みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

ペットと暮らす幸せな人生の物語。その愛は永遠に僕の中で生きている!

 

f:id:m-danjyo:20170525160419j:plain

現代社会は、ストレスにまみれています。

ストレスを抱えながらも毎日仕事をこなし、ひとり家に帰ると、静寂が癒しに変わるでしょう。

しかし、何かが足りないと感じたことはありませんか?

 

そんなあなたの人生を、幸せでいっぱいにしてくれる「ペットとの出会い」を綴りました。

 

嫌いな上司と過酷な労働をして帰宅する毎日

あなたは毎日、仕事で身も心もボロボロになっていませんか?

あなたに競争心むきだしの同僚、理不尽な要求をしてくる上司、仕事をなめている後輩など。

しかも毎日ハードワークで、クタクタになって家路につく。

 

そんな毎日を送っていたら、ストレスがたまらないわけがありません。

生活のためには働かないといけないし、辞めても良い会社に転職できるとは限らない。

ならば、このまま奴隷のように働くしかないのか……と人生を悲観してしまうでしょう。

 

静かな部屋でひとりを満喫!でも何か足りない…

そんなストレスフルな毎日の中で、唯一の癒しといえば、ひとりを満喫できる時間。

誰にも邪魔されない空間で、自分の好きなことをして束の間の休息を取るのです。

そしてまた明日も奴隷として一日をすごし、静かな部屋に帰ってくるというくり返し。

 

でも「何かが足りない」と感じたことはありませんか?

このままでは、充実した人生とは、ほど遠いような感じがする。

果たしてこれで、生きている意味があるのだろうか。

 

あなたの頭に、ふとそんな考えがよぎるのです。

 

ペットが我が家にやって来た!波乱のはじまり

f:id:m-danjyo:20170525160502j:plain

あなたは毎日、嫌いな人としか会話をしていないことに気づきます。

会社では、楽しいと思える人間関係を築けない。

家に帰っても、誰とも話さない毎日。

 

その時、あなたの頭に1つの考えが浮かびました。

 

「そうだ、ペットを飼おう!」

それは犬かもしれませんし、猫かうさぎか。

いずれにしても、あなたの家にペットがやって来ました。

 

しかしペットの世話は、思っていたよりも大変です。

汚すし、壊すし、面倒だし。

「やっぱり一人のほうが良かったかな…」と、少しだけ後悔しはじめるあなた。

 

ペットと過ごす楽しさと苦労のはざまで…

ペットと暮らすということは、大変なことが多いです。

おもちゃを買うのとは、わけが違いますからね。

 

でも、そのぶん楽しさも倍増するでしょう。

体温を感じるぬくもりに触れると、あなたは今まで味わったことのないような幸せを感じるはずです。

 

もちろん、苦労も多くなるでしょう。

大事なものを壊されたり、部屋の掃除に手間がかかったり。

 

そんな楽しさと苦労のはざまで、あなたの心は揺れ動きます。

 

ペットは感情が伝わる家族です

あなたのそんな心の動きを、ペットは敏感に感じとります。

ペットは、感情が伝わる「あなたの家族」なのです。

 

あなたが仕事で落ち込んでいる時、体調が悪くて寝込んでいる時などに、そっと寄り添ってなぐさめてくれるでしょう。

 

涙を流した時には、そっとぬぐって(なめて)くれるかもしれません。

ただ何も言わず、となりにいてくれる。

ペットはいつも、あなたのことを一番に考えているからです。

 

そこであなたは、ペットと暮らす苦労よりも、楽しさや幸せのほうが大きいことに気づくのです。

 

幸せな日々がつづき、いつしかあなたの人生から大きなストレスが消えていることに気づきます。

大切な家族を持ったあなたは、ペットを守り、ペットもまたあなたを守っていることに気づくのです。

 

病気のペットを残して仕事へ行くつらさ

しかし、幸せな時間ばかりではありません。

長い間ペットと暮らしていると、いつしかペットが病気になることがあります。

そんな時、あなたの心の中では葛藤が湧きあがります。

 

病気のペットのために会社を休むべきか。

いや、仕事なんだから行かなければいけない、と。

 

そして仕方なく、あなたは仕事に行くことを選びます。

病気のペットを家にひとり残していくのは、本当に心が締めつけられるように苦しいものです。

 

自分がいない時に、何かあったらどうしよう…。

そんな嫌なことまで考えてしまうのです。

 

最期は一緒に語り合おう

あなたと長い時間を過ごしたペットは、ほとんどの場合、あなたよりも命の時間がみじかいです。

病気で苦しんでいるペットを置き去りにして、仕事に行くことがどんなにつらいことか。

大切な家族の最期に立ち会えないことは、きっと一生悔やまれるだろうと考えるのです。

 

そこであなたは、ペットの最期を見届けようと思うかもしれません。

これ以上、苦しめることはできない。

もう、じゅうぶん頑張ってくれたから、最期は苦しめたくない。

たった一人でさみしく逝かせることは耐えられない。

 

だからあなたは、最後の1日をペットと穏やかに過ごすことを選ぶかもしれません。

あなたの腕の中で息が細くなっていく、あなたの家族を見届けるのはつらいことでしょう。

 

でもペットはきっと、大好きなあなたの腕の中で最期を迎えられることに、最高の幸せを感じるはずです。あなたと語り合えた時間は、かけがえのない幸せです。

 

ペットが残してくれたのは「愛」でした

大切な家族の最期を見届けたあなたは、心にぽっかりと穴が開いたように感じることでしょう。

最期の顔が、いつまでも脳裏に焼きついて離れないかもしれません。

 

もしかしたら、「ペットの最期を自分が決めて良かったのか」と後悔しているかもしれません。

でもきっと、あなたがどんな決断を下しても、どれも正しいのです。

なぜなら、そこには「愛」があるから。

 

そしてどんなに悲しくても、ペットが残してくれた「愛」だけは、忘れずに生きていきましょう。

 

あなたが愛したペット。あなたのことを愛したペット。

そこに残っているのは、「愛」しかありません。

 

【人生の宝物】ペットとの思い出は永遠に…

f:id:m-danjyo:20170525160704j:plain

あなたが再び、静かな部屋に帰宅する時、ペットがいない寂しさに押しつぶされそうになるかもしれません。

「こんなにつらい思いをするくらいなら、ペットなんて飼わなければ良かった」と一瞬思うかもしれません。

 

でもきっと、あなたの心には素晴らしい思い出がたくさん残っているはずです。

ストレスしか感じていなかったあの頃に戻りたいとは、これっぽっちも思っていないはずです。

 

大切な家族であるペットと過ごした思い出は、永遠にあなたの心に刻まれています。

それは、大切な家族と出会った人にしか与えられない「人生の宝物」なのです。