読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちの道

あなたの今日がちょっぴり幸せになるように

スポンサーリンク

バレンタインの義理チョコ禁止?じつは迷惑してるかも!【渡し方と相場】

バレンタインの義理チョコ論争が勃発しました。

果たして義理チョコは必要なのか、必要ないのか?

 

あなたの人生を笑顔にしたいライター兼ブロガーの壇条美智子です。

あなたを笑顔にするライフマガジン Smile Time

 

学生は良いんです。

義理チョコはいくらでも配りましょう。

そこから恋に発展するかもしれませんからね。

 

でも問題なのは会社での義理チョコ論争です。

さて、女性ならあげますか? 男性ならもらって嬉しいですか?

 

バレンタインの義理チョコの意味って何?

バレンタインで付きまとう義理チョコ。

本当に面倒ですよね。

でも女性の気遣いが試されるなんて言われると、「やるしかないじゃん」って思います。

 

日頃の感謝の気持ちを込めて贈ります

f:id:m-danjyo:20170130115805j:plain

バレンタインの義理チョコの意味は、日頃からお世話になっている同僚や上司に感謝の気持ちを込めて贈ります。

もちろん後輩などでも、男性社員ならあげる場合もあるでしょう。

 

男性社員全員に平等に同じ義理チョコを贈ります

バレンタインの義理チョコは、男性社員に平等にあげます。

金額から包装まで、同じものをあげないと変に誤解されますからね。

そして全員にあげるのが基本です。

いくら嫌いな男性でも、その人だけあげないわけにいきませんから。

 

相場は1個500~1000円、総額2000~3000円

バレンタインの義理チョコの相場は、1個あたり500~1000円が最も多い回答です。

次に多いのは100~500円です。

そんなもんでしょ、義理チョコですから。

 

相当な高収入でない限り、それ以上の金額の義理チョコあげる人、アホですか?と思っちゃいます。ワタシはね。

そして義理チョコの総額は、2000~3000円には押さえたいと思っている人が多いようです。

 

バレンタインの義理チョコに対する感想は?

男性が義理チョコをもらった時の正直な感想って何でしょう?

意外と迷惑している男性もいるようですよ。

 

義理チョコだとわかっていても嬉しい

義理チョコだとわかっていても、もらうとやっぱり嬉しいと思う男性も多いようです。

素直ですね。

女性側の感謝の気持ちを素直に受け取れる人なんでしょうか。

 

お返しを考えると義理チョコなんて欲しくない

お返しのことを考えると、面倒だから義理チョコなんて欲しくないと思っている男性もそこそこいるようです。

そりゃそうですよね。

実際ワタシもあげながら、「男性はかわいそうだな」なんて考えていたのを思い出します。

 

「だったらあげるなよ!」って感じですよね。

まあ流れ的に、女子たちの習慣を断れなかったということなんです。

 

大勢に配っていても手作りだとチョット引く

バレンタインの義理チョコで、手づくりで渡されるとチョット引くという男性もいます。

これがじつは夫です。

他人が作ったものを食べられないという不思議な性質の持ち主なんです。

 

でも潔癖症の男性なんかは、意外と同じことを思っている人がいるかもしれません。

感謝の気持ちを伝えたいなら、余計に苦痛を与えることのないように、市販の安いチョコで充分ですよ。

 

バレンタインの義理チョコ禁止の企業があった!

なんとバレンタインの義理チョコを禁止にした企業があるそうです。

 

義理チョコに費やす時間があるなら仕事しろ

義理チョコを禁止にした企業は、義理チョコを選んだり、みんなに配ったりする時間がもったいないという理由から義理チョコ禁止令を出したそうです。

義理チョコに費やす時間があるなら、その分を仕事に費やすべきだという非常に効率的な考えを主張しています。

個人的には、すごく賛成ですけどね。

 

でも本命チョコならOKらしい

それでもバレンタインのチョコそのものを禁止しているわけではないようです。

本命のチョコなら、どんどんあげればいいと言っているのだとか。

要するに、

「愛のない義理チョコなんて無意味!本命チョコに愛情を注げ!」

ということらしいです。

 

バレンタインの義理チョコ失敗例と改善策

義理チョコの失敗例って、たまにあるみたいです。

その改善策もご紹介します。

 

大箱を置かれても食べづらい雰囲気がある

男性の人数が多い場合、一人一人にあげていたら予算オーバーになってしまいます。

だから大箱で「みんなでどうぞ~」と置く人もいるでしょう。

その方が嬉しいという男性の声も多い中で、「食べづらい」という意見もあるようです。少数派ですけど。

 

誰かが食べないと、自分が一番に手をつけるのは嫌という理由からです。

だからあげるときに、誰か一人に「どうぞ」と渡して、「皆さんに回してください」と言うのが無難かもしれませんね。

 

一人一人渡す方が困ることもある

バレンタインの義理チョコは、一人一人に渡すと困ることもあるようです。

その理由は2つ。

1つは本命チョコなのか、判断しかねるから。

もう1つは、個人的にお返しを考えないといけないから。だそうです。

 

男女人数が同等なら皆を巻き込んじゃえば?

男女の人数が同数くらいの職場なら、女性全員から男性全員へというスタイルが一番簡単ではないでしょうか。

そうすればお返しも、男性全員から女性全員へということでできます。

その方がお互いに安上がりで済みますよね。

 

バレンタインの義理チョコって必要ないんじゃない?

f:id:m-danjyo:20170130120133j:plain

バレンタインに日頃お世話になっている上司などへ、ささやかなプレゼントをするのは良い習慣だと思いますよ。

でもね、そもそもバレンタイン以外でも日頃から友好的に接していればいいんじゃない?

 

ワタシはそう思います。

もちろんワタシも職場で義理チョコ渡してましたよ。

でもそれは女性全員から、男性全員へという感じだったから「ま、いっか」と参加していたのです。

 

わざわざ個人的に用意しなくても、いいんじゃないかな?と思います。

面倒くさいしね。

義理チョコあげるくらいなら、普段から感じ良く接すればいいんです。