読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちの道

あなたの今日がちょっぴり幸せになるように

スポンサーリンク

幸せになるために受け入れること!思考を変えるだけで未来が変わる

f:id:m-danjyo:20170325140657j:plain

「今の自分には何かが足りない…」

あなたはそう考えることがありませんか?

 

・今はそれほど不幸じゃないけど、思いえがく幸せな自分ではない。

・理想の幸せへたどり着くために、何をすればいいのかわからない。

 

きっとあなたは、そんなことを考えながら原因不明のモヤモヤを感じているかもしれませんね。

それを解決する答えは、きっともうあなたの手元にあるんです。

でも受け入れる勇気が持てないだけ。

 

だからあなたに、ちょっとした気づきをプレゼントします。

気づくか気づかないかで、人生って大きく変わってくるものなんですよ。

 

5年後のあなたを「今よりハッピーにできたらいいな」と思っています。

 

幸せになるために受け入れる10のこと

幸せになるためには、捨てるべきものもあります。

でも幸せになるために、受け入れることもあるんですね。

 

捨てるべきものは、こちらをヒントにしてくださいね。

www.danjyomichi.net

 

①「ネガティブな感情」を受け入れる

ネガティブな感情とは、あなたが誰かを嫌いな気持ちだったり、ズルしたい・サボりたいという気持ちのことです。

 

そういうネガティブな感情って、誰でも持ってると思うんですよね。

言ってみれば、きたない感情っていうのかな。

 

世の中って、キレイなものは称賛されるけど、きたないものには目や耳をふさごうとしますよね。

でも豊かな感情というものを神様から与えられた人間は、きたない感情もあって当然だと思います。

 

それを抑えこもうとするからストレスになる。

「あぁ、いま自分ネガティブな感情もってるな」それでいいんじゃないですか?

人間なんですから。

 

その感情を不要にまわりにぶつけなければいいだけ。

自分のきたない感情を、静かに受け止めましょう。

 

②「批判や悪意」を受け入れる

他人というのは、誰かに批判や悪意をぶつけたくなるものです。

それはあなたの行動が原因だったり、勝手に嫉妬されていたり。

 

それでストレス発散しているような人は、けっきょくストレスしか残らないんです。

だから、その批判や悪意に感情を左右されるのではなく、「こう思っている人もいるんだ」とただ受け入れればいいだけ。

 

中には、あなたのためを思ってキツイことを言う人もいるはずですから、それに関しては、真摯に受け止めましょうね。

 

つまり無駄にこころを乱されないで、ただ受け入れること。

それだけです。

 

③「不幸や不運」を受け入れる

神様って、じつはチョットだけいじわるなんです。

物事がうまく進んでいるときに油断していると、ふっと不運な出来事を投げ込んできたりする。

 

そして不思議なことに、不運ってなぜか続いたりするんです。

なんか神様に、ためされているような感じですね。

 

また不幸ってなんだか漠然としているけど、難病をわずらったり、大切な人を失ったりすることかな。

多額の借金を背負ったり、縁談が破談になったりすることも不幸かもしれません。

 

さらに言うと、大好きな人にフラれたり、自分だけ怒られるのも不幸と呼べるのかもしれませんね。

 

勘の良いあなたなら気づいているでしょうが、不幸って基準がないんです。

要するに、その本人が不幸だと思えば不幸になるということ。

だから自分の不幸を受け入れたら、その瞬間から幸せに転じることがあるということなんですね。

 

④「失敗や挫折」を受け入れる

不幸や不運は、ある程度「不可抗力」の部分もありますよね。

でも失敗は、自分が招いた結果なんです。

じゃぁ、もし失敗したらあなたはどうしますか?

 

「逃げたい・リセットしたい」という気持ちになるかもしれませんね。

でもよ~く考えてみてください。

今のあなたと変わらないあなたのままで、もう一度おなじことをするとどうなるか?

 

はい、きっとまた失敗します。

じゃぁ失敗しないためには、どうすればいいの?

失敗したことを分析して、改善することですよね。

 

その作業をするためには、失敗を受け入れないとはじまらないんです。

ちゃんと改善できる人は、無意識のうちに「失敗を受け入れる」ということをしているんですね。

 

だから失敗だろうが挫折だろうが、落ちる所まで落ちたら後はのぼるだけ。

ワタシも絶望と感じる体験を何度かしましたが、そんなところでグズグズしてる自分が嫌でした。

 

まずはできることからはじめてみる。それだけのことなんですよね。っていうか、それしかできないんですから。

 

⑤「試練や苦労」を受け入れる

「人生って、どうして苦しいことばかりなんだろう」あなたもそう思ったことはありませんか?

