みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

お正月飾りはいつ処分するの?しめ縄や松飾りの意味と飾る日と場所について

お正月飾りを飾る家は少なくなったものの、まだまだ正月になると玄関に松飾りをつける家も割と見かけます。

 

ワタシの実家は商売をしていたので、玄関には必ず大きな門松がありました。

何かお正月っていう雰囲気が盛り上がりますよね。

サザエさんを見ているようです。

 

スーパーなどでも簡易的なものから、本格的なものまで、正月飾りを販売していますよね。

ではこれらの正月飾りは、いつになったら処分すれば良いのでしょうか。

 

そもそも正月飾りを飾る日っていつから?

f:id:m-danjyo:20170526202129j:plain

 正月飾りは、12月13日頃から飾るのが本当は一般的なんですね。

でも12月25日までは、クリスマス飾りが陣取っていますね。

 

だから最近の常識としては、12月26日~12月30日までに飾るのが礼儀とされています。

誰に対する礼儀かというと、家にやって来る神様に対する礼儀です。

 

というのも、12月31日に飾ると「一夜飾り」と呼ばれ、取って付けたように飾っただけになってしまうからです。

神様をお迎えする準備が、取って付けたようでは困りますね。

 

そしてもう1つタブーとされているのが、12月29日に飾ること。

これは9が「苦」を表すから縁起が悪いとされているからです。

 

ですから正月飾りは、12月30日までに飾りましょう。

正月飾りをつける場所は玄関の他にどこ?

 正月飾りは、玄関には必ず1つ飾るようにしましょう。

しめ縄が最も玄関の扉(外側)に飾るのに適していますね。

 

しめ縄は結界を表しています。

「ここから先は不浄な者の立ち入りを禁ず」という意味が込められています。

だから「神様がいる場所」ということを表しているのです。

 

門松は門の両端に飾るのが一般的ですよね。

玄関よりも外に飾るようにしましょう。

 

鏡餅は家の中で高い場所に飾るのが一般的です。

神棚が適しています。

玄関の中に飾る家も多いかもしれませんね。

販売されている正月飾りの意味を見てみよう

スーパーなどで良く見かける正月飾りの意味を見てみましょう。

それぞれの飾りには、意味があるようなんです。

正月の松飾り

 松飾りは一年中枯れずに青々としていることから、「永遠の命」を表しています。

つまり神様の象徴ということですね。

 

また神様を迎える目印にもなります。

松は神聖なものであり、縁起物とされているのです。

しめ縄

 正月飾りのしめ縄は、豊作を表す縁起物です。

しめ飾りと呼ばれる正月飾りは、輪飾りなどがあります。

 

大掃除をしてキレイにした後に、神棚などに飾ることも多いです。

トイレや台所に飾ることもあります。

正月飾りの赤い実は南天

 正月飾りの赤い実は、南天です。

昔から赤い色は縁起が良く、厄除けの効果があると言われていました。

 

そして南天(なんてん)という呼び名から、「難を転ずる」にかけて縁起物とされるようになったのです。

昔の人は、言葉遊びのような願かけが好きですね。

縁起物はだいたいこのパターンです。

門松

 門松は正月飾りの中でもメインとなる飾りです。

でも最近では、あまり見かけることがなくなりましたね。

 

お正月に神様がやって来るための目印になると言われています。

門松を飾るのは、28日が一般的です。

鏡餅

 鏡餅は、神様へのお供え物として飾られる正月飾りです。

最近はパックになっているので、お餅の乾燥を防ぐことができますね。

 

大小2つのお餅を重ねるのは、年を重ねるという意味があるようです。

お餅の上に飾るミカンは「橙(だいだい)」で、「代々栄える」という意味が込められています。

正月飾りを処分するのはいつ?

 正月飾りを処分するのは、いつでしょうか。

 

神様が来ているとされる「松の内」まで飾っておくのが一般的です。

松の内は1月7日ですね。

 

でも鏡餅は、鏡開きである1月11日まで飾っておきます。

そしてお汁粉などにして頂きますよね。

それもお正月明けの楽しみの一つです。

 

そして正月飾りの処分の仕方は、「どんど焼き」と呼ばれる行事が1月15日に各地で行われます。

そこで一年の家族の健康を祈りながら、燃え上がる炎を見るのも冬の風物詩ですね。

 

正月飾りは神様を迎え一年を無事に過ごす縁起物

昔の人は、縁起を担ぐような風習が本当に多いですね。

日本文化に触れるお正月などは、その風習に触れる機会が多いです。

 

新年から縁起物を存分にフル活用して、ハッピーな一年を過ごしましょう。

これから一年も、元気で楽しく過ごせますように。