読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちの道

あなたの今日がちょっぴり幸せになるように

スポンサーリンク

歯石を自分で取る方法!忙しくて歯医者に行けないあなたへ

f:id:m-danjyo:20170413150313j:plain

「歯石がたまっているけど、仕事が忙しくて行けない」

「歯医者に行くとお金がかかるから行きたくない」

「そもそも、歯医者が嫌いだ!」

 

など、いろいろな理由で歯医者に行けない人がいることでしょう。

でも、歯石は長期間ついていると歯周病になる確率が高くなります。

歯周病は進行性の病気なので、完治するのではなく、進行を食い止めることが大切なんですね。

 

歯や歯茎の健康を保つためにも、また口臭予防のためにも、歯石は定期的に取ることが重要です。でも歯医者には行きたくない!というあなたに、自分で歯石を取る方法をご紹介します。

 

【歯石を自分で取る方法】安全なやり方と注意点

歯石を自分で取るには、適切な器具が必要です。

歯科医院で使っている器具が通販でも手に入りますので、それを使うようにします。

「スケーラー」といって、先が曲がった器具です。

 

 

使う前に器具を煮沸消毒することをおすすめします。

さらにコットンをつかって、器具をアルコール消毒しておけば、準備OKです。

 

①スケーラーは先端のほうを持つ

自分で歯石を取る場合には、スケーラーの持ち方にも注意が必要です。

先端から遠い部分を持つと、細かい動きに対応できません。

それだけでなく、スケーラーの先端が滑ったときに対応できず、歯茎を刺してしまうこともあります。

 

そのためスケーラーはできるだけ先端を持つようにしましょう。

そしてスケーラーを持っているほうの手の指を、顔や歯に置いて手を固定しておくことも大切です。滑った時に対応できるためです。

 

②無理に一度に取らない

歯石を自分で取るなら、無理して一度に取ろうとしないことです。

歯医者へ行っても、歯石除去に1~4回くらいかかります。

4~6ヶ月ごとに行っている人は1回で終わる可能性がありますが、長い間歯石除去を行っていなかったのなら、自分でも一度に取るのは大変です。

 

③硬すぎて取れないなら無理しない

歯垢がついたまま2日間放置したら、歯石になるそうです。

ついたばかりの歯石なら、カンタンにポロポロと取れるのですが、長い間ついていた歯石は、かなり硬くなっている可能性があります。

あまり力を入れ過ぎると、滑ったときに歯と歯茎を傷つけてしまうので気をつけましょう。

 

・歯の表面(エナメル質)を傷つけると虫歯になる

はじめは歯石と歯の区別がつかないこともあるでしょう。

また力を入れ過ぎたり、滑って歯を傷つけてしまうこともあります。

そうすると虫歯になってしまうことが多いので、気をつけましょう。

 

・歯茎を傷つける可能性がある

自分で歯石を取るのはカンタンですが、きれいに正しく取るのは案外むずかしいです。

歯茎を傷つけてしまうと、かなり腫れあがってしまうこともありますので、充分に注意して行いましょう。

 

④うがいを繰り返しながら行う

歯医者で歯石を除去するときもそうですが、時々うがいをしますよね。

また、つねに「バキューム」と呼ばれる、だ液などを吸い取る機械を口の中に入れています。

自分で歯石を取る時も、繰り返しうがいをしながら行いましょう。

 

・出血することがある

自分で歯石を取ると、とくべつ歯茎を傷つけたわけでもないのに出血することがあるようです。それは歯周病の可能性もあります。あまりひどくないならすぐに止まりますが、出血が多いなら歯医者へ行くことをおすすめします。

 

・歯石の中の細菌が出てくるから

歯石の中には細菌がたくさん住み着いています。

そのため歯石をくずしながら取ることで、細菌が出てきます。

ですので、うがいを頻繁にやりながら行いましょう。

 

⑤歯茎が腫れて出血がひどいなら歯医者へ

自分で歯石を取る数日前から、歯磨きで歯茎を引き締めておくことが大切です。

しばらく歯石がついている状態は、歯茎が腫れている可能性が高いです。

そのため自分で歯石を取ると、出血がひどくなる可能性があります。

 

・歯周病の疑いがある

出血がひどいということは、歯周病の可能性が高いです。

歯周病は進行性の病気ですから、早期治療がとても重要なんです。

とくべつな手術などをしないと完治するのはむずかしいですが、進行を止めることは可能です。

 

・歯周ポケットにも歯石がある可能性がある

出血がひどい場合には、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の間にも歯石がたまっている可能性があります。

その部分の歯石は、自分では取れません。というか、見えないと言ったほうが良いかもしれません。そのため、やはりたまには歯医者へ行ってチェックしてもらうのが良いでしょう。

 

どうしても歯医者へ行く時間がない人にはおすすめ

f:id:m-danjyo:20170413150005j:plain

歯石を自分で取る方法をご紹介しました。

どうしても歯医者に行く時間がない人には、おすすめの方法ですね。

ただし、次の人は歯医者に行ったほうが良いでしょう。

 

  • 自分でやって、歯茎を傷つけたら怖いという人
  • 歯茎から出血することがたまにある人
  • かなり長期間、歯石がたまっている人

 

このような人は、歯医者で歯石を取ってもらってくださいね。出血がある人は、歯周病になっている可能性が高いですよ。

 

安全に歯石が取れるようにしましょうね。