読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちの道

あなたの今日がちょっぴり幸せになるように

スポンサーリンク

節分の食べ物はいわしか恵方巻か?柊鰯の魔除けと節分そばの由来

節分の食べ物は、いわしというのはご存知でしょうか。今ではすっかり恵方巻の方が有名になってしまいましたが、昔から柊いわしを玄関先に飾る風習がありました。

では節分の食べ物について、ご紹介していきますね。

 

節分の食べ物はいわしと恵方巻どっち?

f:id:m-danjyo:20170117142240j:plain

節分の食べ物と言えば、あなたは何を思い浮かべるでしょうか。

最近は節分の日に恵方巻を食べる人が圧倒的に増えていますが、いわしを食べる家庭もまだまだあるようです。

 

節分に恵方巻を食べる理由

節分の食べ物は、恵方巻がすっかり定着してしまいましたね。

でも元々は単に「巻き寿司」と呼んだり、「丸かぶり寿司」と呼ばれていました。

 

それが節分の太巻き販売戦略として、セブンイレブンが作ったネーミングは「恵方巻」。

節分に太巻き寿司を丸かぶりする風習はもとからあったものの、恵方巻という名前はセブンイレブンが作ったそうです。

驚きですね。

 

節分に恵方巻を食べる理由は、福を呼び込み、願い事を叶えるためです。

恵方巻の具材は7種類が良いと言われているのは、七福神に見立てているからです。

そして福を巻き込んで、取り入れる(食べる)ことが縁起が良いとされているのです。

 

節分にいわしを食べる理由

節分にいわしを食べる理由は、「柊いわし」を玄関前に飾ることができないから、食べることに変更したようです。

最近は一戸建ての住宅街にせよ、マンションにせよ、玄関先にいわしの頭など飾っていたら、近所からクレームが来るかもしれませんね。

 

野良猫のエサにもなるでしょうし、カラスが狙ってくるかもしれません。

そして寒い時期とはいえ、やはりイワシのにおいも気になりますよね。

 

「柊いわし」は鬼を寄せ付けないための儀式ですが、最近では玄関の外に置いている人は少ないようです。

置くなら玄関の中か、もしくは本物のいわしを使わないようにしているようです。

 

柊いわしは強力な魔除けのお守り

そもそも節分に飾る「柊いわし」って何?と思っている人もいることでしょう。

またの名を「節分いわし」とも言います。

 

節分には、鬼(邪気)が寄りつきやすいと言われています。

というのも、節分は旧暦の大晦日を意味していて、翌日の立春が新年でした。

 

暦の上では立春から「春」ですが、このような季節の変わり目には、邪気が集まりやすいと言われています。

 

そのため鬼を寄せ付けないために、鬼の嫌いなニオイであるいわしを焼いて、柊の葉の鋭いトゲを鬼の目に突き刺して退治するという意味が込められています。

 

つまり魔除けのお守りと言うことですね。

柊いわしを飾る時期は、節分の1日だけでもOKです。

1月16日から節分まで飾るという場合や、節分から2月いっぱいとか、一年間飾るなどいろいろあるようですが…。

 

でも食べ物ですから、なるべく早く片付けた方がいいですよね。

ですから節分のみ家の中に飾っておく場合が多いでしょう。

 

柊いわしの処分方法

片付け方は、お守りや正月飾りと同じように、お焚き上げで神社などに返納するのが良いそうです。

柊いわしは、お守りと同じ役割をしていますので、守ってくれたことに感謝して戻すようにしましょうね。

 

ただ頭だけとはいえ、いわしですから、神社によっては断られることもあるようです。

その場合には、塩で清めてから紙(できれば白)に包んでゴミに出すと良いでしょう。

 

節分そばって何?

節分そばってご存知ですか?

あまり聞いたことがない人も多いでしょうが、節分にもお蕎麦を食べる風習があるようです。

立春は旧歴では元旦ですから、そのことを考えれば節分にそばを食べる訳もわかることでしょう。

まさしく「年越しそば」ということですね。

 

「もう大晦日に年越しそばは食べたよ」

 

と思う人も多いでしょうが、「暦の上で春」という意味では新たな年の幕開けです。

 

縁起を担ぐためにも、年越しそばならぬ、節分そばを食べてみてはいかがでしょうか。

ちょうど恵方巻と良い組み合わせですよね。

 

節分の日にはいわしを食べよう

節分に恵方巻を食べる人は多いでしょうが、ぜひいわしも食べてみてください。

自分の体の中から邪気を退治できるかもしれません。

 

そして恵方巻で幸運を招き入れ、健康で過ごせるために節分そばを食べましょう。

そうして考えると、節分の食べ物って色々あるんですね。

 

節分がますます楽しみになってきました。

いわしは栄養満点ですし、春の訪れとともに一年を健康に過ごしましょう。