みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

男をメロメロにする女の色気の作り方!ふんわり柔らかい空気感と近づきたくなる色っぽさ

色気というと「セクシーになれってこと?」と思うかもしれませんが、じつはまったく違います。

英語にすると同義語のような感じですが、日本語でいう色気とは「内面からにじみ出てくる艶っぽさ」のこと

またほとんどの場合、顔の美醜は関係ないんです。

 

誰でも今日からできるというわけではありませんが、少しずつ身についてくるのです。

計算された色気は、相手にも気づかれてしまいます。

 

ワタシが女性の立ち居振る舞いを学んだ経験を基にして、それを恋愛バージョンにアレンジしてお伝えします。

 

一夜漬けの色気ではなく、本物の女の色気を手に入れてみませんか?

 

どんな色気に男性はメロメロになるの?

男性の気を惹く色気…それは露出の多いファッションやナイスバディな体型ではありません。

もっと感覚を刺激するような「女らしさ」だとワタシは思います。

ではどんな色気に男性はメロメロになるのか見ていきましょう。

 

①内面からにじみ出てくるようなしっとり感

男性がメロメロになる女の色気とは、本人が意識しているわけではないのに自然とかもし出されてしまうものです。

内面からにじみ出てくるしっとりとした感じに、男性は引き寄せられてしまいます。

 

②ふとした瞬間に感じる絵になるような美しさ

女の色気に年齢は関係ありません。

若い女性でも色気を感じる瞬間はあります。

たとえば放課後の教室で、窓の外を眺めている姿が絵になっているというのも男性が色気を感じる瞬間ではないでしょうか。

 

③手が届きそうで届かない絶妙な距離感

色気を感じる女性は、話しかけやすそうな親近感があります。

でも近づいてみると、まとったオーラで触れることまでは許されないような絶妙な距離感があります。

そのもどかしさに男性は引き込まれてしまうのでしょう。

 

④香りが漂ってきそうなふんわりとした空気感

色気のある女性は、イメージ的にいい香りが漂ってきそうな雰囲気を持っています。

ふんわりと柔らかく、そして淡い色のついた空気感があるのです。

言葉で表現しようとすると、せっかくの世界観がこわれてしまう。

 

そんな言葉を超えたところにあるのが、女の色気だとワタシは思います。

どんな言葉でも表現できない感覚的なものなんです。

 

こんな色気では本物の男は落ちない

女の色気をなめている女性は、安っぽい色気で安っぽい男をつかまえます。

ではどんな色気がダメなのか、ちょっとだけ説明したいと思います。

 

①「足を組む」は欲望をかき立てるだけ

足を組む女性になぜ男性は色気を感じるのか。

それは簡単です。

見えそうで見えないから男性の想像力を刺激するんです。

 

そこにある男性の感覚は「欲望」だけです。

つまり「女らしさ」を感じているのではなく「肉体関係を求めている」だけ。

それは本当の色気ではないんですよね。

 

②「髪をかき上げる」のは周りへの配慮が足りない

色気を感じる女性の仕草の定番といえば「髪をかき上げる」ことですよね。

これはあまりにも安っぽい行動です。

そもそも人前で髪に触れるという行為は、まわりへの配慮が感じられません。

 

むかし「食べる前に髪をまとめる女性が色っぽい」とテレビで誰かが言っていましたが、食事を目の前にして髪をバサバサとやるのは、まわりの人からすると迷惑です。

色気のある女性は、人前で化粧をしたり、髪をいじったりは決してしないのです。

 

③フェロモンを出そうとして香水がキツすぎ

たしかに香りには性的な興奮を刺激する力があります。

でも性的な魅力に直結する色気は、今回のお話とはズレています。

 

女の色気を感じるとすれば、それは「近づいたらほのかに感じる香り」です。

だからこそ「もっと近づきたい」という男性の感覚を刺激することができるのです。

 

【女の色気の作り方】イメージは和風美人

f:id:m-danjyo:20170526004507j:plain

いよいよ女の色気の作り方をご紹介していきますね。

イメージとしては、和風美人という感じでしょうか。

 

奥ゆかしくて清楚で、芯の強さを持っている女性。

でも守ってあげたくなるようないい女になりましょう。

 

①ゆったりと動くことで色っぽく見える

いちばん簡単でわかりやすい色気の作り方は、ゆったりと動くことです。

せかせか焦ったり、取り乱しているのは美しくありませんよね。

どんな時にも冷静で、まわりの人への気づかいも忘れないようにしましょう。

 

本当の意味でこの色気を手に入れるためには、自分に自信を持つことが必要です。

自信のある人は、どんな時でもあわてて取り乱すことはありません。

 

②まっすぐな姿勢で凛とした美しさを演出

女性の色気で大切なことは、美しい姿勢です。

これは基本中の基本と言えるでしょう。

意識して姿勢を良くしようとすると、どうしても硬くなってしまいます。

 

でも最初はそれでも良いのです。

姿勢はクセですから、毎日意識するしか方法はありません。

そのうち身についてくると、いつの間にか自然な姿勢を美しくできるようになるでしょう。

 

③ひかえめな笑顔はうつむき加減で奥ゆかしさを

女の色気は物憂げな表情だけではありません。

物憂げとは、どこか影のあるような感じのことです。

そこに色気を感じることもありますが、やはり男性の心をつかむのは「女性の明るさ」です。

 

明るい女性に惹かれる男性が多いのは、言うまでもありませんよね。

ただし大口を開けて大笑いすれば良いということではありません。

 

笑顔は明るく、でもちょっとひかえめに笑うことで品格を感じさせます。

そして少しだけうつむき加減で奥ゆかしさを演出すると、男性はメロメロになっちゃいますよ。

 

④おだやかな話し方で声のトーンを柔らかく

声のトーンは高すぎず低すぎず、不快に感じないで聞き取りやすいのがベストです。

発声の仕方はハッキリと滑舌よくすることよりも、柔らかくふんわりとした感じが良いでしょう。

 

女の色気は歩んできた人生が見える

f:id:m-danjyo:20170526004551j:plain

女性の仕草から自然とにじみ出てくる色気って、その女性が歩んできた人生が見えるんです。

育ちの良さが感じられる女らしさや、持って生まれた天性もたしかにあります。

でも少しずつ身につけていくこともできるんですよ。

 

むかし仕事の関係で、CA(キャビンアテンダント)による接遇マナーを教え込まれたワタシは、初めて女性の立ち居振る舞いの美しさを知りました。

 

指の先まで意識した仕草は、一度身につけると一生ものです。

あなたもぜひ実践してみてくださいね。

 

女性から見ても美しい仕草は、男性の心をつかまないはずはないんです。