みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

【年始の挨拶3つのポイント】会社の朝礼で何を言えばいいの?

「年始の挨拶は何を言えばいいんだぁー!」

と頭を抱えているあなた。

 

会社の朝礼で、年始の挨拶をすることは多いですよね。

そこで、年始の挨拶のポイントをご紹介します。

 

その前に……

明けましておめでとうございます。

 

年末は休めなかったので、元旦くらいは休もうと初詣に行って来ました。

f:id:m-danjyo:20170526201906j:plain

今年のおみくじは「末吉」。

でも大吉より、意外と書いてある内容は良かったですよ。

自分の求めている答えが、そこにあったので満足です。

 

では年始の挨拶について書いていきますね。

 

年始の挨拶を会社の朝礼で言う時の心得

 年始の挨拶を会社の朝礼で言う時の心得を見てみましょう。

一年の始まりにふさわしい、しっかりとした年始の挨拶ができるように練習しておくことです。

年始の挨拶は明るく元気にしよう

仕事初めにする年始の挨拶は、一年の初めの大事な行事です。

そこを正月ボケが抜けていないようなフニャフニャした挨拶では、これからの一年が台無しです。

 

年始はおめでたい時期ですから、明るく元気に挨拶をしましょう。

口の体操と発声練習を軽くやっておく

会社の規模にもよりますが、年始の挨拶が「良く聞き取れなかった」という事態を防ぐために、口の体操と発声練習を軽くやっておくと良いでしょう。

 

家を出る前に、「あいうえお」を口を大きく開けて言います。

口が柔らかくなっていないと、滑舌が悪くなりがちだからです。

 

そして朝は声が出にくいですから、ある程度声を出しておきましょう。

朝礼前にもう一度、口の体操をしておくと良いですよ。

ふざけずに礼儀正しくキビキビと

緊張しすぎると笑ってしまう人がたまにいますが、周りからはふざけているように見えてしまいます。

明るい印象は大切ですが、ヘラヘラと笑ってしまうのは良くありませんね。

 

上司から「ふざけてるのか!」と思われないように、礼儀正しくキビキビと済ませるようにしましょう。

年始の挨拶では3つのポイントを押さえよう

f:id:m-danjyo:20170526201943j:plain

年始の挨拶をするなら、3つのポイントを押さえると話しやすいです。

会社の朝礼は時間が限られていますから、その中でシンプルかつ意気込みを表現することが必要です。

①新年の挨拶をする

年始の挨拶ですから、まずは「明けましておめでとうございます」から始めましょう。

スマートに見えるポイントは、言いながらお辞儀をしないことです。

 

お辞儀をしてから言うか、言ってからお辞儀をしましょう。

これだけでも、しっかりとした社会人のマナーをわきまえている印象を与えることができます。

昨年の反省点を言うのも良いでしょう。

②新年の抱負を掲げる

上司からの印象を良くするためには、新年の抱負を取り入れると良いでしょう。

お正月休みの間に、考えておくと良いですね。

 

またダラダラと話が続く前に、まずは結論から言うこともポイントの1つです。

年始の挨拶では、新年の抱負がメインテーマになります。

その一番言いたいことを最初に言うと、話がわかりやすくなるでしょう。

③誠実に教えを乞う態度を示す

最後は、誠実に教えを乞う態度を示すことです。

簡単に言うと「今年もご指導をよろしくお願いします」ということですね。

 

この言葉を言うだけで、上司からの印象も良くなるはずですよ。

誠実な態度で言うことが大切です。

年始の挨拶はシンプルにわかりやすく

年始の挨拶の一番のポイントは、シンプルにわかりやすく言うことです。

グダグダと話を長引かせるのは、スマートではありませんね。

 

それに聞いている人も飽きてしまいます。

しっかりとあなたの挨拶が印象に残るように、シンプルでわかりやすい言葉で伝えましょう。

 

時間としては、長くても3分で終わるように構成します。

3分なんて、あっという間だと思うでしょうが意外と長いです。

完結に話せば、3分を超えることはほとんどないでしょう。

年始の挨拶【例文】

明けましておめでとうございます。

昨年は先輩方にご指導頂きまして、大変感謝しております。

昨年の反省点は、(ここに反省点を入れてください)でした。

 

それを踏まえて、新年の抱負は(ここに新年の抱負を入れてください)にしました。

(その新年の抱負にする理由を述べましょう)

 

まだ未熟な部分もありますが、精一杯頑張っていきたいと思っております。

今年も一年、ご指導のほど宜しくお願いいたします。

年始の挨拶が一年の仕事を決める

人前で話すことが苦手な人も多いでしょうが、年始の挨拶はとても大事です。

ワタシは以前の仕事で、朝礼の3分間スピーチというのがありました。

 

3分間ピッタリになるように、起承転結を意識した構成を考えるのが課題だったのです。

初めの頃は嫌で仕方なかったのですが、段々慣れてきました。

まずは冒頭で、聞いている人の心を掴むような話題を提供することが必要です。

 

だからネタ探しが大変でしたが、年始の挨拶はテーマが決まっていますので簡単です。

もちろん仕事はそれだけではありませんが、年始の挨拶が一年の仕事を決めると言っても過言ではありません。

 

会社で仕事をする上で、コミュニケーションスキルは必要不可欠ですから、それを磨くためにも年始の挨拶で印象を良くしておきましょう。