読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちの道

あなたの今日がちょっぴり幸せになるように

スポンサーリンク

きれいな手になりたい!男性の視線を独り占めする女性のハンドケア

f:id:m-danjyo:20170406124331j:plain

女性のきれいな手は、女性以上に男性も見ています。

意識的に見ていなくても、無意識に「きれいな手だなぁ」と思っているみたいですよ。

 

キーボードを打っている時や、何かを書いている時などに、ふと見てしまうらしいんです。

つまり、「しなやかな指先」に注目してしまうのかもしれませんね。

 

じゃぁ、やっぱりきれいな手の女性は、モテるということです。

男性の視線を独り占めしてしまうようなきれいな手になっちゃいましょう。

では、ハンドモデルもやっているハンドケアの方法をご紹介していきます。

 

手がカサカサに荒れる原因

手がカサカサに荒れてしまう原因は、年齢による水分不足も考えられます。

その場合もケアの方法は同じですので、それ以外の原因を見ていきましょう。

 

水仕事・手洗いが多すぎる

家事で水を使う機会が多い人は、手が荒れてしまいますよね。

一生懸命、家事をやった証拠です。

でもそのままでは、手がカサカサに荒れる一方です。

 

またトイレが近い人は、頻繁に手洗いをしますよね。

手洗いをする回数が多ければ、それだけ乾燥しやすくなります。

だからといって、手を洗わないわけにもいきませんから、その都度ハンドクリームを塗るようにすると良いでしょう。

 

ハンドクリームを塗る回数が少ない

手洗いの後にハンドクリームを塗っても、いつの間にか皮膚が白くカサカサと立ち上がってきませんか?

その「乾燥してきたな」と思った時が、ハンドクリームを塗るタイミングです。

 

毎日小まめにハンドクリームを塗ることで、手を乾燥から防ぐことができます。

手が荒れやすいという人は、ハンドクリームを塗る回数が少ないことが原因かもしれません。

 

紫外線による乾燥

お肌は紫外線にさらされることで、乾燥していきますよね。

もちろん手も同じなんです。

長袖のシャツを着ても、手だけは必ず露出しています。だから日焼けするのは当り前なんです。

「でも手袋をするのはチョット……」という人もいるでしょう。

 

仮に日焼けしてしまったとしても、乾燥を防げばギリギリセーフです。

ワタシも手袋をして歩いていると、変な目で見られることも多いですからね。

なかなか普段から手袋をするのは抵抗があるかもしれません。

 

【手タレもやってる】きれいな手になるハンドケア

きれいな手のポイントは、「白い手」と「やわらかそうな手」ですね。

つまり、ツヤとハリのある白魚のような手ということです。

ではハンドケアの方法をご紹介します。

 

①手洗いの後は、しっかりと水分を拭く

まずは手洗いの仕方からご説明します。

殺菌性の高いハンドソープを使っている人も多いでしょうが、それを頻繁に使うと乾燥しやすくなりますのでご注意ください。

 

食事前や帰宅後以外は、昔ながらの固形石鹸がおすすめ。

ただし、よく泡立ててから使ってください

 

そして水を使ったら、手についた水分をしっかりと拭き取りましょう

手に水分がついたままだと、手が乾燥しやすいんです。

 

手を拭くときはゴシゴシ拭くのではなく、パンパンとハンカチで音を立てるように軽くたたくようにして拭くと良いでしょう。

ポイントは、肌をこすらないことです

 

②水を使った直後に、保湿効果の高いハンドクリームを塗る

水を使った後は、手が乾燥しやすい状態なんですね。

そのためこの時が、ハンドクリームを塗るベストタイミングです。

手を洗うたびに小まめにハンドクリームを塗ることをオススメします。

 

保湿効果の高いハンドクリームは、「尿素」や「セラミド」などが配合されているものが良いでしょう。最近は「シアバター」も人気が高いですよね。可愛いハンドクリームがたくさん売っています。

香りの良いものを選べば、癒し効果も得られるので一石二鳥ですね。

 

③お風呂上がりは、まず化粧水から

朝と夜のハンドケアでは、ハンドクリームを塗る前に「化粧水」をつけることをおすすめします。

手も顔と同じですね。

 

とくにお風呂上がりは急速に乾燥していきますので、すぐに化粧水をつけましょう。

その後にゆっくりとハンドクリームをすり込んでいきます。

 

丁寧にハンドクリームをすり込んでいく時間は、ゆったりとリラックスできる癒しの時間にもなります。

自分の手に、愛情を持って塗ってみましょう。

 

ハンドクリームの塗り方をかなり詳しく解説した記事がありますので、こちらを参考にしてみてくださいね。

手のシワの取り方を元手タレが伝授!ハンドクリームの効果的な塗り方 

 

④寝るとき・外出時は手袋をする

せっかくハンドケアをしても、空気にさらされていると乾燥を招いてしまいます。

また衣類や紙類などを触っていると、手の水分が失われていくんですね。

 

そのため寝るときには、ハンドケアをした後に手袋をするのがオススメです。

また外出する時は、できるだけ紫外線対策として手袋すると良いでしょう。

 

寝るときは、コットンや夜用手袋など肌ざわりの良いものを選びましょう。

外出時にはUVカットできる素材や、紫外線を通さない黒の手袋がおすすめ。

とくに運転をするときは手が焼けやすいので、滑り止めのついた手袋をしましょう。

 

きれいな手になるには、むくみも解消しておこう

f:id:m-danjyo:20170406124631j:plain

きれいな手になる方法をご紹介しました。

今までご説明したのは、外側からのハンドケアでした。

では、内側からきれいな手をつくり上げる方法をご紹介します。

 

それは、むくみを解消すること。

むくみは体の中からのケアも必要ですね。

また手をマッサージしたり、ツボ押しをすることでも解消できます。

 

手のツボ押しにおすすめの場所は、

①手のひらの中央にある「労宮(ろうきゅう)」

②手の甲側の腱が交差する部分(たとえば人差し指と中指の付け根あたり)です。

 

マッサージをするなら、指を1本1本押しながら揉んでいきましょう。

そして関節部分の血行が悪くなりやすいため、指を根元から動かしたり、グーパーするのもおすすめですよ。全部の関節を動かすイメージです。

 

そして心臓よりも高い位置に手を上げると、血行が流れてむくみが一時的に解消されます

しばらくは効果が持続しますので、暇な時に手を上げていると良いかもしれませんよ。

 

これで、モテモテのきれいな手になっちゃいましょう!