みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

断捨離で「捨てなきゃよかったー!」と後悔する物は20年後にわかる

断捨離とは物に対する執着心を解きはなち、精神衛生的に豊かな生活をするための整理整頓のこと。

これは物だけではなく、人に対しての断捨離も含まれると言います。

 

でも後になって「捨てなきゃよかったー!」と後悔している人もいると聞きます。

まさにワタシもその一人です。

 

ワタシの場合は「大切な思い出の品」を捨てて後悔しているわけではありません。

もっと根本的に価値のある物を捨ててしまったことを後悔しているのです。

 

捨てて後悔している理由と、なぜその「物」への価値をいま感じているのかを説明しましょう。

未来のあなたが、断捨離で後悔しないための参考になればうれしいです。

一般的な「断捨離して後悔する物」とは少しちがいますけど。

 

ワタシが断捨離して「後悔した物」と「後悔した理由」

f:id:m-danjyo:20170526005134j:plain

これから紹介する物は、すべてその頃つき合っていた彼と別れた後に捨てた物。

断捨離して後悔する人の中には、思い出の品を捨てて後悔することが多いようです。

でもワタシの場合はちょっと違うんです。

 

ワタシも恋愛中の記憶がよみがえるからという理由で捨てましたが、20年たった今、モーレツに後悔しちゃってます。

それの理由は、現在の切実な状況と関係しています。

 

①20歳の頃に買ったオバサンになっても着られる高価なコート

20歳の頃、ちょっと大人ぶりたかったワタシはシンプルデザインの高価なロングコートを買いました。

とくにコレといった特徴もなく、洗練された印象のグレーのコートです。

 

ウエスト部分のくびれもなく、ざっくり着られる割にカチっとコーデにも、カジュアルにも着こなせる万能コートでした。

その頃の彼はとてもそのコートを気に入っていて、かなりの頻度で着ていたのです。

 

でも彼と別れてからそのコートに魅力を感じなくなり、段々と着なくなっていきました。

今とちがって痩せていたので、体型を隠してしまうことがもったいないと思ったのです。

 

でも20年たった今、モーレツにそのコートが欲しいんです。

その理由は2つ。

 

1つは体型を隠せるから。

今ならあのコートの良さがわかります。

 

そしてもう1つは、現状であんな高価なコートを買う余裕がないからです。

良い物は何年たっても価値があるというのは本当ですね。

しかも流行に関係なく着られるほどシンプルなデザインだったので、後悔の熱は高まるばかりです。

 

②普段着として着られて洗濯OKのウールの着物

ウールの着物一式を彼に買ってもらったことがありました。

彼は着物が好きだったので、自分色に染めたかったのでしょう。

ワタシも着物が好きだったので、何の抵抗もなく普段から着ていました。

 

でも彼と別れてから、着ていく場所がないということと、彼に買ってもらったという思いだけが残ってしまいました。

そして踏ん切りをつけるために、リサイクルショップに売ってしまったのです。

 

今になって「お正月くらい着物が着たいなぁ」と思うことがありますが、年に1回くらいしか着ない物を買う余裕がありません。

着物は体型を選ばないので、「今こそ着物が着たいのに」と後悔しています。

 

③捨てたことで後悔している本当の理由

物を捨てるというのは、思いも一緒に捨てるということです。

確かにその時は、思い出の品を捨てることで未練を断ち切ったとスッキリしていました。

でも何年も経ってからその「思い」ではなく、「物」自体に未練が出てしまったのです。

 

つまり物を捨てないと思いを断ち切れないと思っているうちは、その思いに支配されていると言えるのかもしれませんね。

そして思い入れなしに、純粋にその「物」の価値を知ったとき後悔するのです。

 

元カレの連絡先を断捨離して後悔する女子が急増中?

いま婚活をしている30代~40代の女性が後悔していること。

それが「元カレの連絡先」を断捨離してしまったことです。

それこそ交際していたのは10年くらい前であることが多いのではないでしょうか。

 

その10年間で何人かの男性とお付き合いをしてきたはずです。

でも結婚まで至らずに婚活をはじめた女性たち。

きっと30歳になった後で婚活をはじめたのでしょう。

 

そして婚活の厳しい現状を目の当たりにして、ふと思うのです。

「あの時の彼は、今思えば悪くなかった」と。

 

ただ連絡先はとっくの昔に消去してしまっている。

彼と連絡を取ろうにもその手段が見つからないのです。

そしてフェイスブックで検索したりする。

 

そんな風に元カレを探しまくっている女性たちに1つだけ言いたいことは、「結婚相手を探すこと」ではなく「結婚したいと思われる自分」を見つけることに必死になった方が未来は開けるということです。

未来のあなたへ幸あれ!

 

【結論】断捨離しても心配することはありません

f:id:m-danjyo:20170526005238j:plain

断捨離してから後悔するワタシのような人は、本来の断捨離に成功していないということなのかもしれません。

断捨離した時は、その「物自体の持つ価値」に気づけず、自分の未来を想像することもできなかったのです。

 

物をどんどん買ってしまうワタシのような人は、けっきょく物に対する重みを感じていないのですね。

心のどこかで「また買えばいいや」という気持ちがあるから、簡単に買い、簡単に捨てられるんです。

 

でも安心して下さい。

 

あなたにとって本当に必要な物は、必ず捨てても戻ってくるものなんです。

姿は変わっているかもしれませんが、同じくらい価値ある物になって戻ってくるんです。

もしくは、もっと価値あるものに変化して。

ワタシは今、そう感じています。

 

だからむやみに欲しがらず、むやみに捨てず、むやみに溜めこむのをやめてみませんか?