読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちの道

あなたの今日がちょっぴり幸せになるように

スポンサーリンク

40歳までにやっておけば良かった!と女性が後悔すること

40歳になってから「もっと早くアレをやっておけば良かったぁ~!」と後悔するのは、独身女性でも結婚している女性でも同じです。

あなたの人生を笑顔にしたいライター兼ブロガーの壇条美智子です。

 

あなたには「あの時こうしていれば」とか「あの時もっとできてたら」という、後悔のタラレバはありますか?

ワタシも実際ありますよ、数々の後悔たちが。

 

そんな女性の声をまとめてみます。

 

40歳になって「やっとけば良かった!」と思ったこと

独身女性と既婚女性それぞれの40歳になって「やっとけば良かった」と思ったことを挙げてみましょう。

 

①生活費のことなんて考えず「子どもを産んでおけば良かった」

f:id:m-danjyo:20170305130759j:plain

もちろん生活費は大事ですよ。

ワタシもそれが理由で子どもを産まなかったわけですからね。

でも一生子どもを持たない人生に納得できないのなら、生活費のことなんて後からついてくること。

 

お金は何とかしようと思えばできるけど、高齢出産は気合いでどうにかなるものではないんですよね。

こればっかりは欲しくてもできない人もいるし、自分ではコントロールできない人もいる。

自分の気持ちに、若いころから気づいていれば一番良いんですけどね。

 

②「あの彼と結婚しておけば良かった」「もっと早く婚活しておけば良かった」

40歳になって後悔することは、「あの時の彼と結婚しておけば良かった」ということ。

これは独身40歳女性のナンバーワンではないでしょうか。

 

また「もっと早く婚活しておけば良かった」というのも、切実な心の叫びですね。

30代後半でも苦戦しているのに、40歳で婚活はかなりむずかしいのが現実。

 

でも自分がその年齢になるまで気づけないのも確かなんですよね。

人間って不思議な生き物です。

いちばん頭良いはずなのにね、なぜわからなくなっちゃうんだろう?

 

③「転職やキャリアアップをしておけば良かった」

40歳いや35歳から求人は一気に減ります。

でもついつい転職を先延ばしにしていたのではないですか?

 

「もう少し今の会社で勉強してから」とか「資格を取ってから就職しよう」とか考えてませんか?

30代という時間は、あっという間に過ぎていきます。

ですから「思い立った日が吉日」なんですよ。

 

またキャリアアップも若いうちにしておいた方が良いと後悔する40歳女性が多い模様です。

勉強したくても、スキルアップしたくても、思うように頭に入って来ないときがあります。

それは脳の老化が進んでいると言えるのかもしれません。

 

④とくに海外は結婚前に「好きな場所に行っておけば良かった」

結婚してからでも旅行はできます。

ただ、さすがに海外旅行はチョットむずかしいですよね。

家族と一緒に行くならいいけど、自分だけ行くなんてきっと無理。

 

家族と一緒なら一緒で、大変なことも多いでしょうけどね。

だから結婚前の若いうちに海外旅行はしておきましょう。

 

⑤淑女を目指した結果が「もっと男に抱かれておけば良かった」

40歳になった女性が思うことは、「もっと恋愛をしておけば良かった」とか、「もっと男に抱かれていけば良かった」なんてことを感じるようになるかも。

 

でも男性は若い女の子が好きなもの。

40歳の淑女には、なかなか興味を持ってもらえません。

若い女の子なら「初めて」の言葉に燃え上がる男性は多いだろうけど、40歳の女性に「初めて」と言われると引いてしまうでしょうね。

 

「結婚するまでは」とせっかく守ってきた宝物が、一気にガラクタに変わってしまったようなショックがあるでしょう。

 

高齢女子が教える「やっとけば良かった」と思うこと

人生の大先輩である、60歳や70歳の女性たちにも「あの時やっとけば良かった」と思うことはあるのでしょうか。

 

①健康は当たり前じゃない!「健康診断をやっとけば良かった」

70歳くらいになれば、間違いなくどこか1つくらいは調子の悪い場所があるのは当然のこと。

でもなぜか若い頃は、それに気づけないんですね。

 

それを深く実感している高齢女性たちは、「健康診断をやっとけば良かった」と後悔するそうです。

健康は決して当たり前ではないのだと、早めに気づく必要がありそうです。

 

②もう似合わない…「お洒落をしておけば良かった」

50歳を過ぎてから、お洒落の楽しさを知ったという女性のお話を目にしました。

その方はもう60代。

50歳の時から似合っていないことは自覚していたそうですが、キレイな服を着ることによって気分が高まる感じを知ってしまったそうなんです。

 

確かに女性って、着ている服によってテンションが全然ちがいますからね。

でも今さら何を着ても似合わない。

年相応のお洒落ではなく、若い女の子にしか着られない服を着てみたかったのかもしれませんね。その方は。

 

③むしろ遊びすぎ「貯金しておけば良かった」

これは30~50代くらいの女性に多いのかもしれませんが、「やらなくて後悔」するのではなく、「やり過ぎて後悔」するパターンです。

若いころは、今この瞬間を楽しむことを最優先にしてきたのでしょう。

 

でも気づけばもう40歳になってしまっている。

そんな時にふと貯金通帳を見ると、なんと残高が数万円しかない。

これは深刻ですね。

 

結婚している40歳女性でも、「もっと貯金しておけば、好きなように使えるのに」と思うことがあるようです。

財布は一緒じゃないのかな?

夫婦のかたちは、人それぞれですからね。

 

40歳からでも挽回できることは?

f:id:m-danjyo:20170305130551j:plain

人生は一度きり。

後悔ばかりしていても仕方ないですよね。

じゃぁ、今からできることって何なのでしょうか。

 

それはやっぱり「やりたかったことをやってみる」ことじゃないですかね。

「子どもを産む」という種類のことはできないけど、恋したかったなら恋すればいいんじゃないかな、と思います。

 

お金をかけてエステに通ってもいいし、自分を磨くのはいつからでも良いんじゃないかな?って思うんです。

 

だって、そもそも自分磨きなんて自己満足でしょ?

その自覚があるなら、遅いなんてことはないんです。

 

60代で東大に合格した人だっているくらいですから、世の中の常識なんて、あってないようなもの。

そんなものに縛られていたら、つまらない人生になっちゃいます。

 

40歳なんて、まだまだ若い。60歳の人から見れば。