読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちの道

あなたの今日がちょっぴり幸せになるように

スポンサーリンク

保育園の費用って市によって違うの?落ちた条件と幼稚園との違い

保育園が高いと感じている家庭も多いはずです。

両親そろっていても子どもの貧困が問題になっているのに、シングルマザーにとっては頭の痛い問題ですね。

では保育園の費用はどのように決まっているのでしょうか。

また保育園と幼稚園の違いについても見ていきましょう。

 

保育園の費用ってどれくらいかかるの?

保育園の料金の決め方!世帯年収と保育料の関係

f:id:m-danjyo:20170124084813j:plain

保育園の費用は、平均でおよそ月額2~3万円ほどであることが多いです。

基本的に専業主婦の家庭では保育園の入園条件を満たしていないので、夫婦共働きの合計収入で保育料の月額が決まるシステムです。(待機児童が多い場合)

 

以前は納税証明書の所得税額によって保育料が決まっていましたが、現在は住民税の金額によって保育料が決まるシステムになっているようです。

 

市町村によって保育園の費用が違うの?

保育園の費用は、市町村によって違います。

その理由は、保育料のどれくらいを市町村が負担しているかによるそうです。

その差は、無料から7~8万円くらいまで、かなり大きな幅があります。

 

もし引越しをするなら、保育園の費用によって住む場所を決めると良いかもしれませんね。

それくらい大きな理由になるはずです。

 

子どもの年齢や人数によっても変わる

上の子が5歳未満であれば、2人目の子どもの保育料は半額になり、3人目は無料になるという制度がありましたが、改正が加わって、上の子が5歳以上でも適用されるようになりました。

でもこの制度は、年収360万円以下でひとり親家庭の支援策となっています。

最近はいろいろ制度が変わりますので、市町村のホームページをチェックしてみましょう。

 

保育園落ちた!入園条件と認可・認可外それぞれのメリット

保育園の条件は待機児童の数で決まる

保育園には入園条件があり、その基準を満たしていないと他の児童が優先されて、入園を先送りにされます。

その入園を待っている状態を「待機児童」と言います。

保育園の入園条件は、当然のことながら待機児童が多いと基準も厳しくなります。

 

しかし待機児童になったことがキッカケで育休を取ったとすれば、待機児童から外されてしまいます。つまり保育園に入る必要がないとみなされるわけです。

 

そして育休が明けて保育園が必要になった時に、一体どう対処すれば良いのでしょうか。

このままでは何の解決にもならなそうです。

 

認可保育園のメリット

認可保育園のメリットは、敷地が広く、外遊びができることだというお母さんが多いです。

そもそも認可と認可外の違いは、敷地の広さや設備の良さなどによって決まっています。

保育園の質の問題とは少しズレているように感じます。

ただ保育士の免許を持った人が在籍していることが多いのは確かなようです。

 

認可外保育園のメリット

認可外保育園のメリットは、時間の融通がきくことです。

仕事で遅くなる場合にも、比較的遅くまで対応してくれるそうです。

また休日出勤などの日曜日にも対応してくれる保育園が多いのは、働くお母さんにとって嬉しいですね。

 

勤務地や居住地以外の保育園にも入園が可能なので、空いている園を見つけやすいでしょう。

 

保育園と幼稚園のちがいって何?

申し込みをする場所がちがう

保育園の場合には、市町村に届出を提出します。

認可保育園は審査があるため、随時申込が可能となっています。

ただし4月入園希望の場合には、11~12月に受け付け終了となるのでご注意ください。

 

認可外保育園の場合は、園によって申込時期が異なり、園へ申込を行います。

 

幼稚園の場合は11月から願書を受け付けていて、先着順の場合には何時間も並ぶ場合もあるようです。

 

幼稚園は試験や面接がある?

幼稚園の場合には、簡単な試験や面接がある場合もあります。

抽選のみで決める幼稚園や先着順にするなど、幼稚園によって異なるようです。

事前に確認しておく必要がありますね。

 

保育園の場合には、認可保育園だと仕事や生活の状況を把握して選考します。

しかし認可外保育園の場合には、仕事をしていない専業主婦でも入園が可能です。

 

つまり認可保育園の場合、試験はありませんが、保育料が安いのと、条件が良いため審査が厳しいということですね。

 

幼稚園費用は定額、保育園は収入による

幼稚園の費用は定額で、保育園の費用は世帯年収によります。

ただし幼稚園の場合には、私立か公立かによって大きく異なるようです。

私立幼稚園の費用は、公立幼稚園の場合以上になる場合もあります。

 

また幼稚園は教育がメインなので、時間も14時くらいで終了します。

最近は16時くらいまで預かってくれる幼稚園もあるようです。

 

待機児童にすらなれない「保留児童」がいる

政府は待機児童が減らない問題にどう対処しようか頭を悩ませています。

そこで作ったのが「保留児童」です。

待機児童とは、認可保育園に入園できる基準を満たした児童のこと。

 

しかし現状は、待機児童でいることが原因で育休を取ったり、仕事を辞めたりする親も多いです。

するとどうなるでしょうか。

その子どもは「待機児童」から外され、「保留児童」になってしまうのです。

 

保留児童は待ってても保育園には入れませんし、待機児童になるまでにまた手続きをしなければいけません。

ですので引越しを考えているなら、待機児童の数だけでなく、保留児童の数も把握しておいた方が良いかもしれませんね。