みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

ダメな上司と仕事しても有能な部下になる人・無能になる人

ダメな上司の部下って、同じように無能な人かもしくは有能な人に分かれると思うんです。

しかもかなり極端に分かれる気がします。

 

それって結局自分次第ってことですよね。

どうせなら有能な部下になりませんか?

 

ダメな上司の特徴や口癖

f:id:m-danjyo:20170526005754j:plain

ダメな上司の特徴って、どの会社に行ってもだいたい同じですよね。

そんなダメ上司の特徴を考えてみました。

 

①話し方が偉そうで横柄な態度

あーこの人ダメ上司だなぁ」と感じるのって、話し方が偉そうな人が多くないですか?

それって自分を有能に見せたいけど、本当は無能だからハッタリで威張り散らしていることが多いんです。

 

とくに部下に対しては横柄な態度をとるのに、もっと上の上司にはヘコヘコするんです。

それってみっともないですよね。

思わず「あーはなりたくないな」と思ってしまいます。

 

②部下が成長できない責任をとらない

ダメな上司の特徴は、部下が成長できないことを自分の責任だと夢にも思ってないんですよね。

そもそも部下を教育することは自分の仕事ではなく、「部下が自分で学ぶことだ」とかもっともらしい発言をしちゃうんです。

 

不思議ですね。

じゃぁ上司がいる意味って、いったい何なのでしょうか。

きっと考えたこともないんでしょう。

 

③「大丈夫、何とかなるから」と言ってどうにもならない

ダメな上司の口癖は、分析もしていないのに「大丈夫、何とかなるから」と言うことです。

そういう場合は、たいていどうにもならないことが多い

 

「大丈夫」の根拠がないのですから、当然の話なんですけどね。

それに気づいていないところがダメなんでしょう、きっと。

 

無能な上司といると無能な部下になる理由

無能な上司と仕事をすると、なぜ無能な部下になってしまうのでしょうか。

それって部下の性質に関係しているんですよね。

あなたは大丈夫でしょうか?

「上司がダメ人間だから~」とか言っていると、自分の無能をさらけ出していることになっちゃうかも。

 

①無能な上司に媚びを売っても無能にしかなれない

無能な上司とタッグを組んで無能になっちゃう部下って、無能な上司に媚びを売っていることが多いんですよね。

そんな上司に気に入られたところで、有能にはなれないことを本当はみんな知っているんです。

 

でもかわいそうな無能な部下は、それに気づけないんですね。

上司とまるっきり同じ道が確定されてしまうでしょう。

 

②怠けたいという欲求が強い

無能な上司の下で無能になる部下は、これでもかというくらい仕事を怠けたいと思っているんですね。いましたよ、ワタシの職場にもそんな人。

できれば仕事なんてしたくない」と思ってるんじゃないでしょうか。

 

無能な人は、地位が高くなればなるほど楽ができると思ってるんですよね。

実際はその逆なのに、考え方が単純と言いますか……。

 

③怒られなければいいと考えている

無能な人って、上司に怒られることを異常なほど気にするところがありますよね。

自分がダメ人間に見られることに恐怖を感じているのかもしれません。

なぜなら、自分でもうすうす気づいているから。

 

だから無能な人は、「怒られなければ万事OK!」みたいに感じてるんでしょうね。

本当はダメ出しされた方が伸びるのに、何とももったいない性格です。

 

有能な部下になるための上司との付き合い方

有能な部下は、どんな上司と仕事をしても同じように功績を残します。

その理由は、上司との付き合い方にヒントがありそうですね。

 

①反面教師にして自分の反省点を自覚する

有能な部下は、ダメな上司を反面教師にしていることが多いです。

だからといって上司にダメ出しなんてしませんし、上司をバカにした態度もとりません。

ただただ人の悪い部分を見て勉強するのです。

 

そうすることで自分の欠点とも向き合うことができるんですよね。

あっ、自分もこんなことしちゃう時あるかも」と素直に自覚することができれば、どんどん優秀になっていけるはずです。

 

②ビジネスライクな接し方を徹底する

有能な部下は、どんな上司ともビジネスライクな接し方を徹底しています。

変に媚びたり、ご機嫌をとったりすることもありません。

逆にかんじ悪い態度をとったり、無視するようなこともしません。

 

そこに感情をはさまず、そつなく社交的に接するのです。

それこそが究極のビジネスライクですね。

 

③ひたすら自分の仕事に集中する

有能な部下になるには、ひたすら自分の仕事に集中することです。

まわりの雑音に気を取られずに、仕事の効率と正確さを追究することに時間をかけています。

 

だからこそ何か上司に指摘されたときには、それが正当なダメ出しなのか、それとも理不尽な言いがかりなのか区別がつくのです。

それが人に左右されない毅然とした行動なのです。

 

ダメな上司への対策は自分を見つめることから

ダメな上司と仕事をしていたって、有能になれる人はいます。

だから「無能な上司だから自分もダメなんだ」と考えるのはお門違いです。

あなたが今置かれている環境は、すべて自分がつくり上げたものなんです。

 

多くの人はそれを周りのせいにしたがります。

誰だって面倒な責任は負いたくないんですよね、本当は。

でも自分の人生への責任くらいはとらないとね。