読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちの道

あなたの今日がちょっぴり幸せになるように

スポンサーリンク

お花見の持ち物であると絶対に便利な物【会社・友人・子連れ】

そろそろお花見シーズンがやって来ますね。

あなたの人生を笑顔にしたいライター兼ブロガーの壇条美智子です。

 

最近は20℃近い気温の日が、少しずつ増えてきました。

お花見の予定を立てている人もいるかもしれません。

 

忘れ物がないように、事前にしっかりと準備しておきましょうね。

絶対に忘れてはいけない持ち物リストをご紹介します。

 

会社・友人とのお花見宴会の持ち物リスト

貼る使い捨てカイロ・マフラーなどの防寒具

f:id:m-danjyo:20170224111920j:plain

お花見シーズンは、まだまだ寒い季節です。

暖かい日は暑いくらいですが、じっとしていると案外寒いですよね。

だから貼るタイプの使い捨てカイロがあると便利です。

 

またブランケットなどの防寒具も必須ですが、意外と忘れがちなのがマフラー

首が温かくなるだけで、かなり体が温まるんですよ。

絶対にあると便利な防寒具です。

 

昼間は帽子・夜は懐中電灯

お花見は昼間やるのか、夜桜を見るのかでかなり持ち物も変わります。

昼間なら日差しが強く日焼けしてしまうので、帽子や日焼け止めがあると良いでしょう。

日傘はちょっと邪魔かな?という気がします。

 

夜桜を見るなら、防寒具はもちろんのこと、懐中電灯やランタンがあると良いでしょう。

桜がライトアップされていても、手元が何も見えないということがあります。

食べ物が良く見えないと美味しくないし、飲み物をこぼす危険もあります。

 

ティッシュはいくらあっても良い(水に流せる&ウェットタイプ)

大人でも子どもでも、ティッシュはいくらあっても困ることはありません。

最悪トイレットペーパーもアリです。

 

手がベタベタになったときにウェットティッシュがあると便利ですし、トイレの紙切れの場合にも役立つ水に流せるティッシュがあると便利ですね。

 

お花見を子連れで楽しむための追加持ち物リスト

子どもにはあらかじめ紙おむつを履かせておく

これは意外と盲点なのですが、お花見に子供を連れて行くなら「紙おむつ」をあらかじめ履かせておくのがおすすめです。

 

「トイレが近くにあればいいじゃない!」

と思うかもしれませんが、お花見会場のトイレは混雑が予想されます。

 

子供ってギリギリになるまで「トイレ行きたい」と言わないので、間に合わないこともあるかもしれません。

でも紙おむつを履かせておけば、万が一でもトイレで交換すれば良いので便利ですよ。

 

こぼれないタイプの消毒液と絆創膏

お花見のようないつもと違うシチュエーションだと、子供は予想以上にはしゃぎます。

すると当然転んでケガをするなんてことも多いですよね。

そんな時のために、消毒液と絆創膏があると便利です。

 

できればこぼれないタイプの消毒液だと、簡単に処置できますよ。

 

子ども用の着替えの服と下着

春の気候は、動きまわると汗ばむくらいの温度です。

また転んだり、泥だらけになったりしますよね。

ひどい時には水遊びをしたがるので、勝手に水浴びしてびしょ濡れなんてことも。

 

着替えの服を持ってくることは頭にあるでしょうが、下着も忘れずに準備しておくと便利ですよ。

替えの紙おむつもあると良いですね。

 

お花見は会場情報もチェックしよう

複数の駐車場の場所と料金を確認

友人やファミリーなど、大勢でお花見をするときは、車で行くこともありますよね。

でもお花見会場の駐車場は、かなり混雑していることが予想されます。

だから近隣の駐車場もチェックしておくと良いでしょう。

 

場所を事前に地図で把握して、駐車料金も確認しておくと良いですよ。

とくに都心の場合には、少し離れただけでかなり安い駐車場もあります。

 

トイレの場所は要チェック

これは絶対に必要なことなので、場所を確保するときもトイレの場所は頭に入れておきましょう。

また混雑していることも予想されますので、ギリギリまで我慢しないようにしましょうね。

 

近隣のコンビニなどで買い物をして、その際にお借りすることもできるかもしれません。

(場所によっては使えないので、コンビニがあると安心しないように)

 

火が使えるかどうか会場によって違う

お花見シーズンは、まだまだ寒い日もあります。

そんな時はカセットコンロで温かい物を食べようとする人も多いでしょう。

でも火を使ってはいけないお花見会場もあります。

事前にしっかりとチェックしておきましょうね。

 

【花粉症対策】日本の春の風物詩をおだやかに楽しもう

f:id:m-danjyo:20170224111744j:plain

春と言えば、花粉症の季節。

せっかくの楽しいお花見が、花粉症の症状で台無しになるのは避けたいですよね。

それを避けためには、あらかじめ花粉症対策も万全にしておきましょう。

 

マスクも良いですが、春の爽やかな空気も楽しみたいものです。

そこでおすすめなのが、ワセリン入りの花粉ブロック系の塗り薬を使うことです。

鼻に直接塗るタイプで、予想外の効果が期待できます。

 

ワセリンをそのまま塗ってもOKだそうです。

実際にワタシも塗ってみましたが、かなり効果を感じられましたよ。

花粉症により頭痛も緩和されました。

 

花粉など気にせずに、おだやかな春の季節を満喫しましょうね。