みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

仕事辞めて後悔した人が「辞めなきゃよかった」と思う理由

f:id:m-danjyo:20170525210634j:plain

「転職先が決まってないけど、仕事辞めたい!」

「これ以上、こんな会社で働きたくない!」

 

そんなことを一度は考えたこと、ありませんか?

この状況に置かれたとき、2つの考えが頭に浮かぶはずです。

 

  1. 本当に辞めていいのかわからないけど、もう限界だから辞める
  2. 今は死ぬほどツラいけど、辞めたらもっと厳しくなるから続けよう

 

いかがですか?

この2つの感情のハザマで、葛藤を繰り返すのではないでしょうか?

 

じつはワタシも勢いで退職して後悔したことがあります。

だからこそ、退職して「あー、仕事辞めなきゃよかった」と後悔する人の理由をお知らせしたいと思います。

それを見て、あなたの葛藤を解決できるヒントになれば嬉しいです。

 

①転職先が決まってない状態で仕事を辞めてはいけない

退職して後悔する理由は、転職先が決まってないのに仕事を辞めてしまった時です。

本当に先のことを冷静に考えられる人なら、計画的に転職することができるんです。

ただし、何らかの理由で限界を感じたなら、仕方ない部分もあるかもしれません。

 

でも、「まぁ、どうにかなるか」という中途半端な気持ちで退職してしまった人の中には、退職して後悔する人がいるんですね。

 

②経済的に焦ってどこでもいいから就職してしまう

退職して後悔する理由は、退職したことで経済的に困ってしまうパターンです。

やりがいのある仕事を見つけることは人生において大切ですが、目の前の生活を維持できなければ意味がありません。

 

そもそも仕事は、お金を稼ぐためにやっているわけです。

もし一生あそんで暮らせるだけのお金があるなら、どんな事業にチャレンジしても良いでしょう。

人の意見など、聞く必要もないでしょう。

 

では、退職したことで生活できなくなったら、あなたはどう解決しますか?

きっと、どこでもいいから就職しようと考えるはずです。

どこでもいいとまではいかなくても、多少は妥協して就職先を決めるはずです。

 

その後に待ち受けている運命は、また転職するということ。

そうなると、今回の転職活動は無意味だったということになってしまいます。

妥協するくらいなら、計画的に転職することをおすすめしたいのです。

 

③面接官への印象がわるい

転職活動をしている人の中には、現職が忙しすぎて転職活動ができないという人がいるようです。

でも面接官からすると、それは言い訳にしか聞こえないと赤裸々なことを書いてある記事を見つけました。

結論としては、転職のために前職を辞めたという理由の中で、面接官を納得させられるものはほとんどないということ。

 

つまり採用される確率が下がるということですね。

でも、転職先が見つかる前に現職を辞めるメリットも確かにあります。

考えられるメリットは1つ。

 

「急募」しているような「即、人材がほしい」という会社からは採用される可能性が高いということです。

 

ただし、あなたが本当に求める転職先がその企業なのか?という疑問は残りますけどね。

 

④辞めてから気づく前職のメリットがある

退職して後悔する理由に、辞めてから前職のメリットを感じるというものがあります。

これはワタシも感じたことがあるのですが、自分のことも含めて言わせていただきます。

 

「甘いです」

 

残念ながら前職を辞めるまで、その仕事の良さがわからなかった人は、どこへ転職しても通用しません。

実際ワタシも、そのあと何度も転職を繰り返しました。

「なんで辞める前に気づけなかったんだろう」という後悔の嵐です。

 

⑤正社員雇用がいかにむずかしいか

転職するということは、もちろん正社員雇用を目指しているということですよね。

正社員をやめてフリーターになるとか、契約社員や派遣社員として働いていくなら問題はありません。(別の問題はありますが)

 

正社員雇用を目指して転職するのなら、年齢やスキルも考えないといけませんね。

それなりの年齢になると、スキルのない未経験の職種で採用される確率はきわめて低いです。

そのようなトータル的な部分も考えなければいけませんね。

現在は、とくに厳しい世の中ですよね。

 

【ワタシの結論】退職して後悔してない人は2種類

f:id:m-danjyo:20170525210728j:plain

さて、あなたの結論はいかがでしょうか?

それでも仕事を辞めますか?

 

ワタシ的まとめはコチラ!

  1. 夢・やりたいことがあり、努力する覚悟ができている
  2. 精神を病むほど苦しんでいた

 

退職して後悔してない人は、この2種類しかないとワタシは思います。

もし退職して後悔している人は、ここまで苦しんでいなかったか、考えが甘かったと認めるしかありません。

 

そこを受け入れられないと、きっとまた同じことを繰り返すのです。

一時の感情や勢いで退職してしまうと、後悔することもあるのだと覚えておいてください。

 

ワタシも勢いで辞めてしまった直後は、後悔するときもありました。

ワタシと同じ轍を踏まないように、後悔しない人生を送ってくださいね。

 

では、ワタシがいま後悔しているかと言えば、後悔はしていません。

なぜなら、今はやりたいことができているからです。

楽しいことばかりじゃないですけどね(笑)