読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちの道

あなたの今日がちょっぴり幸せになるように

スポンサーリンク

若者の車離れは「文化」!シンプルライフを求める若者思考

若者の車離れは、なぜ起きたのか。

昔は車がステータスの1つであり、「あんな車に乗ってみたい!」という夢がありました。

でも最近の若者は、そもそも車に興味がないようです。

 

単なる移動手段でしかなく、しかも車がなくても生活には困らないようです。

そんな車離れする若者の理由を詳しく考えてみました。

 

なぜ若者は車を買わないのか?

f:id:m-danjyo:20170214184508j:plain

若者の車離れの理由は、「車がなくても生活できる」「車の維持費にお金がかかる」「車以外のことにお金を使いたい」です。

 

車がなくても交通手段が充実している東京近郊では、車がなくても生活に困りません。

大きな買い物をするときやたくさん買い物するときは便利ですが、今はネットで買い物をする人が多いでしょう。

一人暮らしなら食材を買いだめすることもありませんから、独身の若者は車がない生活でも苦にならないと考えられます。

 

それに車を持ってしまうと、維持費がかかります。

そのお金を他のことに使いたいと考えている人が多いのです。

しかも東京近郊では、どこへ行っても駐車場代がかかります。

 

せっかく出かけても、時間が気になって楽しめない可能性もありますね。

それどころか駐車場にすら入れないことも考えられます。

総合的に考えても、車より電車などの移動手段の方が若者には便利なのかもしれません。

 

若者の車離れは「結婚への意識」と関係している

昔に比べて、女性の免許取得率が高くなっているという現状があります。

これは、若い男女の「結婚への意識」に関係していると感じます。

 

結婚願望のある人が少なくなっていると言われていますが、やはり女性は結婚したい人が多いのではないでしょうか。

結婚すれば里帰りなど、遠出をする機会が増えます。

しかも子どもができれば、家族でレジャーに出かけるときは車が欲しいですよね。

 

30代以降の婚活の現状が厳しいことを知っている20代の女性は、早いうちから婚活をしています。

つまり「いつか結婚した時のため」に免許取得をする人が多いのではないかと考えられます。

 

都心と地方では車への意識がちがう

若者の車離れと言っても、その現状は都心と地方では異なります。

都心部の若者は、交通手段が充実しているため、車の必要性を感じないのです。

それに比べて地方の若者は、車が唯一の移動手段であることも多いのです。

 

実際に地方出身の友人に聞くと、車は一家に1台ではなく、1人に1台持っていることも少なくありません。

都心では車で移動する方が時間がかかることも多いですが、地方では近場への移動でも車を使うことも多いのです。

 

そのように都心に住む若者は、車を必要としていないことがわかります。

 

車を買わなくても使えるシステムがある

若者が車を買わない理由は、わざわざ高いお金を出して買う必要がないからです。

最近は車をシェアするというシステムもあり、15分で200円くらいからあるようです。

コンビニに「シェアカー」と書かれて、車が停まっているのを見たことがありますよね。

「必要なときだけ車を借りる」という合理的な考え方の若者らしい意見です。

 

30代以降の世代は、「必要な物が身近にある環境」を求めます。

でも20代くらいの世代は、「必要なときだけ欲しい」と考えるようです。

 

若者は「不必要なものは、なるべく持たない」というシンプルな生活を好む傾向があります。

「ミニマリスト」が流行っているのも、良くわかりますね。

 

若者の車離れは文化

若者の車離れは、文化と言えるのかもしれません。

世代によって考え方は変わっていくものです。

若者思考からすると、車のような贅沢品は不必要であり、興味もないのでしょう。

 

と言っても車は必ずしも贅沢品ではなく、生活のための便利品という見方もあります。

それに対しても都心に住む若者は、駅までの道のりを歩いたり、人ごみで電車を待ったりする時間が苦痛ではないのです。

 

なぜならネット社会に慣れていて、時間の潰し方を知っていると言えるでしょう。

それ以上の世代は、ちょっと待つだけでもストレスを感じることが多いです。

また人ごみにいると苦痛を感じる人も多いのではないでしょうか。

 

まさに思考の違い、文化の違いが、若者の車離れを生みだしたのでしょう。