みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

現代は引きこもりニートのパラダイス!ネットでお金を稼ぐ方法

引きこもりニートは、何かと非難されることが多いですよね。

その理由は、引きこもりニートのイメージを落としている人たちが存在するからです。

では引きこもりニートになる原因は、どんなことでしょうか。

また引きこもりでもお金を稼ぐ方法はあるのでしょうか。

 

引きこもりニートになる原因

f:id:m-danjyo:20170526195931j:plain

引きこもりニートになる原因として考えられるのは、仕事で失敗した人が圧倒的に多いということです。

中には学生時代から引きこもりの人もいるでしょうが、就職活動で挫折したとか、会社に馴染めなかったという人が多いはずです。

詳しく見ていきましょう。

 

仕事がキツ過ぎて過労と軽いうつ状態

引きこもりニートになる原因は、仕事がキツ過ぎて過労気味だからでしょう。

連日の残業で、心身ともに疲れ果ててしまうのです。

その兆候が見られたら、何か対策を練らないと最悪の事態に陥る可能性もあります。

 

すでに軽いうつ状態になっているでしょうから、リフレッシュが必要ですね。

そのような対策を取らなかった人が、引きこもりニートなってしまうことが多いです。

仕事がキツ過ぎるなら、転職するのも良いでしょう。

自分の人生は、自分で道筋を選んで歩いているのですから。

 

職場の人間関係の構築ができなかった

引きこもりニートになる原因は、職場の人間関係の構築ができなかったからでしょう。

日本の社会は、集団生活から外れたら修復するのが困難です。

そこで挫折した人は、社会のはみ出し者扱いされてしまうのです。

 

そして引きこもりニートとなっていく。

でも、そもそも集団生活に染まる必要はあるのでしょうか。

人に迷惑をかけず、自分一人で生きていくことができるなら、誰も文句は言えないはずです。

 

できない奴というレッテルを剥がせなかった

引きこもりニートは、頭が悪いとか、仕事ができないと思われることが多いでしょう。

でも実際には、能力が低いのではなく、対人関係のスキルがないだけの場合が多いです。

多くの人は、対人関係のスキルがないと、無能だとみなすことが多いのです。

 

だからそもそも常識の方が間違っているとも言えます。

ただし、まっとうに社会で生きていくのなら対人スキルは必須条件です。

そういう意味では、社会に適応できてない人と思われても仕方ありません。

それはそれで良いのではないでしょうか。

 

お金を稼ぐ気がないニートの特徴

引きこもりやニートになるのが悪いのではありません。

お金を稼ぐ気がないニートが社会の「悪」なのです。

ではお金を稼ぐ気がないニートとは、どんな特徴があるのでしょうか。

 

実家で親のすねかじりをしている

これは、典型的なダメ人間ですね。

親はどんな子どもであろうと可愛いですから、何だかんだと甘やかしてしまうのでしょう。

でも「いつまでも、あると思うな親と金」と言いますから、いつかは親も死ぬのです。

 

それを理解しているのなら、今のうちからお金を稼ぐ方法を編み出しておく必要があります。

もちろん親が資産家で、一生遊んで暮らせるのなら、その必要はありませんけどね。

 

毎日ゲーム三昧で目的もなくダラダラしている

引きこもりニートの中には、生活保護を受けている人もいるかもしれません。

そのような人たちは、「働いたら負け」だと思っているようです。

確かに最低限の生活は確保できますが、無意味な人生になることでしょう。

 

お金を稼ぐ方法を探そうとすらしていない

別に大金持ちを目指せと言っているわけではありません。

自分の生活を確保するためのお金を稼ぐ方法のことです。

それを探す努力すら放棄して、毎日怠惰な生活をしている引きこもりニートがいることでしょう。

 

本人が良ければそれで良いのですが、人生で関わりたくない人種です。

人間は無能か有能かは関係ないのです。

一生懸命に生きている人に魅力を感じるものです。

 

引きこもりニートでもネットで稼ぐ方法

引きこもりニートでも、ネットで稼ぐ方法があります。

引きこもりニートは、オタクが多いでしょうから、パソコンは得意な人が多いはずです。

ネットで稼ぐ方法を見つけて、人間らしい生き方を取り戻した人もいるのではないでしょうか。

 

クラウドソーシングを始めてみる

クラウドソーシングは、ネット上で仕事を発注・受注・納品が完了するワークスタイルのことです。

クラウドソーシングがポピュラーになってからは、どこにいても仕事ができるようになりました。

 

職種はさまざまですから、引きこもりニートに合ったものも多いはずです。

まずはこのクラウドソーシングから始めてみてはいかがでしょうか。

 

ブログを開設してみる

自分の意見や何かのハウツーなどを自分の言葉で発信するブログ。

これは誰でも簡単に始められることでしょう。

世の中には引きこもりニートが多く存在しているようですから、そのネットワークもできるかもしれません。

 

稼ぐまでには、それなりに時間がかかるでしょうが、元手ナシで始められるのはうれしいですね。

引きこもりニートの生活や気持ちを発信すれば、共感してくれる人はたくさんいることでしょう。

 

アフィリエイターを目指してみる

ブログやサイトを作って、商品を紹介して買ってもらうとお金になる。

簡単に言うとそれがアフィリエイトです。

それで収入を得ている人をアフィリエイターと言います。

 

驚くほど稼いでいる人もいれば、稼げるようになる前にあきらめてしまう人もいるので、稼げるかどうかはあなた次第です。

そもそもそのブログやサイトへの訪問者がそれなりに増えないと、商品を購入してもらうことはむずかしいでしょう。

 

ネットショップを出店してみる

ちょっとオシャレ傾向が強い気もしますが、ネットショップを出店して、ネットで稼ぐ方法もあります。

でもどんなジャンルでも自分次第でできるので、当たればそれだけで生活することができるでしょう。

 

在庫管理などの問題をクリアできて、受注から発送までのシステムを作ってしまえば、ほぼ何もしなくて良いでしょう。

でも始めは、自分で発送処理をすることにはなるでしょうが。

 

引きこもりニートには生きやすい世の中

現在は引きこもりやニートにとって、生きやすい世の中だと思います。

会社員として働くことには適応できないとしても、ネットで稼ぐ方法が数多くあるからです。

ワタシは知識がゼロのため今回は紹介しませんでしたが、「FX」で大金を稼いでいる人もいるのでしょう。

パソコンさえあれば、自分の特技を収入に繋げることができます。

それは引きこもりニートにとって、パラダイスなのかもしれません。