みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

肌がキレイな人の8つの習慣!1日たった5分で輝きのある美肌へ

f:id:m-danjyo:20170525153428j:plain

「肌がキレイなあの人は、きっとお金と時間をかけているんだろうなぁ」

と思っていませんか?

 

でも、肌がキレイな人にかぎって「何もしていない」と言いますよね。

じつはコレ、本当なんです!

 

シンプルなスキンケアこそ、キレイな肌をつくるんですよ。

またスキンケア以外にも、生活習慣にキレイな肌をつくるヒントがかくれています。

そんな肌がキレイな人の習慣を8つご紹介します。

 

①洗顔&保湿の基本のスキンケアだけ

肌がキレイな人の習慣は、スキンケアをたくさんやっているかと言えば、そうでもありません。正しい洗顔と、たっぷりの保湿をするというような、基本的なスキンケアをしているだけなんです。

 

またメイク落としがかなり重要で、しっかりと落とすことで肌トラブルを防ぎます。

でもメイク落としは、肌への刺激が大きいんです。とくにオイルクレンジングはNG。

なるべく刺激の少ないメイク落としで、丁寧に落とします。

 

1日5分のローションパックで保湿

f:id:m-danjyo:20170525153521j:plain

肌がキレイな人は、保湿がしっかりとできている証拠。

そのためには、1日たった5分のローションパックがおすすめです。

また保湿をしっかりするためには、正しく洗顔できていることが重要なんです。

スキンケアは、すべてつながっているんですね。

 

コットンパックのやり方は、コットンに化粧水をたっぷり浸して、それを何枚か顔に貼り付けておくだけ。これはワタシもやっていますが、面倒くさがり屋さんでもカンタンにできるのが嬉しいポイントです。

 

ここで注意することは、「長くつけ過ぎないこと」です。

長くつけ過ぎると、コットンが逆に肌の水分を奪ってしまうんだとか。

 

②運動はコラーゲンをつくる

どんなスキンケアをするよりも、適度な運動を習慣にすることが最高の美肌をつくります。

なぜなら運動することで、からだの中でコラーゲンがつくられるからなんです。

 

からだに酸素を多く摂り込んで血行が良くなることで、細胞が活性化されてコラーゲンをつくりやすくなるんですね。

よくお年寄りは「膝が痛い」と言いますが、運動不足で関節が痛くなる理由も、コレが原因なんです。やっぱり美容と健康は、切っても切れない縁がありますね。

 

③たっぷりの睡眠で美肌へみちびく

f:id:m-danjyo:20170525153639j:plain

肌がキレイな人は、睡眠時間をしっかりと確保していることが多いです。

時間だけでなく、睡眠の質にも気を配っています。

 

肌のゴールデンタイムと呼ばれる、22~2時には眠っていることが多いのも特徴です。

肌だけでなく、健康面や疲労回復にも効果があります。

 

④バランスの良い食事はすべての基本

バランスの良い食事をすることは、美肌のためというよりも、からだのことを考えれば当然のことですね。

美肌のためには、コラーゲンと一緒に摂ると良い「ビタミン」を摂ることです。

とくにアンチエイジング効果の高い「ビタミンACE(エース)」は、しっかりと摂りたいところ。

そして体に欠かすことのできないタンパク質も、しっかり摂りましょう。

 

余計なものは食べない

肌がキレイな人は、ムダなものを省く傾向があります。

とくに間食は美容の大敵ですし、添加物を多く含むコンビニ弁当やインスタント食品は、なるべく食べないようにすることが多いです。

 

⑤寝起きの白湯と小まめな水分補給

f:id:m-danjyo:20170525153728j:plain

朝おきてすぐに白湯を飲む習慣は、美肌のためにはとっても大事なんです。

朝はからだの水分量がかなり減っていますから、水分補給をしないと血液がドロドロ状態。

血行がわるいと、美肌にはなれませんよね。

水分補給は、美肌にとって欠かせない条件です。

 

便秘解消&デトックス効果

朝起きてすぐの白湯は、便秘解消とデトックス効果が抜群です。

からだの中から老廃物を排出してキレイにすることで、お肌もキレイになります。

 

からだの中から保湿する

人間のからだの80%は、水だと言われていますよね。

そのことからもわかるように、水分補給はとっても大切なんです。

 

からだの中の水分が足りなくなると、当然のことながら肌の水分量も減ってしまいます。

肌がカサカサになると刺激に敏感になり、さまざまな肌トラブルを引き起こしてしまうんですね。

 

⑥必要以上のメイクをしない

f:id:m-danjyo:20170525153819j:plain

肌がキレイな人は、メイクが薄いと思いませんか?

メイクは肌をキレイに見せることが目的ですが、肌に負担をかけているのも確かなんです。

以前、美白大臣で有名なクリスタルジェミーの中島香里社長にお会いしましたが、UVケアとフェイスパウダーしか塗っていません。

 

あとはポイントメイクのみで、基本的にファンデーションは使っていないんです。

つまり素肌をキレイにすることが、最高のメイクと言えますよね。

「メイクで隠そうとすると肌が荒れる、肌が荒れるからメイクで隠す…」の悪循環です。

勇気を出してメイクを薄くすると、だんだん肌本来の機能がよみがえってきますよ。

 

⑦やり過ぎや余計な嗜好がない

肌がキレイな人の習慣は、やり過ぎをしないことです。

食べ過ぎや飲み過ぎのことですね。

またタバコなどの余計な嗜好もないことが多いです。

 

食べ過ぎ・やけ食い・ドカ食いをしない

食べ過ぎやドカ食いは、良いことがありません。

ストレス解消のためにやけ食いをしたくなることもありますが、胃腸に負担をかけるだけで、美容にも健康にも良くありません。

肌がキレイな人は、つねに腹八分目で箸を置くことが多いでしょう。

 

タバコやお酒などの嗜好品もほとんどナシ

タバコは百害あって一利なしと言いますが、本当にそうです。

血行を悪くして、代謝を下げて、体臭や口臭も気になるようになります。

 

またお酒は、飲み過ぎなければ問題はありません。

適度なお酒は健康に良いと言われていますし、ストレス解消にもなります。

お酒を飲むと筋肉の緊張がほぐれますので、体も心もリラックスできるんですね。

 

⑧入浴でストレス解消&リラックス

肌がキレイな人は、そもそもストレスをなるべくためないような生活を送っていることが多いです。

女性はあまりストイックになってしまうと、女性らしさが失われてしまいます。

そのため無理をせず、ストレスもためないように心がけているのです。

 

さらに毎日の入浴タイムには、ストレス解消とリラックスをかねて、ゆっくりと楽しみます。

入浴は血行を促進しますので、お肌にも良い効果があるのは当然のこと。

入浴後のスキンケアやマッサージなども、ゆったりとしたリラックスタイムの一環なんです。

 

【おまけ】肌がキレイな人は笑顔が多い

f:id:m-danjyo:20170525154048j:plain

肌がキレイな人の習慣を8つご紹介しました。

もう1つだけご紹介するのは、「笑顔で過ごすこと」です。

 

肌がキレイな人は、笑顔でいることが多いです。

笑顔にも美肌になる要素がたくさんつまっています。

 

まず表情筋を鍛えて、顔のたるみが引き締まります。

顔の血行が良くなり、老廃物を排出しやすくなります。

そしてストレスを解消して、免疫力をアップする効果もあるんです。

 

笑顔にはすごいパワーがありますよね。

まわりの人も幸せにする笑顔で、人生をハッピーに過ごしましょう。