みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

日焼け止めはどれがいい?乳液・スプレーなどの特徴とメリット

f:id:m-danjyo:20170525160103j:plain

日焼け止めはたくさんの種類があり、どれを使えば良いのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、さまざまなタイプの日焼け止めをご紹介したいと思います。

 

どの日焼け止めが、どんな人におすすめなのか。

また、どの日焼け止めに、どんな効果があるのかをご紹介していきましょう。

 

SPFとPAをカンタンに解説

日焼け止めには「SPF」と「PA」という文字が書いてありますよね。

SPFとは、紫外線を防御できる時間のこと。でも「SPF30」が30分ではありません。

 

そもそも紫外線が肌に影響を与えるのは、紫外線に当たりはじめてから20分後です。

それをどれだけ引き延ばせるか、という時間計算になります。

計算方法は、紫外線の影響が出る「20分」×SPFの「30」=「600」分(10時間)です。

 

つまり長時間紫外線に当たる場合でも、SPF30~40くらいで充分ということになります。

塗り方の注意点は、のちほどご紹介します。

 

そしてPAとは、紫外線を防御できる強さのこと。

「PA+++」など、+が多いほど強くなります。

 

日焼け止めの機能

日焼け止めの機能には、2種類あります。

 

紫外線吸収剤

1つめは「紫外線吸収剤」と呼ばれるタイプです。

これは、日焼け止めで紫外線を吸収して、肌まで届かせないというタイプです。

成分は石油からつくられる化学物質です。

こちらのタイプのほうが、肌への刺激がつよいと言われています。

 

そう言われると、何だかチョット使いたくないような……。

でも市販の日焼け止めのほとんどは、このタイプだそうです。

 

紫外線散乱剤

2つめは「紫外線散乱剤」と呼ばれるタイプです。

これは、日焼け止めで紫外線を反射させて、肌に紫外線を当てさせないようにするタイプです。

成分は金属由来のものです。

こちらのタイプのほうが、お肌への刺激は少ないと言われています。

 

いわゆる「ノンケミカル」と呼ばれるのが、こちらのタイプです。

「でも肌への刺激が少ない日焼け止めは、紫外線対策には不十分なんじゃないの?」

と思いますよね。

 

では、効果的な日焼け止めの塗り方を見ていきましょう。

 

日焼け止めの効果的な塗り方

f:id:m-danjyo:20170525160203j:plain

多くの日焼け止めは、やみくもに塗ると肌が真っ白になってしまいますよね。

それじゃ外出できません。

そこで効果を発揮して、しかもキレイに見える日焼け止めの塗り方をご紹介します。

 

メイクをする時の日焼け止めの塗り方

  1. 化粧水などで肌を保湿する
  2. 日焼け止めをやさしく丁寧に塗り込む
  3. 化粧下地で色をととのえる
  4. ファンデーションとパウダーで肌をととのえる

 

日焼け止めが強力なほど、肌への刺激が強くなります。

そして白浮きしたり、肌が筋になってしまったり、ドロドロになることも。

そのため、日焼け止めを塗る前に、肌をしっかりと保湿することが大切です。

そして肌が完全に乾いてから、日焼け止めを塗りましょうね。

 

また、メイクの上から小まめに塗り直すことも大切です。

その後にパウダーで肌をととのえると、ある程度は白浮きを防げます。

もし室内にいるなら、朝塗っておけば、それほど塗り直しの必要はないでしょう。

でも紫外線が室内にも降り注いでいることはお忘れなく。

 

レジャーなどで体への日焼け止めの塗り方

肌を清潔にして、乾いている状態で日焼け止めを塗りましょう。

露出している部分にまんべんなく塗っていきます。

汗をかいたら流れてしまうので、2~3時間ごとに塗りなおしましょう。

 

体に塗るのは中々むずかしいので、手が届かない部分はUVカットシャツなどの服で隠したほうが良いかもしれませんね。

 

海水浴や雪山などのレジャーの場合は、もっと小まめな塗り直しが必要です。

1~2時間ごとに塗りなおすようにしましょう。

ケチらずに、たっぷり塗るのがポイントです。

 

日焼け止めタイプ【乳液・スプレー・クリーム・下地・パウダー】

日焼け止めには、たくさんのタイプがあります。

それぞれの特徴があるので、ご紹介します。

 

①乳液・ミルクタイプ

乳液・ミルクタイプの日焼け止めは、肌に優しく「敏感肌の人」や「お子さま」にもおすすめです。伸びがよく使いやすいので、全身にも塗りやすいのがポイントです。

肌に刺激を与える「紫外線吸収剤」不使用のタイプ、つまり「ノンケミカル」が多いのが特徴です。

 

②スプレータイプ

スプレータイプの日焼け止めは、塗りにくい場所にもカンタンに塗れるのがメリットです。

ただし、ムラになりやすいのがデメリットです。

手軽に使えますが、使いこなすのはチョット大変かも。

また顔に直接吹きかけられないタイプが多く、ほとんどが手に吹きかけてから塗る必要があるようです。

 

③クリームタイプ

ほとんどの日焼け止めはクリームタイプですよね。

乾燥肌の人にもおすすめですし、塗りムラができにくいのもメリットです。

ただ油分が多く、ニキビなどの肌荒れを起こしやすいので、しっかりとクレンジングする必要があります。

 

④下地タイプ

クリームタイプと同類ですが、UV化粧品として売られているものも多いです。

下地に日焼け止め効果があれば、余計な手間がかからないので便利ですね。

UVケアできるBBクリームなどがおすすめです。

 

⑤パウダータイプ

パウダータイプの日焼け止めは、紫外線対策としては頼りないのが正直なところです。

でもベタベタせずにサラっと使えるのは、うれしいですね。

クリームタイプなどを使って、メイクをした後にパウダータイプで仕上げするのも良いでしょう。

また小まめな塗り直しにも便利です。

 

自分に合った日焼け止めを効果的に使いこなそう

f:id:m-danjyo:20170525160255j:plain

日焼け止めには、たくさんの種類がありますね。

どれが自分の肌に合っているのか、また使いやすさや機能性も重要です。

 

肌の感触も大切ですし、見た目がなめらかでないと使いたくありませんよね。

どんなシーンで使うのかによって、いろいろなタイプを試してみるのも良いでしょう。

 

あなたにいちばん合った日焼け止めを効果的に使いこなして、紫外線に負けない生活を送りましょうね。