試練や苦労って、どこからともなく湧いてくるんですよね。

 

次から次へとどんどん湧いてきて、油断したらおぼれそうになっちゃうんです。

しかも厄介なことに、一度おぼれると、なかなか戻ってこれなくなる。

まるで底なし沼みたいに、もがけばもがくほど沈んでいくんですね。

 

でも一度、冷静になってみてください。

試練や苦労と正面から向き合ってみると、その肩越しに明るい未来が見えたりする。

目の前の試練や苦労を受け入れれば、その先には幸せが待っているんですよ。

 

受け入れたら、あとは乗り越えることを考えるだけ。

そこでは、もがいてもいいんです。

 

⑥「どうにもならない現実」を受け入れる

自分がおかした失敗や、試練や苦労なら乗り越えられますよね。

でも世の中には、どうにもならない現実というものがあります。

 

たとえば生まれた環境や親は選べないし、変えることもできません。

どんなに恵まれない環境にいても、そこからはい上がる人は必ずいるんです。

 

それは現実を受け入れたからこそ、それを乗り越えることができた成功者です。

現実を受け入れなければ、そもそも乗り越えるべきものが見えませんよね。

 

どうにもならない現実を避けて楽に幸せを手に入れても、そこに本当の喜びや幸せは存在しないでしょう。

なぜなら、手に入れた幸せを心から愛せないからです。

 

⑦「できない自分」を受け入れる

できると思っていたことができないと、かなり屈辱的な気分になったりしますよね。

まさか自分が失敗するとは思っていなかった自信のあることは、とくに敗北感を味わいます。

 

できない自分は、勝ち負けで言えば負けかもしれません。

でもその勝負に負けただけで、人生に負けたわけではないはずです。

 

「人生終わった」と感じることでも、どこかに再起するきっかけはあるはずです。

たとえ無一文になったとしても。

 

だからできない自分をできる自分に変えるためには、まずは受け入れてリベンジするしかありませんよね。

 

だって、できなかったんだから仕方ないじゃないですか。

先にも言ったように、「どうにもならない現実」は、変えることができないんです。

だから次回がんばれば良いですよね。

 

⑧「努力する意味」を受け入れる

できない自分を受け入れたら、あとは努力あるのみです。

「そんなに頑張っても、現実は変わらない。努力するだけムダだ」と言う人もたまにいます。

 

とくに最近の若い世代は、努力することよりも将来の安心のために貯金しようと考えます。

でもじつは、それも努力の1つだと思いませんか?

欲しい物を1つ我慢して、将来のために貯金する。

 

意外とできない人って多いんじゃないでしょうか。

とくにバブル世代なんかは、物欲がつよいですからね。

ワタシの世代は、いちばん特徴がなくてどっちつかずな感じですが。

 

話が逸れましたが、努力にはそれなりの意味があると思うんです。

「努力するだけムダ」と言う人は、きっと本当の努力をしたことがない人だと思います。

努力って、報われるんですよ。

 

でも独りよがりの努力じゃなく、人の助言も聞き入れながら修正を繰り返すことも大切です。

そうしてたどり着くところに、あなたがやるべき本当の努力があるんだと思います。

 

その本当の努力の意味を受け入れたとき、あなたの未来は今より10倍幸せになると信じています。

 

⑨「自分を信じる気持ち」を受け入れる

自分や現状を受け入れて努力をはじめたら、あとは自分を信じるだけですよね。

あなたの夢を叶えるための努力は、きっと生やさしいものではないでしょう。

だから努力って言うんですからね。

 

でもつらい時も楽しみながら努力すると、必ず未来は開けてくるものだと思います。

あとは、この努力の先に幸せがあると信じることです。

期待するばかりで努力がともなわないと、幸せどころか今よりも不幸な未来が待っているだけでしょう。

 

自分を信じる気持ちを受け入れることは、自分ならできると信じることです。

現状に満足したり、やみくもに努力するのではなく、軌道修正を繰り返しながら進みつづけることなんですよね。

 

カンタンなことではありませんが、きっとあなたならできるはずですよ。

 

⑩「今すぐ幸せになる勇気」を受け入れる

人って「幸せになりたい」と言いながらも、意外と幸せになることを恐れている部分もあります。

「いつか幸せになる」って言いながら、目の前にチャンスが転がってきても、それをつかむ勇気がなかったりしませんか?

 

だから「今すぐ幸せになる勇気」を受け入れましょう。

いつでも幸せになる準備をしておくのです。

できる限りのことをしたら、あとは運命を受け入れるだけですね。

 

受け入れることは捨てるよりむずかしかった

f:id:m-danjyo:20170325141058j:plain

冒頭で、幸せになるためには、捨てるべきことと受け入れるべきことがあるとお話しました。

でも実際に考えてみたら、捨てることよりも、受け入れるほうがむずかしかったです。

ここに書かれていることを実践すれば、きっとあなたに何かが見えてくるはずです。

 

それは数年後かもしれませんし、明日かもしれません。

そのために幸せになる準備をしておきましょうね。