読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちの道

あなたの今日がちょっぴり幸せになるように

スポンサーリンク

寝室の風水で運気アップ!眠るだけで運を引き寄せる方法

「眠るだけで運気が上がる」

 

そんな方法があったら試してみたいと思いませんか?

お金も時間もかけずに、寝室の配置や眠る向きを変えるだけ。

それなら今すぐにでもできそうですよね。

 

ワタシは最近、体調がわるくて困っています。

 

「これってもしかして、風水的に悪い寝室なのかもしれない!」

 

そう思って風水について調べてみました。

もしあなたもワタシと同じように、今ちょっとだけ辛いなら、眠り方を変えるだけで何かが変わるかもしれません。

 

一緒に運気を引き寄せてみませんか?

 

寝室の風水で良くないもの

まずは、風水的に良くないものから見ていきましょう。

風水的にも良さそうなのに、じつは寝室にあると良くないものがあります。

あなたの寝室はどうなっているか、チェックしてみましょう。

 

①観葉植物が置いてある

f:id:m-danjyo:20170315165711j:plain

観葉植物は、風水でも良いと言われているアイテムです。

だけど寝室に置いてあるのは、あまり良くないらしいんです。

意外ですよね。

 

寝室は陽の気よりも、陰の気を強くしておくことが大切です。

その方が、ゆっくりとやすらげる場所になると言われています。

生きている植物は陽の気がつよく、やすらげる場所ではなくなってしまう可能性があるそうですよ。

 

②南枕で寝ると風水では良くない

あなたはどの方角に頭を向けて眠っていますか?

北枕は良くない」と昔の人は良く言っていましたよね。

でも風水では、南枕がいちばん良くないと言われているんです。

 

「じゃぁ、どっちの方角を向いて寝ればいいの?」と思いますよね。

それは後ほどご紹介しますので、もう少しだけお付き合いください。

 

③寝ている姿が鏡に映らないようにする

あなたの寝室に鏡やドレッサーはありますか?

女性の寝室にはドレッサーがあった方が良いんです。

ただ、あなたが寝ている姿が鏡に映ると良くないと言われています。

 

なぜかというと、あなたが受け取るはずの運気を鏡の中のあなたが吸い取ってしまうんだとか。

ちょっとオカルト的でなんだか少し怖いですが、人は眠っている間に運気をチャージするそうです。

 

せっかく寝室を風水的に良く変えても、鏡の中の自分に運気を持って行かれたら困りますよね。

どうしても鏡に映ってしまうようなら、鏡に布をかけるだけで改善できるみたいです。

 

④寝室が真っ暗で明かりが何もない

安眠効果を考えて、眠るときに部屋を真っ暗にしている人は多いと思います。

少しでも明るいと、安眠がさまたげられると言われていますからね。

でも風水的にみると、真っ暗な寝室は良くないそうなんです。

 

もし真っ暗にしているなら、豆電気や足元の保安灯くらいはつけておいた方が良いでしょう。

「明るいと眠れない」という人は、足元だけを照らしたり、アイマスクをすると良いですよ。

 

今日から運気アップする寝室の風水

f:id:m-danjyo:20170315165941j:plain

風水では「寝室」「キッチン」「玄関」が大きなポイントとなります。

この3つの場所が風水的に良いと、運気がどんどんアップすると言われているんですよ。

 

その中でも寝室は、いちばん長い時間を過ごす場所

悪い運気を変えるためには、寝室を変えることがいちばん効果的だということですね。

 

①寝室は換気を良くして湿気をためない

湿気があると、なんとなく良くないイメージだということは、想像つきますよね。

冬などの乾燥する時期は、ワタシも加湿器をつけて寝ています。

でも加湿を気にするあまり、起きたときに布団がびっしょり濡れていたことがありました。

 

寝室の湿度でちょうど良いのは、55~60%くらいだと言われています。

そして朝起きたときに換気をすれば大丈夫でしょう。

つまり「湿気をため込まない」ようにすれば良いということですね。

 

②北枕で寝ると金運がアップする

昔から良くないと言われていた「北枕」ですが、じつは風水的にはいちばん良いと言われています。

そしていちばん悪いのが「南枕」でしたね。

 

北枕で眠ると、地球の引力を自然に感じる向きで、心臓に負担がかからないとも言われているそうです。

そして嬉しいのが「金運アップ」という効果。

迷わず今日から北枕で眠るようにしたいですね。

 

③寝室に朝の光を入れる

寝室が東向きなら、気持ちの良い朝日が差し込んでくることでしょう。

もし東向きの寝室じゃなくても、朝起きたらカーテンを開けて、光を入れるのが重要なポイントです。

 

「どうせすぐに出かけるから」と暗い部屋で身支度を整えていませんか?

部屋に帰ってくる頃にはもう暗くなっているという場合は、どうしてもカーテンを開けるひと手間が面倒かもしれませんね。

 

それでも運気アップのためには、寝室に朝日を入れることは大切なんですよ。

ついでに換気もすると良いでしょう。

ちなみに暗くなる前にカーテンを閉めないと、せっかくためた運気が逃げてしまうそうです。

 

④カーテンや寝具は明るい色で清潔に

寝室のカーテンや寝具は何色を使っていますか?

寝室にはある程度「陰の気」が必要だといっても、黒などの暗い色のコーディネートは良い運気を遠ざけると言われています。

きれいに洗濯されていない寝具も、運気を下げてしまいます。

 

あまり派手な色もやすらげないので、淡いグリーンやピンクなどがおすすめです。

クリーム色なども良いですね。

柄物をえらぶなら、女性なら花柄がオススメ。

恋愛運もアップしてくれますよ。

 

風水では掃除をこまめにすることが最高の運気アップ

f:id:m-danjyo:20170315170648j:plain

寝室の風水はいかがでしたか?

寝具やカーテン以外は、今すぐにでも変えられる方法ですよね。

そして風水でいちばん大切なことは、「きれいに掃除された部屋」です。

 

物であふれている雑然とした部屋や、掃除ができていないホコリやゴミがある部屋は、運気をかなり下げてしまいます。

とくに健康運が下がってしまうおそれがありますね。

 

寝室に限らず掃除をして清潔にしておくことは、風水ではとても大切なことなんです。

ふつうに考えても、掃除をすることは大切ですよね。

きれいな明るい寝室で、目覚めのよい朝を迎えてみませんか?