読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちの道

あなたの今日がちょっぴり幸せになるように

スポンサーリンク

働きやすい職場の条件って何?自分に合った会社の探し方

働きやすい職場とは、どんな条件の会社だと思いますか?

あなたの人生を笑顔にしたいライター兼ブロガーの壇条美智子です。

 

今あなたが勤めている会社は、働きやすい職場だと感じているでしょうか。

この記事を読んでいるということは、もしかしたら「働きにくさ」を感じているのかもしれませんね。

 

ではどんな会社なら「働きやすい職場」と呼べるのでしょうか。

 

働きやすい職場の条件とは?

f:id:m-danjyo:20170305074848j:plain

働きやすい職場の条件とは、あなたの感じ方によって変わります。

とはいっても、だいたいみんな同じようなことを感じていますよね。

 

①セクハラがなく女性がのびのび仕事できる

働きやすい職場とは、女性がのびのびと仕事ができる会社です。

女性にやさしい職場は、どんどん業績が上がるとも言われているんですよ。

日本の世の中を動かしているのは、女性なのかもしれません。

 

もしセクハラなどの問題があり、女性が働きづらい職場環境は、他にも何らかの問題を抱えていることが多いでしょう。

男性からすると「何でもセクハラとか言いやがって」と思うかもしれませんが、不快に思うレベルは人によってちがうんです。

 

そもそも女性を不快にする発言をすると、職場で彼女をつくれません。

だって、「あー、きっとこの人は、他の場所でもそういうこと言うんだろうな」と思っちゃいますから。

 

②パワハラがなく風通しの良い職場環境

働きやすい職場の条件とは、たった一人の声が届くくらい「風通しの良い職場環境」であることが必要です。

上司のパワハラなどもなく、社員一人一人の声に耳を傾ける「会社側の姿勢」に誠意を感じるんですよね。

そういう雰囲気って社員にも伝わるし、それに応えようと社員も一生懸命に仕事をするんです。

 

③福利厚生をしっかりと利用できる

f:id:m-danjyo:20170305075156j:plain

福利厚生と言えば、「有給休暇」や「育児休暇」、「社員食堂」や「保養施設」などの充実が挙げられます。

スポーツジムの会員というのも、福利厚生に入っている会社もありますよね。

 

うらやましいです。

でも、どんな福利厚生を掲げていようとも、それを正当に利用できなければ意味がありませんよね。

 

中には有給休暇を取れない会社や産休・育休から戻ると、居場所がなかったなんてことも実際にあるんでしょうね。

ひどい会社です。

 

④無理な残業を強要されない職場

働きやすい職場の条件は、無理な残業を強要されないこと。

もし残業を強要されているなら、それは「ブラック企業」の可能性大ですね。

 

業務量を考えると当然の場合もありますが、その場合はそもそも社員のキャパオーバー状態でしょう。

社員の心とからだの健康を考えている会社とは、残念ながら思えませんね。

 

⑤仕事の悩みを相談できる人がいる

f:id:m-danjyo:20170305074328j:plain

仕事をしていると、さまざまな悩みを抱える人がいるでしょう。

そんな時に相談できる相手がいるのといないのとでは、精神的な負担がかなり違います

 

ストレスチェックが推奨されているくらいですから、「ストップ過重労働!」という感じなんですね。

なかなか会社にカウンセラーがいる職場も少ないでしょうから、自主的にクリニックへ行かないといけないかもしれません。

 

自分に合った会社の探し方はどうしたらいい?

「自分に合った会社なんて、どうやって探せばいいの?」と思っているかもしれませんね。

自分に合った会社ですから、自分の素直な気持ちを整理してみましょう。

 

①まずは自分の希望条件を明確にする

自分に合った会社の探し方は、自分の希望条件を明確にすることです。

希望条件をぜんぶ挙げたらキリがないかもしれませんが、まずは自分の希望を見直してみることが大切です。

 

それが明確になれば、どんな会社が合っているのか自然とわかってくるはずですよ。

逆に「こんな職場だけはイヤ!」という部分を挙げるのも効果的です。

 

②どうしても譲れない条件を1~2個ピックアップする

自分に合った会社の探し方は、①で挙げた希望条件の中で、どうしても譲れない条件を1つか2つ選びましょう。

そしてその条件を元に就職活動をすれば良いんです。

 

人は欲が出てくるものですから、「あれも譲れないし、これも譲れない」なんて欲張ってしまうもの。

だから先に「どうしても譲れない条件」を決めておくのです。

そうすれば迷わずに決断することができるはずですよ。

 

③なるべく会社の雰囲気を肌で感じる体験をする

なるべく入社前に会社の雰囲気を肌で感じることが必要です。

就活生なら会社訪問などを利用すると良いかもしれません。

 

それ以外はなかなかむずかしいですが、接客業ならお客として体験してみることもできるでしょう。

客観的にその会社を見てみることが大切です。

 

働きやすい職場とは無理をしないで全力を出しきれる環境

働きやすい職場の条件をご紹介してきました。

「けっきょく働きやすい職場って、何なの?」と思っている人もいるかもしれません。

 

ワタシが考える働きやすい職場とは、「無理をしないで、全力を出しきれる環境」だと思います。

あなたは全力を出しきれていますか?