みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

ママ友に持っていく手土産の相場は?トラブルにならない為の心得

小さい子どもがいるママは、ママ友同士でお茶会とかしますよね。

そんな時の手土産って、何を持って行けば良いか迷ってしまいます。

あなたの人生を笑顔にしたいライター兼ブロガーの壇条美智子です。

michiko-danjyo.com

 

ママ友同士のお付き合いは、顔は笑っていても結構シビアです。

変な手土産を持って行って、その後にトラブルなんて話も良くあるようです。

 

【ママ友への手土産】お呼ばれした時の相場ってどれくらい?

f:id:m-danjyo:20170526184444j:plain

ママ友のお宅へお呼ばれすることも多いのではないでしょうか。

そんな時の手土産の相場を見てみましょう。

 

安すぎず高すぎずが基本

ママ友への手土産は、安すぎると「ケチな人」と思われてしまいます。

生活事情もそれぞれ違うでしょうが、相場は知っておいた方が良いでしょうね。

また高すぎる手土産も、相手が「嫌味な人」と感じる場合があります。

 

経済状況の格差をひけらかしているようにも感じられるからです。

また本当は苦しいのを知っているのに、「見栄張って無理してる」と思われるのも恥ずかしいですよね。

もちろん普段食べないような高級菓子をもらったら、喜んでくれる人もいるでしょうけどね。

 

1,000~1,500円くらいが相場

ママ友への手土産なら、お茶会などの場合には1,000~1,500円くらいが相場と言われています。

それくらいなら、何とかなりそうですよね。

 

でも頻繁に招待されると、けっこうバカにならない金額でもあります。

あまり密接に付き合い過ぎても、何かあった時にギクシャクしてしまいます。

「たまにお茶する時に持っていく」くらいの距離感が、お互いに心地よいでしょう。

 

【ママ友への手土産】手作りってアリ?

f:id:m-danjyo:20170526184536j:plain

お菓子作りが得意なママさんは、手土産を手作りする人もいるかもしれません。

でも、どんなに美味しいお菓子でもNGな場合があるんです。

 

付き合いが浅いママ友ならNGと思った方が良い

付き合いがまだ浅いママ友への手土産なら、手作りはやめといた方が良いでしょう。

なぜなら好き嫌いがまだ、よく分からないからです。

 

もし手作りするなら、自分の家に招いた時に、買ってきたものと一緒に少し出してみると良いでしょう。

「たまたま作ったから、良かったら食べて」と言えば、その時の反応で何となくわかりますよね。

 

手作りだと誰かにあげることもできない

ママ友への手土産を手作りにすると、もし好みではない場合でも、誰かにあげることもできません。

他人が作ったものを、また他人へあげる人なんていませんからね。

 

でも買った手土産なら、好みと合わなければ「頂き物なんだけど、好みと違くて」と他の人にあげることもできるでしょう。

 

人が作ったものが食べられない人もいる

ママ友への手土産で手作りがNGな理由は、そもそも他人が作った物を食べられない人もいるからです。

 

ママ友トラブルの中には、相手の家が清潔ではないことを知っていて、そこで作ったと想像したら食べられなかった、ということもあるんだとか。

その気持ち、何だかわかります。

 

【ママ友への手土産】トラブルにならないための心得

ママ友への手土産で、トラブルになることも少なくないようです。

また手土産が原因で、いじめに遭ったりすることもなくはありません。

子どもまで巻き込んだら、かわいそうですよね。

 

気心知れたママ友でも手土産は忘れずに

ママ友への手土産でトラブルにならない為には、たとえ気心知れば仲でも手土産は持参しましょう。

頻繁に会っているなら尚更です。

 

つい「いつも会ってるし、仲良しだから手ぶらでOK」なんて思っていると、実は「いつもウチばかりが、もてなしている」と思われてしまいます。

前回用意してくれたなら、今度は自分がという感じで、交互にしてみてはいかがでしょうか。

 

賞味期限には気をつけて

ママ友への手土産は、持って行けば良いというわけではありません。

「できるだけお金をかけたくない」というのはわかりますが、賞味期限が切れていたり、迫っている物は避けた方が良いでしょう。

 

いただき物でずっと残っていたか、安売りしている物を買ったのか、どちらかだとすぐにバレてしまいます。

失礼になりますし、トラブルになりかねません。

 

子どもが食べられないものはNG

ママ友への手土産は、子どものことも考えなければいけません。

子どもが小さいうちは、あまりお菓子そのものを食べさせていない場合もあるでしょう。

またアレルギーを持っている子も、最近は多いですよね。

 

【ママ友への手土産】は雰囲気に合ったものを持参する

f:id:m-danjyo:20170526184616j:plain

ママ友同士のお付き合いは、手土産に限らず気を遣いますよね。

お茶会やホームパーティーに招かれることもあるでしょうから、雰囲気に合った手土産を持参しましょう。

 

たとえばホームパーティーなら、デザートや飲み物がおすすめ。

お茶会ならお菓子が定番ですが、人数によっても変わってきます。

 

人数が多いなら、1つ1つが小さくて数が多い物の方が喜ばれる場合もあります。

でも少人数なら、数個多めのオシャレなお菓子が良いでしょう。

その場の雰囲気に合った手土産を持参することで、「気が利く人」と好印象を持ってもらえますよ。