みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

【記事を早く書く方法】ブロガーが1度は考える執筆スピード!質は落ちない?

ブロガーが必ず1度は考える「記事を早く書く方法」は、何を変えればできるのか考えてみました。

記事を早く書きたいけれど、記事の質は落したくない!というのが本音ですよね。

その問題も解決しちゃいますよ。

 

ブロガーがハマる葛藤って何?

記事を早く書きたいけど質は落したくない

f:id:m-danjyo:20170526194821j:plain

「記事を早く書きたいけど、記事の質は落したくない」というのがブロガーの葛藤ですよね。

でも記事を早く書くことは、それだけ記事を多く書けるということ。

それはSEO的にも大切なことです。

必ず1度は、そんなこと考えたことあるのではないでしょうか。

 

リサーチが命なのでつい時間をかけてしまう

ブログに限らず記事を書くときには、リサーチすることが大切ですよね。

だからまず初めにキーワードで検索して、上位表示されている記事を読み漁ります。

でもこれが意外と時間かかるんです。

しっかりリサーチしないと良い記事が書けないですもんね。

 

記事の量産と質の向上、どっちを優先すべきか?

記事を早く書くこと、すなわち量産することは大切です。

でも質を落としたらいけない。

さて、ブログを強くするためにはどっちを優先させるべきか。

 

どのブロガーも絶対に1度は考えることでしょう。

もちろんどっちも大事!というのが結論です。

「じゃぁ、どうすればいいの?」ってことを後で書きますね。

 

記事を早く書けない理由って何?

検索・リサーチに時間がかかる

記事を早く書けない理由は、さっきから言っているように検索やリサーチで時間がかかるからです。

それを解決しないことには、記事を早く書く方法を見つけられないはずです。

 

画像選びに時間がかかる

記事を早く書けない理由は、これまた時間がかかる画像選びです。

自分のイメージした画像がなかなか出てきてくれないと、ホント時間の無駄って気がしちゃいます。

 

見出し構成やタイトルに時間がかかる

そもそも記事を早く書く方法として実践している「見出しや構成を先にしてしまう」という方法が、時間がかかっていることにある日気づきます。

本文を書くよりも、はるかに時間がかかってるな、と感じるのではないでしょうか。

 

記事を早く書く方法

①ストップウォッチで30分を計測する

記事を早く書く方法は、ストップウォッチで30分を計測することです。

できれば「3000字の記事を書くぞ」と目標を決めた方が良いでしょう。

そして30分以内に書けるのか、30分で何文字書けたのかを計測するのです。

 

そして目標を達成するために、ひたすら計測を繰り返す。

これをするだけで意識的に記事を早く書くようになりますから、執筆スピードは上がっているはずですよ。

 

②見出しや構成をパターン化する

記事を早く書く方法は、時間のかかる見出しや構成をパターン化してしまうことです。

見出しを何度も作っていると、ある程度パターンが見えてきますよね。

だからそれに沿って見出しはある程度決まってしまうのです。

 

たとえば病気などの記事なら、「原因」「症状」「対処法」などですよね。

それさえできれば、その内容を検索・リサーチするだけです。

 

③検索方法や画像の出し方の効率を上げる

記事を早く書く方法は、検索方法や画像の出し方のコツをつかむことです。

どれだけピンポイントで自分の知りたい情報を検索できるのかを研究します。

それはSEOを独自に学ぶためにも役立ちますよ。

 

そして画像選びも時間がかかりますよね。

サイトによって異なりますが、ピクサベイはとくに思ったような画像が出てこなくて困ります。

でもコツを覚えれば、効率も上がってくるはず。

 

そもそも早く書いても質は落ちない

ブロガーにとっていちばん心配なのが、「いくら記事を早く書いても、質が落ちたら意味がない!」ということ。

でもよ~く考えてみてください。

早く書いても記事の質はそんなに落ちるもんじゃないんです。

その理由をご紹介します。

 

同じ人間の頭で書いているのだから質は落ちない

記事を書いているのは、いつだってあなた本人です。

時間をかけてじっくり書いていると、何となく質の良い記事を書いているような気がしますよね。

 

でも同じ人間が、同じ頭で考えて書くことは、それほど大差ないのです。

だって時間をかけたからって、すご~く良いアイデアが浮かぶわけではありませんよね。

だから「時間をかけてもかけなくても同じなんだ」と割り切ってしまいましょう。

 

文章が得意ならスピードアップは必ずできる

そもそもブロガーは、文章が得意な人ですよね。

だったら執筆スピードは、ある程度アップできるはずです。

いや必ずできます。

 

もちろんタイピングスピードも大事ですが、タイピングスピードよりも、頭の回転の方が大事です。

頭の中で思い描いていることを、いかに早く文章に落とせるか。

これに尽きます。

 

ブログ記事を早く書く方法はすでにできている

ブログ記事を早く書く方法が知りたい!と考えている人は、きっと記事をたくさん書いている人です。

もっとたくさん記事を書きたいから、もっと早く書ける方法はないかと苦戦しているのでしょう。

 

だったらもうすでにあなたは記事を早く書けるはずです。

今すぐストップウォッチで計測してみてください。

きっと2000~3000字の記事なら、30分で書けるはずですよ。