みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

仕事が続かない!転職を繰り返し天職が見つからない本当の理由

やる気はあるのに仕事が続かないあなたへ。

あなたの人生を笑顔にしたいライター兼ブロガーの壇条美智子です。

転職を繰り返しても続けられる仕事が見つからない人には、必ず何か突破口があるはずです。

 

あなたは「やりたい事はあるけど自分に合った職場が見つからない」人ですか?

それとも「本当にやりたい仕事が見つからない」人ですか?

もしかして「夢を叶えるために頑張っている」人ですか?

 

それぞれのタイプ別に考えてみましょう。

 

仕事が続かない理由

忍耐力と協調性が足りない

f:id:m-danjyo:20170526172353j:plain

やりたい事はあるけど、自分に合った職場が見つからない人は、忍耐力と協調性が足りないからです。

すでにやりたい仕事を始めているのに、職場の人間関係が合わないなどの理由で転職を決めていませんか?

 

本当にそれがやりたい仕事なら、多少のことは我慢できるはずです。

同じ業界や業種なら、どの会社に行っても仕事内容はそれほど変わらないはず。

会社の規模やレベルによって違うでしょうが、具体的な仕事は同じです。

 

ただやりたい事をなかなかやらせてもらえない事が不満なのかもしれません。

たとえば料理人なら、下積みは皿洗いばかりですよね。

そこに不満を抱くようなら、きっとその仕事は向いていないのです。

 

理想が高く夢見がちなところがある

本当にやりたい仕事が見つからない人は、理想が高く、夢見がちなところがあるのでしょう。

理想を高く持つことは大切ですが、実力がともなっていないのです。

まずは1つの仕事で努力を積み重ねてみて、仕事が慣れてきた頃に合わないと思えば辞めればいい。

 

「どうせ辞めるなら早い方が良いのでは?」

と思うかもしれませんが、「辞めたかったけど気合いで乗り切った」という事実が自信につながるのです。

 

今のあなたには、きっとそれが足りないのでしょう。

つまり「やりたい仕事か、やりたくない仕事かを判断できるほど、その仕事を極めていない」ということです。

 

目標と夢のちがいを理解していない

夢を叶えるために頑張っている人は、目標と夢のちがいを理解していないのでしょう。

目標とは達成するためのもの、夢とは追いかけるもの、と思っていませんか?

そこが間違っています。

 

夢と目標はちがうものですが、本質的には同じです。

目標の先にあるものが夢なのです。

そして目標とは、今この瞬間のことです。

 

夢を叶えるために頑張っていると言う人ほど、今は何もしていないことが多いです。

それは自分を信じていないということ。

「どうせ叶うわけないけど、叶ったらいいな」くらいの気持ちであることを自覚しましょう。

それが悔しければ、今この瞬間から本気で夢をつかみに動き出しましょう。

 

転職を繰り返すと今後どうなる?

給料が増えない→老後は貧乏

転職を繰り返すと、当然給料が増えません。

同じ業界で同じ職種ならば、経験をかってくれる会社もあるかもしれませんけどね。

 

でも前職の期間が短ければ、当然1からやり直しです。

そうやって転職を繰り返していると、今は良くても老後は貧乏になることが確定です。

 

スキルが上がらない→給料の安い仕事しか就けない

転職を繰り返すと、1つの仕事に関してのスキルがなかなか上がりません。

つまりそれは、他の会社から必要とされる人材ではありません。

 

ということは、給料の安い仕事にしか就けないということ。

ここにも老後は貧乏になるリスクが隠れていますね。

 

転職グセがつく→さらに忍耐力がなくなる

転職を繰り返すと「まいっか、辞めちゃお」というように、ちょっと嫌なことがあると辞めたくなってしまいます。

そして実際に辞めてしまうのです。

 

転職を繰り返していると、今でもほとんどない忍耐力が、さらになくなってしまいます。

すると当然、次の転職先でも嫌なことがあると辞めるでしょう。

このスパイラルは、一生終わりません。

 

あなたの天職を見つける方法

やりたい事があるなら人間関係よりスキルアップ重視

やりたい事がある人なら、職場の人間関係を理由に仕事を辞めるのはもうやめましょう。

あなたがやりたいと思っている職種に就いているなら、人間関係よりもスキルアップが重要です。

 

人間関係を理由に転職している暇なんてありませんよ。

あっという間に、歳を取っていくのです。

本当にやりたい事なら、多少のことは我慢できるはずです。

 

やりたい事が見つからないならとりあえず1つを極める

やりたい事が見つからない人は、とりあえず1つの仕事を極めてみましょう。

いろいろな仕事を経験することにもメリットはありますが、器用貧乏になってしまいます。

何でもできるけど、どれも中途半端という状態です。

 

つまり「自分の強み」がないのです。

1つの仕事を極めるには、最低1年は必要です。それでも足りないでしょうけど。

もしその仕事を辞めるなら、二度とその職種には就かないと覚悟すること。

 

だって、やりたい仕事を見つけたいんですよね。

辞めたということは、その仕事が合わないということ。

もしその仕事が嫌なわけじゃないなら、覚悟を決めて仕事を続けてみることです。

 

そこから新たな自分が生まれ、今まで見えなかった何かが見えてくることでしょう。

 

夢があるならどんな状況でも毎日全力を尽くす覚悟をきめる

夢を叶えるために頑張っている人は、どんな状況でも毎日全力を尽くす覚悟をきめることです。

夢を叶えるのは、かなり大変なはず。

だから「夢」という言葉で逃げているのです。

 

そもそもそれは本当にやりたい仕事ですか?

 

夢のために頑張ることは誰でもできる。

でも本当に叶える方法を理解して努力している人は、ごくわずかしかいないのです。

 

夢を叶えるための日々の目標が、細分化されていないのです。

つまり今も、先のことも見えていないと言えるでしょう。

 

仕事が続かないのは自分の未熟さが原因と認める

f:id:m-danjyo:20170526172441j:plain

まずは仕事が続かないことを、自分の未熟さのせいだと自覚することが大切です。

夢とかやりたい仕事にこだわる人は、たいてい「自分は優秀だ」と思っていることが多いのです。

 

でも現在夢が叶っていないということは、あなたに何かが足りないのです。

その中でも1番最初に考えなければいけないのは、自分の未熟さを認めることです。

そうすればきっと、何かが見えてくるはずですよ。