みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

自信がない・傷つきたくない!不安な気持ちを解消する方法

f:id:m-danjyo:20170525211040j:plain

あなたは今、出口のみえない迷路をさまよっているような気分ではありませんか?

たった一歩を踏みだせなくて、真っ暗闇のなかにいる気分。すごく、わかります。

ワタシも、そうだったから。

 

たとえば……

  • 恋人との関係がダメになって傷つきたくない
  • 人前で恥をかきたくない(失敗したくない)
  • あの人と能力はそんなに変わらないのに、なんで自分にはできないんだ
  • 自分に生きている価値ってあるのかな

 

こんなこと、考えていませんか?

 

頭では「こんなこと考えてちゃいけない!」ってわかってるのに、どうしても考えちゃうんですよね。

そして、どんどん自信がなくなっていく……。

 

もう自分でも、どうしたらいいかわからないお手上げ状態です。

「誰かたすけてー!」という、あなたの気持ち。

ワタシが受けとりましたよ。

 

これから一緒に、その不安な気持ちの原因を探しに行きましょう。

そして、1日でもはやく生きづらさから解放されて、自分に自信をつける方法もご紹介しますね。

 

あなたの心がフっと軽くなる瞬間をめざします。

 

【特徴】もしかして回避性パーソナリティー障害かも

さきほど冒頭に書いた、恋愛や仕事、人生に対する不安や恐れは、もしかしたら「回避性パーソナリティー障害」の特徴と一致するかもしれません。

じつは最近、このような精神症状で悩んでいる人が多いんです。

 

きっと解決の糸口がどこかにありますから、まずは特徴をみていきますね。

あなたの心の叫びを、ここでさらけ出してみてください。

大丈夫ですよ。ここには、あなたとワタシしかいませんから。では、いきますね。

 

①傷つきたくない

大好きな恋人と恋愛がうまくいってたはずなのに、とつぜん不安に襲われることはありませんか?

今の自分が幸せであればあるほど、「いつか、この幸せが壊れてしまうかもしれない」と不安になってしまうんですよね。

 

この不安はどこから来るのかというと、あなたの「傷つきたくない」という気持ちがつよすぎるからなんです。

傷つきたくないという気持ちが大きすぎると、相手に傷つけられる前に、自分から離れてしまう。

だから、とつぜん自分から「別れよう」と言ってしまうこともあると思います。

 

このように「傷つきたくない」と極度の不安や恐れを感じる精神症状は、回避性パーソナリティー障害の特徴の1つなんです。

恋愛にかぎらず、人とうまく人間関係をつくれないことを悩んでいるかもしれませんね。

とくに新しい人間関係が苦手で、「人といると自然に振る舞えない」と感じることもあるのではないですか?

 

②失敗が怖い

仕事でなにか新しいことに取り組もうとする時、失敗するのがこわくて立ちすくんでしまうことはありませんか?

誰かに批判されることをおそれて、起きてもいない失敗を想像してしまうこともあるでしょう。

 

とくに人前で失敗するのが怖いとか、恥をかきたくないという気持ちもつよいと思います。

「失敗してもいいから」と言われたって、そんなの気休めにしか聞こえませんよね。

「失敗したら、バカにされるにちがいない」と思って、一歩も前にすすめなくなってしまうんです。

 

できることなら、ここから逃げ出したいですよね。

 

このように「失敗するのが怖い」と必要以上に恐れてしまうのは、過去のトラウマが原因になっていることも多いです。これも「回避性パーソナリティー障害」の特徴の1つなんです。

 

過去に人前で大恥をかかされた経験があるとか、人からつよく批判を受けたのが恐怖に感じているのかもしれません。

「あんな思いをするくらいなら、はじめから何もしないほうがマシ」と思ってしまうんですよね。だから自分が知っているテリトリーで、安全に生きていきたいと願っているのではないでしょうか?

 

③自信がない

「もう傷つきたくない」「人前で失敗するのが怖い」と思っている理由は、「自信がない」という気持ちが心の奥にあるからなんですよね。

だって自信があったら、こんなにツラい思いをしなくても自然とできちゃうはずですからね。

 

自信がないから人と関わるのが怖くなって、だんだん人から遠ざかってしまうことが多いんです。不登校や引きこもりになる場合も多いのではないでしょうか?

 

回避性パーソナリティー障害は、人口の1%くらいの人が抱えている精神症状です。あなただけではないんですよ。不安の大きさは人それぞれちがいますが、不安を抱えていることに変わりはありません。

 

いくら汗くさい精神論を言われても、あなたの心には響きません。だって、できるなら最初からやってますから。できないから困っているんです。

好きで孤独を選んでいるわけではないし、人と関わりたくないわけじゃない。

「受け入れてもらえないかもしれない」という恐怖を感じているだけなんですよね?

 

④劣等感を感じる

あなたは「あの人は普通にできるのに、なぜ自分にはできないんだろう」と思っていませんか? それがごく普通のことだったりするから、自分のことがわからなくなる時もあるのではないでしょうか。

 

たとえば、あなたと同じくらいテニスの上手な人がいます。練習のときは対等にプレーできるのに、なぜか試合になると緊張してしまい、いつも負けてしまう。

 

これって、まさにワタシのことです。

中学時代にテニス部だったんですが、練習のときは絶好調で、2番手か3番手の実力がありました。だから当然、外部との試合にも出されます。全員が出られるわけじゃないんですけどね。でも極端にプレッシャーに弱く、試合でサーブが1つも入らなかったこともあります。

あの時のみんなの白けた視線は忘れられません。

 

実力はあるのに、なぜそれを試合で発揮できないのか。真剣に悩みました。でも、その時は解決できなかったんですね。苦しかったです。

 

今思えば、これって回避性パーソナリティー障害の特徴だな、と思います。

回避性パーソナリティー障害は、思春期から成人期に発症しやすいそうです。

 

あなたがもし今、この頃のワタシと同じ悩みを抱えているなら、後半でご紹介する「自信をつける方法」を実践してみてくださいね。

 

⑤自己肯定感が低い

あなたは異性に好意を寄せられたとき、「どうせ自分なんか嫌われるだろう」と思って避けてしまうことはありませんか?

