みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

紫外線から髪を守る!ダメージは乾燥だけじゃなかった

f:id:m-danjyo:20170525132903j:plain

「紫外線対策はバッチリよ♡」というあなたも、髪への紫外線対策はやっていないのではないでしょうか?

髪への紫外線対策をしていますか?という質問に、ほとんどの人は「何もやっていない」と答えたそうです。

 

肌はしっかり守っているけれど、髪への対策は、おろそかになりがちなようです。

このままでは、夏が終わる頃には髪がパッサパサになってしまうかもしれませんよ。

 

なぜなら、髪は肌の3倍も紫外線からの刺激を受けているからなんです。

 

というわけで、髪への紫外線対策をご紹介していきます。

 

紫外線による髪へのダメージとは?

では、紫外線による髪へのダメージとは、どんなことが考えられるのでしょうか?

目をそらさないで見てくださいね。ちょっとコワイかも…。

 

髪がパサパサに乾燥する

f:id:m-danjyo:20170525132949j:plain

髪は、キューティクルと呼ばれるバリアにおおわれています。しかし紫外線を浴びると、このバリアであるキューティクルが剥がれやすくなるそうです。

このキューティクルが剥がれてしまったら、髪の内部にため込んでいる水分が蒸発してしまい、髪がうるおいを失ってしまうんです。それではパサパサになるのもわかりますよね。

 

白髪が増える

「さいきん白髪が増えたなぁ」と感じていませんか? それは年齢のせいではないかもしれません。じつは紫外線の髪へのダメージによって、白髪になる可能性があるそうなんです。

 

紫外線を浴びると、髪を黒くするメラニン色素をつくり出すことができなくなってしまうんですね。そのため白いままになり、白髪になってしまうということです。

ストレスや頭の使いすぎで、白髪になると思っていた人も多いですよね。もちろん、それも1つの原因ですが、紫外線も髪にとってはストレスと言えるでしょう。

 

抜け毛が増えて薄毛になる

紫外線による髪へのダメージは、抜け毛が増えることです。これは、頭皮へのダメージがあるからなんです。

頭皮が紫外線を浴びると、肌と同じように老化が進行します。すると健康な髪を育てることができなくなってしまうんですね。

 

抜けるだけならまだ良いのですが、最悪の場合は、髪が生えにくくなるというダメージまで…。

つまり「薄毛になる可能性がある」ということなんですね。紫外線、コワイ…。

 

髪への紫外線対策とは?

では、髪への紫外線対策は、どんなことをすれば良いのでしょうか?

 

日焼け止めスプレー

髪に日焼け止めと言っても、肌用の日焼け止めを塗ったらベトベトでゴワゴワになってしまいますよね。塗っちゃダメですよ。

髪への日焼け止めは、スプレータイプのものがあります。

髪に吹きかけるだけなら、出がけにサッとできますよね。

 

「なんて便利なものがあるんだ!」と思っていましたが、やはり肌の日焼け止めほどは効果を得られないようなんです。きっと紫外線による髪への刺激が多すぎるからなんでしょうね。なんせ「肌の3倍」ですから。

 

帽子なら手軽に紫外線カット

f:id:m-danjyo:20170525133607j:plain

髪への紫外線対策をするなら、帽子がいちばんお手軽にできますよね。そして確実に頭皮を保護してくれます。

ただし帽子からはみ出している髪の毛は、当然のことながら無防備な状態ですよね。

 

その場合は髪を束ねると、紫外線の刺激を最小限に食い止めることができます。つまり紫外線に当たる面積をできるだけ狭くするということですね。お団子にしたら、なお良いでしょう。

自転車などのように、両手がふさがっているようなシーンでは、帽子がいちばんですね。髪と同時に、顔もカバーできますから。

 

日傘なら広範囲の対策ができる

髪への紫外線対策は、日傘がいちばん良いと思います。なぜなら髪全体を紫外線から守れますし、肩や腕など広範囲の紫外線対策ができるからです。

髪が長い人は、毛先まで日傘の影になっているか確認してみましょう。毛先が傷むだけで、髪全体が乾燥してしまうんですよ。髪への栄養も逃げてしまいます。

 

それさえクリアできれば、日傘は紫外線対策として最高だと言えるでしょう。ただ持ち歩くのが邪魔ということだけはデメリットですね。

 

どんな時に髪へのダメージが大きいの?

髪への紫外線対策はわかりましたが、できるだけダメージを食い止めたいですよね。

では、どんな時に髪へのダメージが大きいのでしょうか?

 

海やプールで髪がつねに濡れている時

f:id:m-danjyo:20170525133158j:plain

海やプールで遊んでいる時は、つねに髪が濡れている状態ですよね。髪が濡れている状態というのは、ダメージを受けやすい無防備な状態なんだそうです。

そのため海やプールでのレジャーの時は、しっかりと紫外線対策をしておくことが大切ですね。

 

とくに海で遊んだ後は、髪に海の潮や汚れなどがたくさん付着しています。日焼け止めスプレーをつけていたなら、とくにしっかりと洗い流さないといけませんね。ちなみにSPFやPAの値が大きいほど、髪への負担も大きくなります。肌と同じですね。

 

海で遊んだ後に、髪をとかす時

これは紫外線によるダメージではありませんが、海で過ごした後は、髪に潮や汚れなどがたくさんついています。

海から帰ると、肌がベトベトしているのを感じたことはありませんか?それは髪も同じなんです。その状態で髪をとかすと、かなりのダメージになってしまいます。

 

どうしても洗う前に髪をとかしたいという場合には、洗い流さないタイプのトリートメントをしてからにしましょう。ダメージを最小限にできますし、クシの通りが良くなりますよ。

 

外出前に髪を洗った時

髪への紫外線ダメージが大きいのは、外出する前に髪を洗った時です。いわゆる「朝シャン」も良くないということなんです。

しかも半渇きの髪の毛で外出すると、余計にダメージを受けやすい状態になってしまいます。

 

「夜洗うと、枕と髪の摩擦が心配」と思って朝シャンしているのかもしれませんが、そのダメージを考えても、それ以上に紫外線によるダメージのほうが大きいと考えられます。

外出前には髪を洗いたい気持ちもわかりますが、紫外線のことを考えれば夜洗うようにしたほうが良いでしょう。

 

髪を染めた後とパーマをかけた後

髪を染めたり、パーマをかけた後は、髪の毛のキューティクルがはがれている状態です。そもそもキューティクルをはがさないと、髪に色をつけることができないそうです。そのため髪染めやパーマをかけた後は、紫外線のダメージをとっても受けやすい状態なんですね。気をつけましょう。

 

紫外線の多い4~8月は気をつけましょう

f:id:m-danjyo:20170525133423j:plain

紫外線による髪へのダメージと、髪の紫外線対策についてご紹介しました。

とくに気をつけなければいけないのは、4~8月だと言われています。

 

4~5月は、1年の中でもいちばん紫外線がつよい季節だと言われています。

また夏は海やプールでのレジャーが多いですよね。

髪が濡れている状態だとダメージを受けやすいので、春から夏にかけては紫外線対策をしっかりしておく必要があります。

 

楽しいゴールデンウイークや夏休みは、肌だけでなく、髪への紫外線対策も忘れずに行いましょうね。