かといって子供をほったらかしにすることもできません。

両方を一人でこなすのは、相当な労力と精神力が必要になります。

 

だから身近に、両親などの支えてくれる人が必要です。

そのような人が身近にいないなら、離婚できないと我慢してしまうことでしょう。

 

離婚しないで円満に修復する方法

f:id:m-danjyo:20170526203042j:plain

離婚したい妻の気持ちなどをご紹介してきました。

でも何とか離婚しないで、円満に修復する方法はないのでしょうか。

それはほぼ、1つしか方法はないでしょう。

 

「夫が妻の気持ちを気遣うこと」です。

 

もちろん夫だけが原因ではありません。

妻にも原因はあったのかもしれません。

 

でも、ここまで放置して見てみぬフリをしてきたのは夫です。

それを修復するには、やはり夫が歩み寄るしかないのです。

だって妻は、いつでも離婚する意志が固まっているのですから。

 

それは簡単なことではないでしょう。

でもしっかりと夫婦で話し合えば、解決の糸口は見つかるはずです。

 

これから二人で歩んでいく老後のこと、子供の将来のことなどを真剣に考える時ではないでしょうか。

 

せっかく縁あって一緒に歩み始めた二人ですから、きっと解決できることでしょう。