あなたは重要な仕事を任されそうになったとき、「どうせ自分には、できるはずがない」と断ることはありませんか?

 

このように自己肯定感が過剰に低いのは、回避性パーソナリティー障害の特徴の1つなんです。

失敗したり、失望されたり、批判されたりするのが怖いから、本来の自分の能力よりもかなり低い選択肢をえらんでしまう傾向があるんですね。

自分が確実にこなせる事しか、安心して取り組むことができないからなんですよね。

 

自己肯定感を高めるには、自分の価値を認めてあげることなんだと思います。

それは他人が考える基準ではなく、自分の基準で認めることが大切なんです。

 

では、いま感じている不安を解消して自信をつけるには、どうしたら良いのでしょうか。

 

【克服】不安を解消して、自信をつける方法

自信がない、傷つきたくない、失敗したくないという感情は、じつは誰でも持っているものなんですよ。でも、あなたはその不安が、少し大きいだけなんです。

そのような不安を解消して、あなたが自信をつける方法はこちらです。

 

①自分の要求を相手に伝えてみる

あなたは相手に批判されることを恐れて、相手の要求に同意してしまうのではありませんか?

あなたが関係を築きたいと思っている相手に「お寿司が食べたい」と言われたら、本当はピザが食べたいのに自分の要求を飲みこんでしまうのでしょう。

 

もしそこで「いや、ピザが食べたい」と言ったら、相手の不愉快な感情を、あなたは敏感に感じ取ってしまうんですよね。それが嫌だから、はじめから「うん、お寿司がいいね」と言ってしまうのです。

 

でも相手はそこまで怒らないと思いますよ。もちろん人によりますから、比較的あなたを受け入れ態勢の人を選んでためしてみてください。

あなたの要求を通しても相手に攻撃されないことを知ったら、あなたはもっと自由になり、自信をつけることができるはずですよ。

 

②相手に受け入れてもらおうと考えない(ダメならダメでいい)

あなたは自分のことを完全に認めてくれる・受け入れてくれる人にしか、安心して心を開けないんですよね?ワタシもそうでした。

でも無理してまでその相手に依存するわけでもなく、「受け入れてくれないなら一人でいい」と考えていることでしょう。

 

あなたはきっと、「相手に受け入れてもらえなかった瞬間だけ」を恐れているんです。

だから相手に拒まれるかもしれないリスクを避けようとするんですよね。

それで何も行動を起こせなくなってしまうんです。

 

だったら、ダメならダメでいいと開き直ってしまいましょう。

行動を起こしても、行動を起こさなくてもどうせ一人なら、とりあえず行動を起こしてみることです。

それを繰り返していけば、必ずあなたを受け入れてくれる相手に出会えるはずです。そうすればあなたが自信をつけるのは、もう時間の問題ですよ。

 

③できない自分はカッコわるくない

あなたは、自分ができないかもしれない事に取り組むのが嫌なんですよね。そんな自分はカッコわるいと思っていますか?

そういう意味で言ったら、み~んなカッコわるいんですよ。

 

だって、誰にだってできない事があるんです。それでも、できるようになりたいから、失敗を繰り返しながらも、小さな成功を積み上げていくのです。それで少しずつ自信をつけていくんです。

 

まわりをもう一度みてください。きっと苦しみながら頑張っている人がいるはずです。

 

でも、自分よりできない人を探して安心するのは、やめたほうが良いでしょう。なぜなら、あなたの本来の能力がどんどん下がってしまうから。

「挑戦してみたけど、できなかった。でも次は成功させるぞ」というあなたは、カッコイイですよ。

 

④過去の自分を許す・傷つけた相手を許す

あなたは過去にとらわれて、がんじがらめになっているのかもしれません。過去の自分を受け入れられなくて、自分のことを否定しつづけて苦しんでいるのでしょう。

また、過去にあなたを傷つけた相手を許すことができないのかもしれません。あなたにこんな苦しみを与えた相手に、憎しみを持っているでしょうね。

 

そんな過去の自分や過去の相手を許すのは、かなりの勇気と精神力が必要です。本当はこの段階を先にやったほうが良いんですが、心の奥にねむっている感情を呼び起こすことが必要なので、あえて最後にもってきました。

 

少しだけ自分や相手を信じることができるようになってから取り組んだほうが、きっとスムーズにクリアできると思ったからです。

あなたの心の支えになってくれる人がいてくれると、なお良いです。でも時間をかけてゆっくり取り組んでいけば、一人でも大丈夫ですよ。きっと自信をとり戻せます。

 

生きづらさに向き合って心を軽くしよう

f:id:m-danjyo:20170525211205j:plain

あなたはただ、自分の心と向き合うことを恐れていただけです。

今まで感じていた生きづらさと向き合うだけで、心が楽になりますよ。

 

あなたは今日ここで、生きづらさを解消する方法を見つけました。

だからそれを実践して、ゆっくりと時間をかけながら自信をつけていけば良いだけですね。

始めてみるまでは、「できるはずない」と感じるかもしれませんが、ワタシでもできたので大丈夫ですよ。

 

あなたの不安が解消されて、心が軽くなる日が来ることを、こころから願っています。