読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちの道

あなたの今日がちょっぴり幸せになるように

スポンサーリンク

節分とは何?由来と豆まきの仕方を知って邪気を払おう

節分は、旧歴の大晦日を表します。

これから一年が始まることにちなんで、縁起を担ぐために豆まきをするようになりました。

では節分と豆まきについて、詳しくご紹介していきますね。

 

節分とは、いつのことを言うの?

f:id:m-danjyo:20170115113228j:plain

節分とは、季節を分けるという意味です。

ということは、日本には四季がありますので、年に4回あるはずですよね。

では立春の前日である2月3日のほかに、いつが節分というのでしょうか。

 

立夏・立秋・立冬そして立春のそれぞれ前日が、年に4回の節分です。

旧歴で立春は、一年の始まりとされていました。

つまり2月3日が今で言う「大晦日」だったのです。

 

これから始まる一年に向けて、健康や福を呼び込むために、日本の風習を大切にしたいですね。

 

なぜ節分には豆をまくの?由来を見てみよう

節分と言えば豆まき。

鬼に向かって豆をまきますね。そうです。あの掛け声「鬼は外、福は内」です。

 

節分の豆まきの由来は、室町時代から始まったと言われています。

邪気を払って福を呼び込むのが、豆まきの目的です。

 

大豆には邪気を払う力があると言われている

邪気を払って福を呼び込むのが豆まきの目的ですが、大豆には邪気を払う力があると言われているからです。

鬼に向かって豆を投げますが、鬼の目すなわち魔の目(まめ)という日本人が大好きな語呂合わせが由来です。

 

鬼というのは本来、目に見えないものです。

目に見えないということは、つまり得体の知れない存在を意味します。

 

得体の知れない存在は、悪だと思われていたのですね。

 

豆まきには厄払いのご利益もある

豆まきは家の主か、年男がやるものと言われています。

でも厄年の人が豆まきをすれば、厄払いになり縁起が良いのです。

 

だから家の中に厄年の人がいれば、その人が豆まきをしましょう。

また年男が豆まきをすることは有名ですね。

よく年男の芸能人が、豆まきをしているのを見たことがあるはずです。

 

節分の正しい豆まきの仕方

節分には豆まきをすると言っても、最近ではほとんど見かけなくなりました。

サザエさん一家くらいでしょうか。今でも豆まきをしているのは。

でもワタシは好きなんですよね。日本の風習や季節の行事が大好きです。

なくならないで欲しいと、ひそかに願っています。

 

「鬼は外、福は内」は2回ずつ元気よく

節分の豆まきの仕方は、「鬼は外」と2回言って、家から外に向かって鬼を追い出します。

次に部屋に向かって「福は内」と言って家の中に福を呼び込みます。

 

元気よく掛け声をかけないと、鬼が出て行ってくれません。

でも現実的な話をすると、近所迷惑になりますし、豆の掃除も大変ですよね。

 

そう考える人が多くなり、節分に豆まきをしなくなってしまったのでしょう。

 

年の数だけ豆を食べると福を呼ぶ

節分の豆まきが終わったら、年の数だけ豆を食べると縁起が良いと言われています。

一年間健康で過ごせるためにも、節分の豆まきで縁起をかつぎましょう。

 

でも歳をとればとるほど、豆を食べるのが苦痛になります。

数が多すぎて、豆を食べきれないからです。

しかも豆まきの豆って、美味しくないですよね。

 

だから尚さら食べるのが苦痛です。

そのためか、恵方巻の方がブームとなりました。

あるコンビニの策略でしたけど。

 

炒った豆を升に入れて神棚へ置いておく

節分の豆まき用の福豆は、豆まきをする夜までの間、升に入れて神棚に飾っておくという風習があります。

これは豆に神様の力が宿るようにという意味があります。

 

もし神棚がないのなら、目線よりも高い位置に置いておけば大丈夫です。

 

節分は家族みんなで楽しめる日本の行事

節分は春の訪れを祝う大切な風習です。

最近は豆まきよりも、恵方巻を食べて福を呼び込む方が主流ですね。

 

でも豆まきは、家族みんなで楽しめる行事でもあります。

これから一年の家族の健康を祈って、ぜひ節分を楽しんでくださいね。