みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

仕事辞めたい40代が生きてく道はコレ!現状によって真逆の解決策

仕事辞めたいと思っている40代の人に、解決策をご紹介したいと思います。

あなたの人生を笑顔にしたいライター兼ブロガーの壇条美智子です。

michiko-danjyo.com

 

40代って微妙な年齢ですよね。

老後のことも考えるし、まだまだ若いような気もする。

でも体力は衰えてくるし、若い子のことが理解できないときがあったりもする。

 

そう、40代は悩める年齢なんです。

若くもなく、年寄りでもない。

まさに微妙なお年頃なんです。

 

そんな40代が仕事辞めたいと思った時の解決策を考えてみました。

 

まずは自分の【人生観の再確認】をしてみませんか?

f:id:m-danjyo:20170526180822j:plain

仕事辞めたい40代は、これからの人生をどのように生きていきたいのか、本気で考える最後のチャンスだと思います。

というよりも、むしろ「今しかない!」という現状です。

 

今、本気で考えないと、この先の人生はただ何となく生きていくことになるでしょう。

そして気がついたら体調が悪くなってきて、「あとどれくらい生きられるんだろう」と、ぼんやり考えるようになってしまいます。

 

その前に何とかしたいですよね。

だから自分の「やりたいこと」「夢だったこと」「死ぬまでにやりたいこと」などをリストアップしてみるんです。

 

それがハッキリと見えてくれば、「人生における仕事の占める割合」とか、「生活の中での仕事への考え方」などが変わってくるはずです。

さぁ今こそ人生観の再確認をしてみましょう。

 

20代から転職せずに働き続けている40代の場合

新卒もしくはそれに近い頃から、同じ会社で働き続けている40代の場合は、いろいろ考える時間ができて「仕事辞めたい」と思っている可能性が高いです。

仕事も人間関係も慣れてきて、「不満はあるけど苦痛というほどでもない」という現状ではないでしょうか。

 

それならば、正直そのまま今の会社で働き続けることをおすすめします。

たとえヘッドハンティングがあったとしても、今まで現状を変える勇気がなかった人が、そのチャンスを活かせるかは疑問です。

 

もちろんチャレンジするのも良いですが、転職してから後悔しても、現状に戻れないことは覚悟しておくことです。

「いや、昔からずっとやりたかった仕事なんだ」という人は、40代でチャンスが訪れるなんて奇跡です。

根性出してやり切るのもまた、人生で後悔しないための生き方だと思います。

 

どんな逆境にも立ち向かっていくくらいの気合いがないとむずかしいと思いますけどね。

1つの会社に慣れすぎるということは、社会の価値観がかわらなくなっているとも言えるんです。

 

転職を繰り返している40代の場合

今まで数々の仕事に転職を繰り返している40代が「仕事辞めたい」と思っている場合には、いっそ起業してみてはいかがでしょうか。

起業するお金がないなら、貯金するためだけに1年間くらい無駄にしましょう。

 

と言っても、本当に無駄になるわけではありません。

仕事は何でもいいから、とにかくお金を貯めることだけにフォーカスするんです。

そして、起業するために必要な知識や、さまざまな情報収集すると良いでしょう。

 

1年あれば、かなりその業界に詳しくなるはずです。

お金が貯まったら、いよいよ事業開始です。

それから1年くらいは、プライベートは犠牲にする覚悟でやってみましょう。

 

もう40代ですから、これが最後のチャンスだということはわかっているはずです。

もしその事業が失敗したら、20代の先輩に気を遣いながら働くことしかできませんよ。

あなたがどちらを選んでも、あなたの人生です。

 

非正規労働者で40代の場合

40代で非正規労働者の場合には、2通りの人がいるはずです。

 

今までほとんど就職したことはなく、アルバイトや派遣社員などで生きてきた人です。

もしくは正社員だった会社を辞めて、それから再就職できずに気づいたら非正規労働者になっていたというパターンです。

 

いずれにしても低所得である可能性は非常に高いでしょう。

その場合の「仕事辞めたい」というのは、どちらかというと「仕事やりたい」という気持ちの表れなのかもしれません。

 

こんな生活から抜け出して、最後に一花咲かせたいと思っているのではないでしょうか。

そんなあなたにこそ、冒頭でご紹介した「人生観の再確認」をおすすめします。

このままで人生終わりたくないと思っているあなたにこそ、人生で何をしたいのか考えるべき時が来たのでしょう。

それが40代なのです。

 

日雇いの仕事は、仕事がある時とない時があるでしょうし、住み込みの仕事はそもそも給料が安い。

そんなノマドワーカーのままで人生を終えて良いのでしょうか。

 

ノマドワーカーはクラウドワーカーのことではない

ノマドワーカーって言うと、何かオシャレでかっこいいイメージがありますよね。

でもノマドの本当の意味って、クラウドワーカーのことではないそうですよ。

 

「働く場所を選ばない」というのは同じなのですが、最低賃金の仕事を探して、いろいろな土地を渡り歩いていくような人のことを言うらしいです。

 

いわゆる出稼ぎ労働者のような意味合いです。

それが派生して、今のような意味になったのでしょうね。

 

仕事辞めたい40代の解決策は状況による

f:id:m-danjyo:20170526180906j:plain

仕事を辞めたいと思っている人は、40代にもたくさんいるはずです。

でも転職できるかどうか不安だから今の仕事を続けているのでしょう。

それは大正解だと思います。

 

ただ転職を繰り返している40代に関しては、状況が変わってきます。

むしろ定着できる職場を探すことが最優先だという気もしますよね。

 

そうかと言って、そもそも社会に馴染めないタイプの40代もいるかもしれません。

それには2種類のタイプがあります。

 

コニュミケーション能力が低く、人間関係をうまく築けない人。

そして、やりたいことや夢をあきらめきれない人。

 

やりたいことがあるのなら、チャレンジできるのは最後のチャンスかもしれませんよ。