読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちの道

あなたの今日がちょっぴり幸せになるように

スポンサーリンク

仮面夫婦はいつか重大な危機におそわれる!幸せな未来を手に入れるために

f:id:m-danjyo:20170423133336j:plain

「うちってもしかして、仮面夫婦かも?」

と思っていませんか?

中には、仮面夫婦であることを自覚している夫婦もいることでしょう。

日本人って世間体が大事だから、どうしても隠そうとしてしまうんでしょうね。

 

では、仮面夫婦でいることの問題って何でしょうか。

「つまらない」とか「いつか離婚する」ってことだと思いますか?

いえいえ、そんなことではありません。

 

仮面夫婦には「重大な危機」がおとずれる可能性があるんです!

それをこれからご紹介していきます。

 

仮面夫婦の特徴とは?

最近はけっこう増えている、仮面夫婦の特徴をご紹介します。あなたは当てはまりますか?そうでないことを祈ります。

 

会話がない・夫婦喧嘩しない

仮面夫婦の特徴として基本的なのが「会話がない」ことです。子どもがいる時は良くても、夫婦二人っきりになると無言。そりゃ夫婦喧嘩にもなりませんよね。

 

「うちは夫婦喧嘩しているから大丈夫!」

と安心しないほうが良いかもしれませんよ。夫婦喧嘩が多いのは、仮面夫婦になる前兆だと言えます。いつか喧嘩することすら面倒になり、喧嘩しなくなる日が来るかもしれません。

 

離婚するメリットがあれば離婚したい

仮面夫婦の特徴は、離婚しないこと。それは世間体を気にしているからですね。でも心の中では、離婚するメリットがあるなら離婚したいと思っています。そもそも離婚しない理由は、世間体のほかに「経済的理由」「子どものことを考えて」などがあります。

 

じゃぁ、生活に不自由のないお金があり、子どもが片親にならないように、子どもを愛してくれる再婚相手がすぐに見つかれば離婚したい、ということになりますね。それでも離婚という烙印は消えませんが、この条件なら考える仮面夫婦は多いのではないでしょうか。

 

相手に関心・興味が一切ない

相手が何をしていようと、どこにいようと全く関心がないのは、仮面夫婦の特徴です。また相手の好きなものにも興味がありません。

ただ1つだけ興味があるのは、相手の「浮気・不倫」です。それは嫉妬のたぐいではありません。離婚を有利にするための切り札としてです。

 

どちらか一方が我慢しているケースが多い

仮面夫婦には「両方が演じているパターン」と「片方が我慢しているパターン」があると言います。でも、もっと掘り下げてみると、本当はどちらか一方が我慢しているケースが多いと思います。

 

つまり、夫婦のうちどちらかは、関係が修復されることを望んでいると考えられます。でも失敗して離婚するのが怖いから、関係の修復をするための話し合いができないのです。その気力を出すのも大変なのでしょう。

 

でもこのままでは、重大な危機がおとずれた時に対応できません。

 

仮面夫婦をおそう「重大な危機」とは?

仮面夫婦の自覚がある人は、このまま続けると、いつか危機が訪れるという危機感を持っていおいたほうが良いでしょう。重大な危機とは、たとえばこんなことです。

 

子どもが犯罪などに巻き込まれた時

f:id:m-danjyo:20170423132242j:plain

 仮面夫婦は、子どもの前ではうまく隠せていると思っているかもしれません。でも子どもは気づいています。あなたが思っている以上に、子どもは鋭いんです。だから子どもにも演じさせているということです。良い子でいることを。

 

つまり、子どもが我慢をしている状態です。

 

その状態はとても危険で、犯罪に巻き込まれる可能性が高くなります。なぜなら、日頃から愛情に満たされず、そのストレスから突拍子もない行動に出る危険性があります。

 

または自らの意志ではないとしても、誘拐される可能性はゼロではありませんよね?なぜ誘拐されやすいのか。それは「家が居心地が悪いため、外で一人で過ごすことが多いから」です。公園で一人でいるところを誘拐されるのは、よくある話です。ワタシも誘拐されそうになった経験があります。

 

子どもに何かあった時、仮面夫婦でその危機を乗り越えられるでしょうか?夫婦が力を合わせなければいけない時に、最大のピンチが訪れるはずです。

 

夫の会社が倒産したり、リストラされた時

家計を支えているのが夫だった場合、夫の勤める会社が倒産したり、リストラされた時に危機におそわれます。夫が経営する会社の場合も同じでしょう。つまり収入がなくなった時ですね。

 

仮面夫婦はお金でつながっているような関係です。「金の切れ目が縁の切れ目」になることは確実です。ただし仮面夫婦は、一人になるのは嫌だと思っている人も多いんですよね。だから離婚しないで仮面夫婦を続けているんですから。

 

そうなると究極の選択を迫られます。離婚で一人になるか、嫌いな人と貧乏暮らしをするか。これは選べませんね。

 

遺産相続などの金銭問題

遺産の多い少ないは関係なく、遺産相続ではかなり揉めると聞きますよね。ふつうの仲良し家族でも、お金が絡むと争いになるんだとか。お金の力って、怖いですね。

それが嫌いな相手とその家族が絡むんですから、争わないわけがありません。

 

まだ間に合う!仮面夫婦を解消する方法

危機を回避または乗り越えるためには、仮面夫婦を解消することが大切ですよね。「それができたら苦労しない」と思うかもしれませんが、関係を修復させたほうが精神的にも楽ですよ。

だって、いつも嘘をつくのって疲れますよね?自分にも、相手にも、まわりにも。人間、そんなに器用にはできていないんです。

 

仮面夫婦を解消する方法は、「仮面夫婦だと自覚している人」もしくは「関係を修復したいと思っている人」が動くしかありません。とはいえ、相手を嫌いだと思っているので、なかなか動きたくないですよね。

でもこの記事を読んだあなたは、仮面夫婦を解消したいと思っているはずです。そんなあなたにヒントを与えられるとすれば、「相手に歩み寄る」ということだけです。

 

何年もかけて仮面夫婦になったのなら、関係の回復にも時間はかかるかもしれません。でもあなたが相手に歩み寄り続けることで、必ず何かが変わってくることでしょう。

 

幸せだった頃を思い出すキッカケに

f:id:m-danjyo:20170414090408j:plain

仮面夫婦の特徴と危機についてご紹介しました。

二人には、幸せだった頃が必ずあるはずです。だって、そうじゃないと結婚しないですよね。大好きじゃなくても、どこかに惹かれていたんです。その頃の気持ちを思い出すことができれば、仮面夫婦を解消するキッカケが見つかるはずですよ。

 

考えてみてください。結婚を決意するのは、簡単なことではなかったはずです。きっと二人にしかわからない、色々な出来事があったんですよね?

長い期間一緒に過ごしたのか、今まで出会ったことのない人だったのか。いずれにしても、他の人にはない魅力を感じたから、結婚したんですよね?

その気持ちがあれば、他の誰かと1から関係を築き上げるよりも、カンタンに関係を修復できるはずですよ。

 

幸せな未来を手に入れるために、少しでも早いうちに行動を起こしてみませんか?